79件中 41 - 50件表示
  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た小売

    スーパーマーケット()は、高頻度に消費される食料品や日用品などをセルフサービスで短時間に買えるようにした小売業態である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た港区 (東京都)

    名称として“スーパーマーケット”と言う言葉が日本に流入したのは、1952年に京阪電気鉄道の流通部門(現在の「京阪ザ・ストア」)が大阪の旧京橋駅に展開した店「京阪スーパーマーケット」が最初で、セルフサービスのスーパーマーケット業態が導入されたのは、翌1953年に紀ノ国屋が東京都港区赤坂青山北町六丁目の神宮前駅至近でオープンした店が日本初である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た免許

    また、規制緩和により1990年代後半よりタバコ・酒類などの免許品の取り扱い、長時間営業(9?10時から20?24時まで、一部では24時間営業もある)・売り場面積の大型化・新規出店の増加が進んでいる。尚、1979年から全国に先駆けて福岡県の地元スーパーマーケット「丸和」が24時間営業を始めている。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た流通

    名称として“スーパーマーケット”と言う言葉が日本に流入したのは、1952年に京阪電気鉄道の流通部門(現在の「京阪ザ・ストア」)が大阪の旧京橋駅に展開した店「京阪スーパーマーケット」が最初で、セルフサービスのスーパーマーケット業態が導入されたのは、翌1953年に紀ノ国屋が東京都港区赤坂青山北町六丁目の神宮前駅至近でオープンした店が日本初である。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たセキュリティ

    セルフサービスの食料雑貨店というコンセプトは、アメリカ合衆国の起業家クラレンス・ソーンダースが創業した Piggly Wiggly が起源である。彼は1916年、テネシー州メンフィスに1号店をオープンした。ソーンダースは彼の店で導入したアイデアについて多数の特許を取得した。この店は大成功し、ソーンダースはフランチャイズ展開を始めた。The Great Atlantic and Pacific Tea Company (A&P) もカナダとアメリカ合衆国で同様の方式で成功を収め、1920年代には北米全体でよく知られるようになった。これ以降、北米の小売店は夜間に商品を棚に陳列し、翌日には客が棚から商品を手に取り、カウンターに持っていって支払いをするという方式になった。これによって店員の削減や客一人あたりの対応時間の短縮など大幅な合理化に繋がった。万引きの危険性は増大するが、規模の経済の効果と必要とする労働力の低下がセキュリティを整えるためのコストに勝っていた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たスミソニアン博物館

    スミソニアン博物館によれば、アメリカでの現代的なスーパーマーケット(または、食品スーパーのうち大規模なものはフードセンター、小規模なものはフードマーケット)と呼ばれる形態は、かつてクローガーの従業員だったマイケル・J・カレンが1930年8月4日、ニューヨーククイーンズ区のジャマイカ地区にある6,000平方フィート(560平方メートル)の空きガレージで始めた店が最初とされている。このキング・カレン(King Kullen:"king" はキングコングに着想を得てつけたという)は、「高く積み上げ、安く売る」をスローガンとして経営。1936年にカレンが亡くなったとき、キング・カレンは17店が営業していた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たテネシー州

    セルフサービスの食料雑貨店というコンセプトは、アメリカ合衆国の起業家クラレンス・ソーンダースが創業した Piggly Wiggly が起源である。彼は1916年、テネシー州メンフィスに1号店をオープンした。ソーンダースは彼の店で導入したアイデアについて多数の特許を取得した。この店は大成功し、ソーンダースはフランチャイズ展開を始めた。The Great Atlantic and Pacific Tea Company (A&P) もカナダとアメリカ合衆国で同様の方式で成功を収め、1920年代には北米全体でよく知られるようになった。これ以降、北米の小売店は夜間に商品を棚に陳列し、翌日には客が棚から商品を手に取り、カウンターに持っていって支払いをするという方式になった。これによって店員の削減や客一人あたりの対応時間の短縮など大幅な合理化に繋がった。万引きの危険性は増大するが、規模の経済の効果と必要とする労働力の低下がセキュリティを整えるためのコストに勝っていた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たグロサリー

    セルフサービスの食料雑貨店というコンセプトは、アメリカ合衆国の起業家クラレンス・ソーンダースが創業した Piggly Wiggly が起源である。彼は1916年、テネシー州メンフィスに1号店をオープンした。ソーンダースは彼の店で導入したアイデアについて多数の特許を取得した。この店は大成功し、ソーンダースはフランチャイズ展開を始めた。The Great Atlantic and Pacific Tea Company (A&P) もカナダとアメリカ合衆国で同様の方式で成功を収め、1920年代には北米全体でよく知られるようになった。これ以降、北米の小売店は夜間に商品を棚に陳列し、翌日には客が棚から商品を手に取り、カウンターに持っていって支払いをするという方式になった。これによって店員の削減や客一人あたりの対応時間の短縮など大幅な合理化に繋がった。万引きの危険性は増大するが、規模の経済の効果と必要とする労働力の低下がセキュリティを整えるためのコストに勝っていた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見たニューヨーク

    スミソニアン博物館によれば、アメリカでの現代的なスーパーマーケット(または、食品スーパーのうち大規模なものはフードセンター、小規模なものはフードマーケット)と呼ばれる形態は、かつてクローガーの従業員だったマイケル・J・カレンが1930年8月4日、ニューヨーククイーンズ区のジャマイカ地区にある6,000平方フィート(560平方メートル)の空きガレージで始めた店が最初とされている。このキング・カレン(King Kullen:"king" はキングコングに着想を得てつけたという)は、「高く積み上げ、安く売る」をスローガンとして経営。1936年にカレンが亡くなったとき、キング・カレンは17店が営業していた。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケットから見た耐久消費財

    日本の場合、売場面積300m²程度から3,000m²以上までいくつかの系統付けられたタイプがある。大規模なものでは、一店舗で食料品や日用品といった消費財から、衣料品・家電までの耐久消費財までも扱う総合スーパー、ゼネラルマーチャンダイズストアが主に市街中心地に多く出店されたが、最近では、食料品や日用品までを扱うスーパーマーケットが、郊外へ多数の店舗が集約されたショッピングセンターに出店する場合が多い。スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「全国スーパー売上高」のニューストピックワード

  • かあかあカラスの勘三郎/Danceしない?

  • サイバーコネクトツー20周年記念 LieN −リアン− スペシャルライブ

  • テクノ棟