460件中 51 - 60件表示
  • 学区

    学区から見た入学試験入学試験

    日本の公立高等学校は、都道府県立あるいは市町村立である。都道府県の中に学区を設置しなければならないという決まりがあり、学区が設定されていた。それぞれの都道府県の中に学区を設定する場合には、一つの学区の中に複数の高等学校を設置することがある。住民は、その中から任意の学校を選び、入学試験を経て、入学することとなる。学区制度は伝統校や進学校など特定の学校や、都心部の学校への受験生の集中を避けること、過度の受験競争を緩和すること、地域の高等学校、新設の高等学校を育てることに役立っていた。しかし、少子化を迎えた今それらの役割は達成できた。また、学区の設置義務を定めた法律も削除された。都道府県の中には、学生間の受験機会の不平等を招来するため、高等学校の学区を廃止する(全都道府県区にする)ところが出てきている。学区 フレッシュアイペディアより)

  • 授業崩壊

    授業崩壊から見た受験勉強入学試験

    授業崩壊を大学に転用した派生語として、「大学崩壊」がある。その意味するところは大学全入時代を迎えたことにより一部の大学では事実上大学受験に合格することよって大学への入学者の学力ならびに「学びたい大学」の大学受験に合格するために受験勉強をがんばるという努力や耐性があまり要求されなくなったことにより大学生の学力低下にとどまらず、大学が研究教育機関として機能しなくなり、経営危機を迎えることを指す。学生数が減少することに伴って生じる経営悪化、その結果としての教員数の削減、学生確保のための広報業務を教員に過剰に負担させることにより多忙になる教員の研究業績低下、経費削減の対象としての研究費の支給削減、その結果起こる優秀な教員の流出、教育レベル低下による在学生の退学者増加、定員割れに伴う公的補助金の支給停止、イメージ悪化によるさらなる学生減少、といった負のスパイラルに陥った大学が経営破綻に陥ることを指す。授業崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • 難度

    難度から見た入試入学試験

    教育においては明確な基準こそ存在しない物の入試の難度(試験の難易度や、入学者志願倍率)によって、難度の高い順からおおむね難関校、中堅校、下位校に分類される。難度 フレッシュアイペディアより)

  • 併願受験

    併願受験から見た入学試験入学試験

    併願受験(へいがんじゅけん)とは、広義には複数の試験を受験することであるが、一般的には複数の学校の入学試験を受験することを指す。以下、この意味で解説する。単に併願とも言うが、複数の学校に願書を出すことを併願と呼んで区別することもある。逆に受験校を一つに絞ることを単願あるいは専願と呼ぶ。併願受験 フレッシュアイペディアより)

  • 3万3千平米

    3万3千平米から見た受験生入学試験

    寺主の息子。受験生で、家にいても狭くて暑苦しいので外を歩いていたりする。3万3千平米 フレッシュアイペディアより)

  • 社会人大学院

    社会人大学院から見た入学試験入学試験

    社会人は、大学院受験の際、現役の学部卒業学生の場合とは異なる入試方式が課されている場合が少なくない。一例として、現役学生には外国語の入試科目(1-2外国語)が課されるのに対して、社会人受験生にはこの外国語試験が免除され、小論文試験、面接のみでその合否が判定される場合などがある。社会人大学院 フレッシュアイペディアより)

  • フラワー=デストロイヤーシリーズ

    フラワー=デストロイヤーシリーズから見た受験戦争入学試験

    しかしそんなこととは関係無くやってくる日々の高校生活、そして受験戦争。そんなことに超能力が微塵も役に立たないことを知りながら、智恵は悩み戦ってゆく。フラワー=デストロイヤーシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 私大バブル

    私大バブルから見た入学試験入学試験

    私大バブル(しだいバブル)とは私立大学の入学試験において見られる現象であり、社会においての様々な要因を背景として私立大学の入学試験に大勢の受験生が殺到することにより、受験者数、倍率、偏差値などといった人気を指標する数字が膨大になるという時期。この記事では1990年代前半に日本で発生した私大バブルについて記述する。私大バブル フレッシュアイペディアより)

  • ダウエント・ホイットルセー

    ダウエント・ホイットルセーから見た入学試験入学試験

    ホイットルセーは、世界の農業(農牧業)地域を生産目的(自給的か商業的か)、生産性(粗放的か集約的か)、家畜と作物の組み合わせなどに着目し、13に区分した。分類にあたって自然条件・経済条件・文化的要素総合的な視点を用い、指標の取り方も妥当であると評価されている。また、世界的な分布図で表現したことから、現時点で最も広範に用いられる農業区分となっている。現行の日本の高等学校の「地理A」・「地理B」で学習する農業地域区分はホイットルセーによるものであり、大学入学試験に出題されることがある。(より正確に言えば、ホイットルセーが発表した農業地域区分に修正を加えたものを学習している。)ダウエント・ホイットルセー フレッシュアイペディアより)

  • 大学院受験

    大学院受験から見た入学試験入学試験

    大学院受験(だいがくいんじゅけん)とは、大学院の入学試験を受験することである。大学院の入学試験については、大学院入試(だいがくいんにゅうし)、院試(いんし)などとも呼ばれている。大学院受験 フレッシュアイペディアより)

460件中 51 - 60件表示

「入学試験」のニューストピックワード