1283件中 21 - 30件表示
  • 亀井孝

    亀井孝から見たインターハイ全国高等学校総合体育大会

    1969年同志社高校1年の時、アーチェリー部に入部、競技を始める。その年の近畿秋季大会で大会新で初優勝。1971年インターハイ優勝。1972年、同志社大学に進学したが、世界を目指したいとの思いからあえて体育会アーチェリー部には所属せず、京都府アーチェリー連盟に社会人登録し競技を継続。亀井孝 フレッシュアイペディアより)

  • 下出善紀

    下出善紀から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    さらに、夏のインターハイ(重量級)で優勝したほか、12月の全日本ジュニア選手権の重量級でも、高校生ながら準優勝という成績を残し、将来を嘱望された。下出善紀 フレッシュアイペディアより)

  • 柿生青少年柔道会

    柿生青少年柔道会から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1986年(昭和61年)8月 - 全国高等学校総合体育大会柔道競技が山口県徳山市で行われた。8月4日松澤章一は三回戦で敗退するも当柔道会発足以来初のインターハイ出場となった。成績は全国ベスト16位にランクされた。柿生青少年柔道会 フレッシュアイペディアより)

  • 村川洋平

    村川洋平から見た全国高校総体全国高等学校総合体育大会

    1998年の全国高校総体(丸亀)では2年生で4位入賞。村川洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 皇子山陸上競技場

    皇子山陸上競技場から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1964年に大津市皇子山陸上競技場として開場。1965年からびわ湖毎日マラソンの発着点となった。その後大津市営皇子山陸上競技場と改名した。1979年に改築されて第一種公認陸上競技場として公認、皇子山総合運動公園陸上競技場となり昭和54年度全国高等学校総合体育大会の開閉会式、陸上競技会場に使用された。1980年に第28回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会開催会場、1981年に第36回国民体育大会の開閉会式、陸上競技会場として使用された。皇子山陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 秀彦

    吉田秀彦から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    大府西中学校-講道学舎入門-世田谷区立弦巻中学校(中学3年時に転校) -世田谷学園高校-明治大学。その間、戦歴は1984年全中(-65kg級)準優勝、1987年インターハイ(軽重量級)優勝、1987、1988年全日本ジュニア(-78kg級)優勝、1988、1990年世界学生選手権(-78kg級)優勝など。吉田秀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県立中条工業高等学校

    新潟県立中条工業高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1981年6月 - 陸上競技部・自転車部がインターハイ出場。新潟県立中条工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 石部安浩

    石部安浩から見たインターハイ全国高等学校総合体育大会

    高校時代、全国高等学校陸上競技対校選手権大会(インターハイ)優勝、国民体育大会(19歳未満)優勝、その後、中央大学へ進学した。入学後の2年間は、炎(ジャンパー膝)の為に競技を中断していたが、大学3年時に競技を再開、その年、1958年には日本陸上競技選手権大会(日本選手権)で準優勝して復活した。中央大学卒業後はリッカーミシンへ進み、1962年にベリーロールで2mを記録、同年、日本陸上競技選手権大会(日本選手権)で優勝、翌年1963年に現役を引退した。石部安浩 フレッシュアイペディアより)

  • 河原月夫

    河原月夫から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    愛知県刈谷市出身。父親の大玄(8段)の影響で、物心付いた時には既に柔道衣を着るのが日課になっていた。中京商業高校に入学した頃から本格的に柔道に打ち込んで監督の武山貞一に師事し、高校2年次の1966年には青森県で開催されたインターハイの中量級クラスにおいて、決勝戦で富山県代表の津沢寿志を破りチャンピオンに輝いた。河原月夫 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本歩

    橋本歩から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    しかし、その1ヵ月半後のインターハイでは右脚を故障してしまい、ライバルと目されていた西村美樹に4秒の大差で負けてしまい2位に終わる。橋本歩 フレッシュアイペディアより)

1283件中 21 - 30件表示

「全国高校総体」のニューストピックワード