79件中 21 - 30件表示
  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た大気汚染

    従来型のスーパーマーケットは、ウォルマート、イギリスのアズダ、カナダのゼラーズのようなディスカウントストアと激しい競争を展開している。これらの店舗は一般に労働組合がなく、さらに低価格で販売している。さらにコストコのような会員制倉庫型小売業が登場し、大量販売で低価格を実現している。ウォルマートやアズダが運営しているスーパーセンターは、食料品も含めた豊富な品揃えを誇っている。これらの店舗形態が増えるにしたがって、小規模な近所の雑貨店が世界的に消えていく傾向が続いている。結果として自動車への依存が強まり、交通量の増大と大気汚染につながっている。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たゼラーズ

    従来型のスーパーマーケットは、ウォルマート、イギリスのアズダ、カナダのゼラーズのようなディスカウントストアと激しい競争を展開している。これらの店舗は一般に労働組合がなく、さらに低価格で販売している。さらにコストコのような会員制倉庫型小売業が登場し、大量販売で低価格を実現している。ウォルマートやアズダが運営しているスーパーセンターは、食料品も含めた豊富な品揃えを誇っている。これらの店舗形態が増えるにしたがって、小規模な近所の雑貨店が世界的に消えていく傾向が続いている。結果として自動車への依存が強まり、交通量の増大と大気汚染につながっている。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たユニード

    構成比が50%以上の部門がなく、3つ以上の部門にわたって品揃えしているものであり、日本型スーパーストアや擬似百貨店とも呼ばれたことがあった。また、米国のシアーズ、JCペニーなどが G.M.S.(General Merchandise Store) と呼ばれていることから、同様の名で呼ばれることもあるが、米国の場合は食品を扱わないので、日本のものとは異なる。なお「総合スーパーマーケット」と表記される例はまれで、多くの場合「総合スーパー」が用いられる。日本で初めてこの業態を採り営業を始めたのは、福岡市のユニード(現在はダイエーに吸収合併)だとされる。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た紀ノ国屋

    名称として“スーパーマーケット”と言う言葉が日本に流入したのは、1952年に京阪電気鉄道の流通部門(現在の「京阪ザ・ストア」)が大阪の旧京橋駅に展開した店「京阪スーパーマーケット」が最初で、セルフサービスのスーパーマーケット業態が導入されたのは、翌1953年に紀ノ国屋が東京都港区赤坂青山北町六丁目の神宮前駅至近でオープンした店が日本初である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たアズダ

    従来型のスーパーマーケットは、ウォルマート、イギリスのアズダ、カナダのゼラーズのようなディスカウントストアと激しい競争を展開している。これらの店舗は一般に労働組合がなく、さらに低価格で販売している。さらにコストコのような会員制倉庫型小売業が登場し、大量販売で低価格を実現している。ウォルマートやアズダが運営しているスーパーセンターは、食料品も含めた豊富な品揃えを誇っている。これらの店舗形態が増えるにしたがって、小規模な近所の雑貨店が世界的に消えていく傾向が続いている。結果として自動車への依存が強まり、交通量の増大と大気汚染につながっている。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たキング・カレン

    スミソニアン博物館によれば、アメリカでの現代的なスーパーマーケット(または、食品スーパーのうち大規模なものはフードセンター、小規模なものはフードマーケット)と呼ばれる形態は、かつてクローガーの従業員だったマイケル・J・カレンが1930年8月4日、ニューヨーククイーンズ区のジャマイカ地区にある6,000平方フィート(560平方メートル)の空きガレージで始めた店が最初とされている。このキング・カレン(King Kullen:"king" はキングコングに着想を得てつけたという)は、「高く積み上げ、安く売る」をスローガンとして経営。1936年にカレンが亡くなったとき、キング・カレンは17店が営業していた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た京阪ザ・ストア

    名称として“スーパーマーケット”と言う言葉が日本に流入したのは、1952年に京阪電気鉄道の流通部門(現在の「京阪ザ・ストア」)が大阪の旧京橋駅に展開した店「京阪スーパーマーケット」が最初で、セルフサービスのスーパーマーケット業態が導入されたのは、翌1953年に紀ノ国屋が東京都港区赤坂青山北町六丁目の神宮前駅至近でオープンした店が日本初である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たセイフウェイ

    1930年代にはクローガーやセイフウェイといった既存の食料雑貨チェーンもあり、当初はカレンのアイデアに抵抗していたが、世界恐慌で景気が落ち込み、消費者が価格志向になっていたため、結局それらチェーンもスーパーマーケット方式に転換せざるを得なくなった。クローガーはさらにアイデアを先取りし、四方を駐車場に囲まれたスーパーマーケットを初めて建設した。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たチェーンストア

    日本のチェーンストア業界では、構成比が50%以上の部門の名前を頭につけて分類する。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た総合スーパー

    スーパーマーケットの名称は、英語で「市場(いちば)」を意味する “マーケット” に、「超える」という意味の “スーパー” を合成し、「伝統的な市場を超えるほどの商店」の意で作られた造語であるが、スーパーマーケットの事業が拡大するうちにひとつの名詞となった。特定の品目を専門的に扱うのではなく、幅広い品目の商品を取り揃えることが通例であり、狭義では食料品や日用品販売主体のものを指すが、日本では総合スーパー、食品スーパー、衣料スーパーというように、セルフサービスの総合店を指している場合が多い。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「全国スーパー売上高」のニューストピックワード

  • かあかあカラスの勘三郎/Danceしない?

  • サイバーコネクトツー20周年記念 LieN −リアン− スペシャルライブ

  • テクノ棟