全国高校総体 ニュース&Wiki etc.

全国高等学校総合体育大会(ぜんこくこうとうがっこうそうごうたいいくたいかい)は、全日制高校生のスポーツの祭典(定時制・通信制の高校生は全国高等学校定時制通信制体育大会に参加する)。 (出典:Wikipedia)

「全国高校総体」Q&A

  • Q&A

    中学生3年生です。 7月ごろに右足に痺れを感じていていました。 でも、総体などが近か…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月20日 21:19

  • Q&A

    高等学校のラクビーについて。 11月19日、長崎県長崎市松山町の長崎市営ラグビー・サ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月20日 12:43

  • Q&A

    一度やめた軟式野球部に、もう一度入りたいと思っています。高1です。6月に入部したので…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年10月26日 18:58

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「全国高等学校総合体育大会」のつながり調べ

  • 不破弘樹

    不破弘樹から見た全国高等学校総合体育大会

    小学生時代から沼田市内の大会において、4年生から100mにおいて驚異的な14秒7という記録を樹立し、6年生の県大会において100m12秒6で優勝。中学時代は野球部に所属していたが、中体連において中学男子としては異例の1年生で100mの県大会決勝に進んだ。1981年に大阪・長居陸上競技場で行われた第8回全日本中学選手権男子100mで11秒00の電気計時日本中学新記録を樹立してぶっちぎりの優勝。更に、ジュニアオリンピック100mで中学新記録となる10秒75をマーク。追い風参考では10秒7を出していた。東京農業大学第二高等学校在学中に、名将鳥羽完治教諭の下で才能が開花。1982年、インターハイ100mで10秒52の日本高校新記録を樹立するも準優勝。1983年、インターハイで10秒46の高校新記録を樹立して優勝。200mでも21秒33の大会新記録を樹立した。翌1984年10秒34の日本タイ記録をマークし、その年のロサンゼルスオリンピックに出場。「高校生オリンピック選手」として話題となった。国体では追い風参考ながら10秒39をマークして優勝。高校卒業後、法政大学に進学する。1987年、東京国際ナイター陸上(現在のセイコースーパー陸上)で当時世界最速といわれたベン・ジョンソンとデッドヒートを繰り広げ、100m走で10秒33をマーク。19年ぶりの日本新記録を樹立した。ソウルオリンピックは出場が有力視されながら落選。続くバルセロナオリンピックも出場を逃し、引退した。引退後、大京株式会社を退社し、群馬県スポーツ振興協会に勤務。2006年より上武大学陸上競技部コーチに就任した。(不破弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立不動岡高等学校

    埼玉県立不動岡高等学校から見た全国高等学校総合体育大会

    剣道部(男子)は全国大会(インターハイ)にもたびたび出場している。とくに、全国高校総体埼玉県予選会では、5連覇を含む16回もの優勝回数(歴代1位)を誇る。また、昭和33年度にはインターハイ準優勝という現在でも県内最高となる成績を挙げている。近年は埼玉栄高校などの台頭に押され、昭和57年度を最後に優勝から遠ざかっているが、最近は平成7?9、11年度に3位入賞などの成績である。(最近11年間で7回の関東大会出場等)。(埼玉県立不動岡高等学校 フレッシュアイペディアより)

「全国高等学校総合体育大会」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「全国高校総体」のニューストピックワード