79件中 31 - 40件表示
  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た郊外

    第二次世界大戦後、郊外の開発が進むにつれて、カナダやアメリカでスーパーマーケットがどんどん広まっていった。北米のスーパーマーケットの多くは、郊外のショッピングセンターで中心となる店舗として建設された。スーパーマーケットのチェーンの多くは地域的なものが多く、全国的なブランドではない。クローガーはその中でもアメリカ全土で知られているが、傘下には多数の地域ブランド(Ralphs、City Market、King Soopers など)を抱えている。カナダでは Loblaw や Sobeys が全国的ブランドとして知られているが、運営している店舗は様々な地域ブランド名である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た日用品

    スーパーマーケット()は、高頻度に消費される食料品や日用品などをセルフサービスで短時間に買えるようにした小売業態である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た食料品

    スーパーマーケット()は、高頻度に消費される食料品や日用品などをセルフサービスで短時間に買えるようにした小売業態である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たアメリカ合衆国

    セルフサービスの食料雑貨店というコンセプトは、アメリカ合衆国の起業家クラレンス・ソーンダースが創業した Piggly Wiggly が起源である。彼は1916年、テネシー州メンフィスに1号店をオープンした。ソーンダースは彼の店で導入したアイデアについて多数の特許を取得した。この店は大成功し、ソーンダースはフランチャイズ展開を始めた。The Great Atlantic and Pacific Tea Company (A&P) もカナダとアメリカ合衆国で同様の方式で成功を収め、1920年代には北米全体でよく知られるようになった。これ以降、北米の小売店は夜間に商品を棚に陳列し、翌日には客が棚から商品を手に取り、カウンターに持っていって支払いをするという方式になった。これによって店員の削減や客一人あたりの対応時間の短縮など大幅な合理化に繋がった。万引きの危険性は増大するが、規模の経済の効果と必要とする労働力の低下がセキュリティを整えるためのコストに勝っていた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たセルフサービス

    スーパーマーケット()は、高頻度に消費される食料品や日用品などをセルフサービスで短時間に買えるようにした小売業態である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たスーパーセンター

    従来型のスーパーマーケットは、ウォルマート、イギリスのアズダ、カナダのゼラーズのようなディスカウントストアと激しい競争を展開している。これらの店舗は一般に労働組合がなく、さらに低価格で販売している。さらにコストコのような会員制倉庫型小売業が登場し、大量販売で低価格を実現している。ウォルマートやアズダが運営しているスーパーセンターは、食料品も含めた豊富な品揃えを誇っている。これらの店舗形態が増えるにしたがって、小規模な近所の雑貨店が世界的に消えていく傾向が続いている。結果として自動車への依存が強まり、交通量の増大と大気汚染につながっている。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た家電

    日本の場合、売場面積300m²程度から3,000m²以上までいくつかの系統付けられたタイプがある。大規模なものでは、一店舗で食料品や日用品といった消費財から、衣料品・家電までの耐久消費財までも扱う総合スーパー、ゼネラルマーチャンダイズストアが主に市街中心地に多く出店されたが、最近では、食料品や日用品までを扱うスーパーマーケットが、郊外へ多数の店舗が集約されたショッピングセンターに出店する場合が多い。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たモータリゼーション

    また、モータリゼーションによって自動車で買い物に行くという文化が生まれ、駐車場を備えた大規模スーパーマーケットが確立した。こうして、商品の大量陳列と値引きによる薄利多売を実現し、チェーン展開による多数出店を進めたスーパーマーケットは、次第に流通業の中で影響力が大きくなり、これまでメーカー・問屋が握っていた価格決定権に強い発言力を持つ存在となった。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た消費財

    日本の場合、売場面積300m²程度から3,000m²以上までいくつかの系統付けられたタイプがある。大規模なものでは、一店舗で食料品や日用品といった消費財から、衣料品・家電までの耐久消費財までも扱う総合スーパー、ゼネラルマーチャンダイズストアが主に市街中心地に多く出店されたが、最近では、食料品や日用品までを扱うスーパーマーケットが、郊外へ多数の店舗が集約されたショッピングセンターに出店する場合が多い。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た世界恐慌

    1930年代にはクローガーやセイフウェイといった既存の食料雑貨チェーンもあり、当初はカレンのアイデアに抵抗していたが、世界恐慌で景気が落ち込み、消費者が価格志向になっていたため、結局それらチェーンもスーパーマーケット方式に転換せざるを得なくなった。クローガーはさらにアイデアを先取りし、四方を駐車場に囲まれたスーパーマーケットを初めて建設した。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「全国スーパー売上高」のニューストピックワード

  • かあかあカラスの勘三郎/Danceしない?

  • サイバーコネクトツー20周年記念 LieN −リアン− スペシャルライブ

  • テクノ棟