前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1065件中 1 - 10件表示
  • 山形県立新庄北高等学校

    山形県立新庄北高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    柔道部は、1956年にインターハイに出場している。山形県立新庄北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 安孫子充裕

    安孫子充裕から見たインターハイ全国高等学校総合体育大会

    山形県山形市出身の陸上競技選手。専門種目は短距離走。山形市立第三中学校入学時から本格的に陸上競技を行う。山形県立上山明新館高等学校3年生時のインターハイ200m走にて全国大会初優勝し、同年の国民体育大会少年A競技400m走でも優勝した。アジア・ジュニア選手権にも400m走に出場し、銅メダルを獲得している。その後、筑波大学に進学。2008年大学2年時には北京五輪代表となり、4×400mリレーに出場した。2009年大学3年時には関東インカレにて、100m走、200m走、4×400mRにてスプリント種目3冠を達成した。安孫子充裕 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立夕陽丘高等学校

    大阪府立夕陽丘高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    運動部と文化部に約7割の生徒が在籍している。大阪府内の高校では珍しくホッケー部があり、過去何度もインターハイ出場を果たしている。また陸上競技部からは過去全国インターハイに5人、近畿インターハイに26人がそれぞれ出場している。合唱部は1954年度のNHK全国学校音楽コンクールで第3位(銅賞)を獲得している。ソフトテニス部は2006、2007年と2年連続で近畿大会へと駒を進めている。大阪府立夕陽丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立前原高等学校

    沖縄県立前原高等学校から見たインターハイ全国高等学校総合体育大会

    卓球部(2010年インターハイ出場)沖縄県立前原高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立大分雄城台高等学校

    大分県立大分雄城台高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    2007年6月には、全国高校総体に初出場。大分県立大分雄城台高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上田春佳

    上田春佳から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    高校時代は、2005年の全国高等学校総合体育大会インターハイ)で200m、400m自由形で二冠王となっている。また千葉すずが保持していた高校日本記録を更新するなど大型新人として注目を受けた。上田春佳 フレッシュアイペディアより)

  • 少女ファイト

    少女ファイトから見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    黒曜谷高校女子バレーボール部。愛称であるストレイドッグスは「野良犬たち(Stray Dogs)」の意。練の姉である真理の世代は、インターハイを辞退したもののその年度の春高で優勝し「春高優勝世代」と呼ばれている。その後は理由不明ながら部員不足になり廃部状態になっていた。鏡子らが1年生の年にバレー部は復活するが、部員の退部による人数不足で対外試合も行われなくなり、部員減少に一層の拍車をかけた。部員は犬神鏡子・鎌倉沙羅・蜂谷由佳の3人にまで減ってしまったが、やる気の無い部員は不要として積極的な部員勧誘は行っていなかった。次世代の新入生では練を筆頭とした10数人に目星を付けて何らかのスカウト活動を行っており、実力はあるが他校では推薦入学させないような癖のある生徒を積極的に獲得していた模様。練たちの世代が入部した後に起きた『賭けバレー』関連でチームが謹慎処分を受けて以降は、全国のチームから悪役高校扱いされる状態となっている。少女ファイト フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立佐世保北中学校・高等学校

    長崎県立佐世保北中学校・高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1986年(昭和61)- 第17回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)優勝、全国高等学校総合体育大会優勝長崎県立佐世保北中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 石川佳純

    石川佳純から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    8月 インターハイ:学校対抗優勝、シングルス優勝、ダブルス3位(藤井優子ペア)石川佳純 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    一家はミキハウス本社のある大阪府八尾市に引越し、福原は当時できたばかりのミキハウス練習場に通うようになった。この時に、王子卓球クラブの作馬六郎から「王子サーブ」を習得し、以降このサーブは福原愛の代名詞ともなった(今はほとんど使っていない)。大阪では公立小学校に通っていた。小6の6月に、ITTFジャパンツアー一般の部に選ばれ初出場で代表デビューを果たす。中学は大阪の強豪である私立四天王寺中への進学を考えていたが、福原はプロ契約してるため、全中やインターハイなどに規定で出場できないという懸念があった。結局地元公立中へ入学したが、一ヶ月でスポーツの名門私立学校、青森山田中学校に転校した。青森山田中は中高一貫教育を目指してその年に開校。法人は卓球専用の体育館などの施設を備えている。同校を選んだのはミキハウスJSCに所属したままプロ活動をしたいという福原サイドの意向に、理解を示したのが大きな理由である。これにより福原は多くの卓球遠征が可能になった(その後福原は「卓球界に大きな貢献をした」ということで、全中もインターハイも国体も特例で出場できるようになった)。ミキハウスは青森JSC(ジュニアスポーツクラブ)という組織を作り、福原をその所属とした(他には青森大学の坂本竜介などがいて、混合ダブルスペアをよく組んでいる)。小西杏とはダブルスで全日本3連覇した(2005年以降、代表では藤沼亜衣と組んでいる)。福原愛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1065件中 1 - 10件表示

「全国高校総体」のニューストピックワード