1283件中 41 - 50件表示
  • 柴戸海

    柴戸海から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    神奈川県出身で町田JFCから市立船橋高校に進学。高校3年時には全国高等学校総合体育大会で優勝し、全国高校サッカー選手権大会ではベスト8に進出して大会優秀選手に選出された。柴戸海 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立大聖寺高等学校

    石川県立大聖寺高等学校から見た高校総体全国高等学校総合体育大会

    陸上、体操、テニス、山岳、弓道部は北信越大会、個人あるいは団体での高校総体、国体出場など安定した高い実績を継続的に残しており、近年は少林寺拳法、トランポリンも目覚しい活躍をみせている。石川県立大聖寺高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県営総合競技場

    三重県営総合競技場から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1973年(昭和48年) - 全国高等学校総合体育大会のメイン会場となる。三重県営総合競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県立四日市南高等学校

    三重県立四日市南高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    2003年度から教員・生徒の意向を取り入れ制服がブレザーに変わった(なお、旧制服は映画「いずれの森か青き海(監督:瀬木直貴)」で使用されている)。部活動は、ワンダーフォーゲル部は2007年度インターハイで優勝、2008年度インターハイで2連覇を果たした。文化部では演劇部が県大会で1位(2001,03,05年)、1991年には音楽部が全国大会出場を果たすなどの記録を残している。三重県立四日市南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佼成学園女子中学校・高等学校

    佼成学園女子中学校・高等学校から見たインターハイ全国高等学校総合体育大会

    1979年 - ソフトボール部がインターハイで優勝佼成学園女子中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 村澤明伸

    村澤明伸から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    中学には陸上部が存在せずサッカー部に所属していたが、兄の影響を受けて2年生から陸上競技を始めた。高校は、兄と同じ地元の高校ではなく、長距離走の名門佐久長聖高校に進学した。佐久長聖高校では両角速監督の下、インターハイ・国体などで活躍。2008年には世界ジュニア5000mの日本代表に選出され12位の成績を残した。また、千葉国際クロスカントリー大会・福岡国際クロスカントリー大会で好成績を残し、2008年英国・エディンバラ、2009年ヨルダン・アンマンで開催された世界クロスカントリー選手権ジュニア日本代表に選ばれた。村澤明伸 フレッシュアイペディアより)

  • 文部科学大臣賞

    文部科学大臣賞から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    また、全国高等学校総合体育大会や全国高等学校総合文化祭、全国高等学校文芸コンクール、NHK全国学校音楽コンクールの最優秀賞には文部科学大臣賞、文部科学大臣奨励賞、文部科学大臣杯が贈られることもある。文部科学大臣賞 フレッシュアイペディアより)

  • 豊川高等学校

    豊川高等学校から見た総体全国高等学校総合体育大会

    水泳部は男子が2012年総体で初めて全国制覇(種目別総合得点1位獲得)を成し遂げる。さらに2013年、2014年総体では男子が3連覇を達成。女子水泳部も2013年総体では男子水泳部に続き創部初の全国制覇(種目別総合得点1位獲得)を遂げた。女子水泳部は2014年総体も優勝し2連覇を達成。2013年総体に続き2014年総体も男女アベック優勝を果たした。豊川高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 麻布大学附属高等学校

    麻布大学附属高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    サッカー部は2004年に冬の国立初出場、そして2年連続出場を果たし、2008年にはインターハイに出場し2回戦まで勝ち残った。また2006年には馬術部がインターハイの団体戦で優勝した。また演劇部が2000年から3年連続全国大会出場、2004年から4年連続関東大会出場し、2006年と2007年の関東大会では優秀賞を受賞した。麻布大学附属高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立藤枝東高等学校

    静岡県立藤枝東高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    文武両道を重んじており、志太榛原地区トップの進学校であると同時にスポーツ・部活動も盛んである。開校時にサッカーが校技として採用されたため(当時は多くの旧制中学校は野球が校技であった)、サッカーの有名校が密集する静岡県中部地区の中でも特に有名であり、全国大会の出場数多数(全国優勝10回)。特に長池実監督に率いられた1960年代後半から1970年代前半は、同校サッカー部の全盛時代であり、国体・インターハイ・選手権の全国三冠を含む8度の全国優勝を成し遂げた。また、1952年からは天皇杯全日本サッカー選手権大会を3度開催し(下記参照)、1957年の第12回国民体育大会(静岡国体)の際にサッカー会場となり、昭和天皇による天覧試合となった(校内にその当時の写真が全国優勝トロフィーとともに飾ってある)。静岡県立藤枝東高等学校 フレッシュアイペディアより)

1283件中 41 - 50件表示

「全国高校総体」のニューストピックワード