1065件中 71 - 80件表示
  • 新潟県立長岡工業高等学校

    新潟県立長岡工業高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    近年は県内でも強豪校として認識されている。2006年は男子団体で県大会優勝、北信越大会・インターハイ出場。2007年は男子団体で県大会準優勝、北信越大会出場。2008年・2009年は男子団体で県大会3位、北信越大会出場。新潟県立長岡工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 村元辰寛

    村元辰寛から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    「強くなりたい」と、高校は名門・天理高校へ進学。恩師・松本薫監督(当時)の指導の下、高校2年次の1993年に高校選手権で2位に食い込み、翌94年には春の高校選手権と夏のインターハイを立て続けに制して将来を嘱望された。また、世界ジュニア選手権でも銅メダルを獲得している。村元辰寛 フレッシュアイペディアより)

  • 笛吹市いちのみや桃の里スポーツ公園多目的グラウンド

    笛吹市いちのみや桃の里スポーツ公園多目的グラウンドから見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    フィールドはクレー舗装で、サッカー場としては1面(少年用では2面)、ソフトボール場としては2面の使用が可能。スタンドは対面の2基のバックネットを基準として、ソフトボール使用時にバックネット裏から内野席となる部分に設置されていて、外野部分にはスタンドはない。そのため、サッカー場として使用する際には、正面から見てメインスタンド右側とバックスタンド左側が、コーナーにかけてスタンドがない形になっており、サッカースタジアムとしてはややいびつな形になっている。しかしながらスタンドとフィールドの間には、バックネット以外には柵やネットなどは設けられておらず、試合観戦の際の視界の良さと臨場感は十分であると言える。1996年のインターハイでは女子ソフトボールの試合会場となったほか、山梨県少年サッカー選手権などにおいて使用されている。また、そのような公式戦のほかにも、市民のふれあいの場として幅広く使われている。笛吹市いちのみや桃の里スポーツ公園多目的グラウンド フレッシュアイペディアより)

  • 水色スプラッシュ

    水色スプラッシュから見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    水泳部の部員。泉ヶ丘学園高校3年女子。18歳。所属クラスは3年A組。実力は水泳部でもトップレベルで、インターハイの出場を狙えるほど。水色スプラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 吉本政美

    吉本政美から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    1978年(昭和53年)にはインターハイで男子は三位、女子はベスト8、同年の玉竜旗では男子が二位、女子が三位に入賞。これ以降、高千穂高校剣道部は全国上位常連校の一角を占める。1979年(昭和54年)の玉竜旗は女子が初優勝。1986年(昭和61年)のインターハイでは男女アベック優勝。1987年(昭和62年)、1988年(昭和63年)、1991年(平成3年)の玉竜旗は男子が連覇を含む三度の優勝。吉本政美 フレッシュアイペディアより)

  • インターハイ

    インターハイから見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    インターハイ フレッシュアイペディアより)

  • 高校総体

    高校総体から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    高校総体 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高校総合体育大会

    全国高校総合体育大会から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    全国高校総合体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立交野高等学校

    大阪府立交野高等学校から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    また同校は、2006年のインターハイでは、ソフトボールの会場として使用された。大阪府立交野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • HI5!

    HI5!から見た全国高等学校総合体育大会全国高等学校総合体育大会

    中国山脈のふもと、岡山県にある(架空の)奥津山郡西松原村に住む、奥津山高校一年生の小田中雄太。バスケットボール部で補欠選手の彼の元に、幼い頃両親の離婚によって生き別れていた兄、英太が10年ぶりにアメリカから帰国する。アメリカのジュニアハイスクールでバスケットボール選手として活躍していた英太のスーパープレイを身近に見、また彼のアドバイスを受けて雄太は急速に成長。万年一回戦負けだった奥津山高校だが、小田中兄弟の活躍によってインターハイ予選で強豪校を次々に撃破、ついに県大会ベスト8にまで進出する。英太の負傷もあり、奥津山高校は惜しくもブロック決勝で敗れたが、インターハイ予選直後、小田中兄弟は岡山県の国体選手に選ばれる。それまで戦って来たライバル達と混成チームを結成した雄太達岡山代表は、ついに国体の決勝戦に臨むのだった。HI5! フレッシュアイペディアより)

1065件中 71 - 80件表示

「全国高校総体」のニューストピックワード