84件中 61 - 70件表示
  • 入学試験

    入学試験から見た試験

    入学試験(にゅうがくしけん)とは、学校が入学志願者を選別するために課す試験のことである。受験(じゅけん)とは入学試験、資格試験をはじめとした試験を受けることだが、一般的に受験といった場合は進学のための試験対策から志望校選定、教科選択、入学試験の受験まで含めたプロセスのことである。略して入試と呼ぶ。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た高度成長期

    とは言え、少子化と学力低下が相まって、選り好みをしなければ大学へ入学するのは極めて容易になった。最近では、高度成長期のような受験戦争は一部の難関校や人気のある学部(例えば旧帝国大学や国公私立を問わず人気のある大学、医学・医療系学部、法学系学部、経済系学部、外国語学部など)に限られてきている。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た学校

    入学試験(にゅうがくしけん)とは、学校が入学志願者を選別するために課す試験のことである。受験(じゅけん)とは入学試験、資格試験をはじめとした試験を受けることだが、一般的に受験といった場合は進学のための試験対策から志望校選定、教科選択、入学試験の受験まで含めたプロセスのことである。略して入試と呼ぶ。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た推薦状

    諸外国の典型を俯瞰すると、大陸ヨーロッパでは個別の大学による入学試験がなく、大学入学資格試験に合格すればいかなる大学にも原則として入学しうるという制度が一般的である。アングロ・サクソン諸国では、センター入試のような共通試験と面接により、大学ごとの入学者選抜行われる。例としてアメリカでは、縁故入学や入学許可を寄付金といった形で売買することが倫理的にも法律的にも禁じられていない(階級社会)。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事も多い。もちろんSATの様な共通学力試験もあるが、合否決定に与える影響は大きいものではなく、環境や縁故関係が合否を左右する事も少なくない。また私立大学の学費が年間数百万円となるなど、これもやはり環境が進学を左右する事は一般的である。例としてイギリスでは、オックスフォード大学ないしケンブリッジ大学への入学資格の有無は生まれたその時点でほぼ決定していると云われる。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た大韓民国

    大陸ヨーロッパでは一般的に無期限の在学が可能で学費も無償かそれに近いため、働きながら卒業を目指す学生も多く存在する。アングロ・サクソン型は、大学及び大学院が最も学業が忙しくなる期間であり、働きながら卒業を目指すことが難しい。(フランスを除く欧米の大学ではこのような制度であるため、日本のように、在学中に就職活動を行い、卒業と同時に就職することは少ない。)そのために主に(税制で有利なため)民間の奨学金やインターンシップといった制度が家計面で補完的な役割を担っている。アジア型は、卒業までの期間が法的に定まっている場合が多く(日本の場合は最大8年間とされる)、一部の優秀な学生以外には有利な条件の奨学金が与えられないために、親の経済に依存せざるを得ない。アジア型の極端な例が韓国と日本であり、両国とも国家及び民間による教育に対する公共投資額が低い傾向にある。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た日本

    日本では、幼稚園・保育園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学、短期大学、大学院、各種学校のいずれにおいても、入学試験が存在する場合がある。特に高等学校や大学は、その大部分に入学試験がある。また一部の学習塾、予備校でも、入学して授業を受けたり、クラス分けをするのに試験がある場合がある。これは「入室テスト」などと呼ばれる場合が多いが、習熟度別教育を行ない、授業の効率を高めるために行われている。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た中等教育学校

    日本では、幼稚園・保育園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校、高等専門学校、専修学校、大学、短期大学、大学院、各種学校のいずれにおいても、入学試験が存在する場合がある。特に高等学校や大学は、その大部分に入学試験がある。また一部の学習塾、予備校でも、入学して授業を受けたり、クラス分けをするのに試験がある場合がある。これは「入室テスト」などと呼ばれる場合が多いが、習熟度別教育を行ない、授業の効率を高めるために行われている。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た英語

    英語では「過年度生」の定訳が無いとされるが、それは進学準備のために時間がかかるという概念自体がフランスを除く欧米にあまり無いからである。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見た大陸ヨーロッパ

    諸外国の典型を俯瞰すると、大陸ヨーロッパでは個別の大学による入学試験がなく、大学入学資格試験に合格すればいかなる大学にも原則として入学しうるという制度が一般的である。アングロ・サクソン諸国では、センター入試のような共通試験と面接により、大学ごとの入学者選抜行われる。例としてアメリカでは、縁故入学や入学許可を寄付金といった形で売買することが倫理的にも法律的にも禁じられていない(階級社会)。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事も多い。もちろんSATの様な共通学力試験もあるが、合否決定に与える影響は大きいものではなく、環境や縁故関係が合否を左右する事も少なくない。また私立大学の学費が年間数百万円となるなど、これもやはり環境が進学を左右する事は一般的である。例としてイギリスでは、オックスフォード大学ないしケンブリッジ大学への入学資格の有無は生まれたその時点でほぼ決定していると云われる。入学試験 フレッシュアイペディアより)

  • 入学試験

    入学試験から見たアングロ・サクソン

    諸外国の典型を俯瞰すると、大陸ヨーロッパでは個別の大学による入学試験がなく、大学入学資格試験に合格すればいかなる大学にも原則として入学しうるという制度が一般的である。アングロ・サクソン諸国では、センター入試のような共通試験と面接により、大学ごとの入学者選抜行われる。例としてアメリカでは、縁故入学や入学許可を寄付金といった形で売買することが倫理的にも法律的にも禁じられていない(階級社会)。同時にアメリカの最高水準の大学の入学許可を得るのは、受験(努力して合格する)という範疇を越えており、家柄や天才的才能、誰から推薦状を貰っているかなどといった先天的な部分が大きく影響する(俗にグラスシーリングと呼ばれる)ため、トップレベルの大学への入学が困難である事も多い。もちろんSATの様な共通学力試験もあるが、合否決定に与える影響は大きいものではなく、環境や縁故関係が合否を左右する事も少なくない。また私立大学の学費が年間数百万円となるなど、これもやはり環境が進学を左右する事は一般的である。例としてイギリスでは、オックスフォード大学ないしケンブリッジ大学への入学資格の有無は生まれたその時点でほぼ決定していると云われる。入学試験 フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「入学試験」のニューストピックワード