1065件中 61 - 70件表示
  • 文部科学大臣賞

    文部科学大臣賞から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    また、全国高等学校総合体育大会や全国高等学校総合文化祭、全国高等学校文芸コンクール、NHK全国学校音楽コンクールの最優秀賞には文部科学大臣賞、文部科学大臣奨励賞、文部科学大臣杯が贈られることもある。文部科学大臣賞 フレッシュアイペディアより)

  • 夏休み

    夏休みから見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    「教職員の夏休みも児童や生徒と同じく長い」という印象を一般的に持たれがちであるが、教職員が個別に「研修」の名目で、教科に関連した自己啓発などを学校外で行うことが多かったことも影響しているとされる。ただし2002年頃から、この研修の運用状況が問題視されるようになり、完全週休2日制となった2002年からは授業やホームルーム活動がないことを除き、教職員は通常通り勤務している。実際に彼らに与えられる夏季休暇は事務職の公務員と同様に4日程度であり、7月から9月の間に各自の判断で取得し、それを超える休みを確保するには年次有給休暇を充てねばならない。単純比較はできないが、夏期休暇に恵まれた大手企業のサラリーマンよりもむしろ短いことも多い。また、この時期には部活動の各種大会・合宿などの行事が集中し、例えば、高等学校では全国高等学校総合体育大会、全国高等学校野球選手権大会、全国高等学校総合文化祭が、中学校では総合体育大会が行われ、教員は大会の引率や大会運営等にあたることもある。また、教員の校務分掌に関連した会議や研修などで出張することもある。したがって、勤務してはいるが学校には不在であることも多い。夏休み フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校サッカー選手権大会

    全国高等学校サッカー選手権大会から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1965年高校総体(インターハイ)が整備され、翌1966年に高校総体にサッカー競技が加えられ(全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会)、秋の国民体育大会サッカー競技高校の部を合わせると、高校サッカーの全国大会が三つとなった。文部次官通達で高校スポーツの全国大会は、学校教育活動としては、国体を除いて年一回しか認められていなかったため複雑な問題が生じた。この時、冬の高校選手権を夏の高校総体に組み入れようと、毎日新聞社抜きで日本蹴球協会と全国高等学校体育連盟(高体連)の二つで勝手に決めた。日本蹴球協会は毎日新聞の名前まで外してしまい、第1回大会より主催していた毎日新聞社は本当に怒り主催を降りたという。結局、冬の高校選手権は、日本蹴球協会が単独開催し、優勝旗は協会で新しいものを作り、大会の回数は今後は公式には数えないで「昭和○年度」と称することにした。このあおりで主催が日本蹴球協会だけとなり後ろ盾がなくなった。毎日新聞社が手を引いたことにより財政難となった大会は、前年の32チームから半分の16チームによるトーナメント戦に規模を縮小。予選を行わず、出場校は夏の総体の1、2位と国体の上位4チームのほか、地域推薦で決定した10チームに出場権を与えた。また各地域の予選も、文部次官通達との関連で、当分は公式には行わず、地域推薦とする建て前となった。この年を含めて4年間は日本蹴球協会の単独主催で行われたが大会継続は危機的状況となった。全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • あひるの空

    あひるの空から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    バスケセンスは部内1。中学の頃から秀でた才能を持っていて広島の強豪広島中央高校からスカウトされた経験あり。出身は広島県で家庭の事情によって神奈川県の高校に入学することとなった。みんなからはトビ(父親が鳶職だったことから)と呼ばれている。攻撃的な性格で協調性が欠けてはいるが、バスケ(インターハイに出場する)に対する想いは強い。トレードマークはアレン・アイバーソンのような髪を波型に編みこむコーンロウ。横浜大栄の不破豹にライバル心を燃やし、大学まで行き練習に励む。妹を大切にする優しい一面もあるバスケットマン。昔からバスケに対して絶対的なプライドを持っており、周囲との温度差に長年苦しんできた。しかしヤスの技術の向上を認めたりしていることから、クズ高に入り人間的な成長も見受けられる。辛口のコメントをすることが多い。甘いものは苦手。バレー部の内藤や女子部のヨーコと仲が良いが付き合っているわけではない模様。今は、ナイキ エア・ジョーダン13を使っている。弱点は唐沢曰く感情のコントロールができない、やせすぎ、との事。モンスターバッシュの菊川高校戦で靭帯を損傷。その後唐沢の通う大学の顧問から治療とトレーニングの受け、肉体強化を果たす(空曰く「体に一本幹が通っているみたい」とのこと)。右腕に多くのタトゥーが彫られている。学校の成績は意外と悪くはない(平均70点)。あひるの空 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県立岡豊高等学校

    高知県立岡豊高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    何度も全国優勝をしている強豪。2004年にはインターハイ、国体、全国高校選手権と全国3冠に輝いている。高知県立岡豊高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山下訓史

    山下訓史から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1980年、愛媛インターハイ三段跳において、高2ながら15m49で優勝。山下訓史 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 秀彦

    吉田秀彦から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    大府西中学校-講道学舎入門-世田谷区立弦巻中学校(中学3年時に転校) -世田谷学園高校-明治大学。その間、戦歴は1984年全中(-65kg級)準優勝、1987年インターハイ(軽重量級)優勝、1987、1988年全日本ジュニア(-78kg級)優勝、1988、1990年世界学生選手権(-78kg級)優勝など。吉田秀彦 フレッシュアイペディアより)

  • ボート競技

    ボート競技から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    中学校に設置されているボート部が少ないので、競技を始める段階での選手間の実力差は少ない。ただし、大学付属校以外の強豪高校は中学生のチームを持つところが多い。主要な大会は全国高等学校総合体育大会(インターハイ)や全国高等学校選抜ボート大会(全国選抜、3月に天竜川で開催)であるが、対校戦に重きを置いている高校も少なくない。距離はインターハイが1000メートル、全国選抜が2000メートル(地方大会には1000メートルや2000メートルのものがある)であったりと色々である。ボート競技 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立大聖寺高等学校

    石川県立大聖寺高等学校から見た高校総体全国高等学校総合体育大会

    陸上、体操、山岳、弓道部は北信越大会、個人あるいは団体での高校総体、国体出場など安定した高い実績を継続的に残している。石川県立大聖寺高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立藤枝東高等学校

    静岡県立藤枝東高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    文武両道を重んじており、志太榛原地区トップの進学校であると同時にスポーツ・部活動も盛んである。開校時にサッカーが校技として採用されたため(当時は多くの旧制中学校は野球が校技であった)、サッカーの有名校が密集する静岡県中部地区の中でも特に有名であり、全国大会の出場数多数(全国優勝10回)。特に名将長池実監督に率いられた1960年代後半から1970年代前半は、同校サッカー部の全盛時代であり、国体・インターハイ・選手権の全国三冠を含む8度の全国優勝を成し遂げた。また、1952年からは天皇杯全日本サッカー選手権大会を3度開催し(下記参照)、1957年の静岡国体の際にサッカー会場となり、昭和天皇による天覧試合となった(校内にその当時の写真が全国優勝トロフィーとともに飾ってある)。静岡県立藤枝東高等学校 フレッシュアイペディアより)

1065件中 61 - 70件表示

「全国高校総体」のニューストピックワード