37件中 11 - 20件表示
  • 入学試験

    入学試験から見た過年度生

    入学試験を受けることを予定している者、及び入学試験を受ける者を受験生という。学校の最高学年に在籍中の受験生は現役生といわれ、すでに学校を卒業した受験生は過年度生といわれる。また過年度生のうち、受験で不合格になったまま卒業し、翌年の合格を目指して予備校や自宅などでもう1年の準備を続けている受験生は既卒生または浪人生といわれる。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見たアメリカ合衆国

    日本以外の典型を俯瞰すると、ヨーロッパでは国際バカロレア資格におけるスコアを大学等の高等教育機関の入学試験の要件として課す場合が多い。イギリスでは、A-Levelという試験を大学等の高等教育の入学試験として課している。オーストラリアではYear 12と呼ばれるコースを履修し、その結果受験者に与えられるATARと呼ばれるスコアを元に大学の入学者選抜が行われる。アメリカでは学科試験、高校の成績と面接、各受験者の特別な才能等、大学ごとに入学者選抜が行われる。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や先天的知能、天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事が多い。中国や韓国等アジア諸国においても共通試験や各大学の個別試験等が大学等の入学試験として課される。海外の多くの国では日本に比べて学歴社会の傾向が強く、学歴による格差が大きい。日本では採用においてコミュニケーション能力などを重視する傾向が相対的に強いため、学歴による収入の差が諸外国に比べ小さい。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た学校

    入学試験(にゅうがくしけん)とは、学校が入学志願者を選別するために課す試験のことである。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た推薦状

    日本以外の典型を俯瞰すると、ヨーロッパでは国際バカロレア資格におけるスコアを大学等の高等教育機関の入学試験の要件として課す場合が多い。イギリスでは、A-Levelという試験を大学等の高等教育の入学試験として課している。オーストラリアではYear 12と呼ばれるコースを履修し、その結果受験者に与えられるATARと呼ばれるスコアを元に大学の入学者選抜が行われる。アメリカでは学科試験、高校の成績と面接、各受験者の特別な才能等、大学ごとに入学者選抜が行われる。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や先天的知能、天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事が多い。中国や韓国等アジア諸国においても共通試験や各大学の個別試験等が大学等の入学試験として課される。海外の多くの国では日本に比べて学歴社会の傾向が強く、学歴による格差が大きい。日本では採用においてコミュニケーション能力などを重視する傾向が相対的に強いため、学歴による収入の差が諸外国に比べ小さい。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見たオーストラリア

    日本以外の典型を俯瞰すると、ヨーロッパでは国際バカロレア資格におけるスコアを大学等の高等教育機関の入学試験の要件として課す場合が多い。イギリスでは、A-Levelという試験を大学等の高等教育の入学試験として課している。オーストラリアではYear 12と呼ばれるコースを履修し、その結果受験者に与えられるATARと呼ばれるスコアを元に大学の入学者選抜が行われる。アメリカでは学科試験、高校の成績と面接、各受験者の特別な才能等、大学ごとに入学者選抜が行われる。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や先天的知能、天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事が多い。中国や韓国等アジア諸国においても共通試験や各大学の個別試験等が大学等の入学試験として課される。海外の多くの国では日本に比べて学歴社会の傾向が強く、学歴による格差が大きい。日本では採用においてコミュニケーション能力などを重視する傾向が相対的に強いため、学歴による収入の差が諸外国に比べ小さい。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た各種学校

    幼稚園・保育園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学の学部、短期大学、大学院、各種学校のいずれにおいても、入学試験が存在する場合がある。多くの国において中学校までは義務教育の範囲のため公立の場合は入学試験はない。高等学校や大学は、その大部分に入学試験がある。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た短期大学

    幼稚園・保育園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学の学部、短期大学、大学院、各種学校のいずれにおいても、入学試験が存在する場合がある。多くの国において中学校までは義務教育の範囲のため公立の場合は入学試験はない。高等学校や大学は、その大部分に入学試験がある。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た科挙

    中世中国では、登用試験「科挙」が存在した。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た中等教育学校

    幼稚園・保育園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学の学部、短期大学、大学院、各種学校のいずれにおいても、入学試験が存在する場合がある。多くの国において中学校までは義務教育の範囲のため公立の場合は入学試験はない。高等学校や大学は、その大部分に入学試験がある。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見たコミュニケーション能力

    日本以外の典型を俯瞰すると、ヨーロッパでは国際バカロレア資格におけるスコアを大学等の高等教育機関の入学試験の要件として課す場合が多い。イギリスでは、A-Levelという試験を大学等の高等教育の入学試験として課している。オーストラリアではYear 12と呼ばれるコースを履修し、その結果受験者に与えられるATARと呼ばれるスコアを元に大学の入学者選抜が行われる。アメリカでは学科試験、高校の成績と面接、各受験者の特別な才能等、大学ごとに入学者選抜が行われる。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や先天的知能、天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事が多い。中国や韓国等アジア諸国においても共通試験や各大学の個別試験等が大学等の入学試験として課される。海外の多くの国では日本に比べて学歴社会の傾向が強く、学歴による格差が大きい。日本では採用においてコミュニケーション能力などを重視する傾向が相対的に強いため、学歴による収入の差が諸外国に比べ小さい。入学試験 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「入学試験」のニューストピックワード