200件中 51 - 60件表示
  • 俵山温泉

    俵山温泉から見た土産菓子土産菓子

    白猿が発見したという温泉の由来にちなんだ土産菓子である「三猿まんじゅう」が名物である。俵山温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 黄精飴

    黄精飴から見た銘菓土産菓子

    黄精飴(おうせいあめ)は、岩手県の銘菓黄精飴 フレッシュアイペディアより)

  • シェル・レーヌ

    シェル・レーヌから見た土産菓子土産菓子

    2008年(平成20年)3月26日に中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律の認定を受け、伊勢市で栽培される蓮台寺柿の葉を練り込んだシェル・レーヌの開発に着手した。開発にあたっては商工組合中央金庫津支店から500万円の融資を受けた。蓮台寺柿は地元農家の女性が結成した「柿の木クラブ」などが生産する柿で、伊勢市指定天然記念物の伊勢固有の品種である。蓮台寺柿の葉にはポリフェノールの一種であるアストラガリンが含まれており、柿の木クラブは柿の葉粉末の活用を模索していた。そこで、農商工連携によりシェル・レーヌの新商品開発が行われることになった。「シェル・レーヌ 蓮台寺柿の葉」は、鳥羽の土産菓子としてブランド力を持つシェル・レーヌに、蓮台寺柿の葉が持つポリフェノールの機能と独特の苦味が加わり、他の焼き菓子と差別化が図られた。シェル・レーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 脱酸素剤

    脱酸素剤から見た銘菓土産菓子

    1977年(昭和52年)頃に鉄系の脱酸素剤「エージレス」(AGELESS)が三菱瓦斯化学(現・三菱ガス化学)によって商品化されたが、食品への応用は同社と三全製菓(現・菓匠三全)の共同研究によりなされた。両社の3年に及ぶ研究により、臭いなどを吸着する消臭剤として活性炭を加えた脱酸素剤が完成し、金属探知機に検出されず、電子レンジに使用しても発火しにくいという特性も加わった。新型の脱酸素剤は菓匠三全の「仙台銘菓 萩の月」に初めて同包されたが、日持ちしない生菓子だった「萩の月」が保存料を使わずに賞味期限延長し、土産品や贈答品として販路を拡大するようになると、食品と脱酸素剤を同包する方法は一般に広がった。脱酸素剤 フレッシュアイペディアより)

  • 淡雪

    淡雪から見た土産菓子土産菓子

    土産菓子としても有名で、淡雪(あわ雪、阿わ雪)が名物である都市として、愛知県岡崎市(備前屋)、広島県三次市、山口県下関市などがある。淡雪 フレッシュアイペディアより)

  • パンドーロ

    パンドーロから見た銘菓土産菓子

    パンドーロ () は、イタリアのヴェローナの銘菓である。パンドーロ フレッシュアイペディアより)

  • 桃カステラ

    桃カステラから見た郷土菓子土産菓子

    桃カステラ(ももカステラ)は、桃をかたどった長崎県の郷土菓子桃カステラ フレッシュアイペディアより)

  • ぽんつく

    ぽんつくから見た銘菓土産菓子

    ぽんつくは福岡県北九州市小倉南区に本社を置くつる平が製造・販売している北九州の銘菓ぽんつく フレッシュアイペディアより)

  • ワイン羊羹

    ワイン羊羹から見た土産菓子土産菓子

    ワイン羊羹(ワインようかん)は、羊羹にワインを加えた和菓子である。北海道、岩手県、山梨県、岡山県、佐賀県、宮崎県など日本全国各地で、銘菓として製造・販売されている。ワイン羊羹 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏巻

    源氏巻から見た土産菓子土産菓子

    源氏巻(げんじまき)は、島根県津和野町の銘菓。餡をきつね色に焼いたカステラのような薄い生地に包んだ長方形の菓子であり、茶菓子として用いられる。餡は伝統的に小豆を煮詰めた豆沙餡であるが、近年は抹茶風味の餡なども登場している。源氏巻 フレッシュアイペディアより)

200件中 51 - 60件表示