129件中 41 - 50件表示
  • 愛媛県立松山東高等学校

    愛媛県立松山東高等学校から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    第15回全国高等学校文化連盟将棋新人大会(2007年(平成19年))、第21回全国高等学校将棋竜王戦(2008年(平成20年))で個人戦5位入賞。全国高等学校将棋選手権大会(全国高等学校総合文化祭将棋部門)の常連で、県内団体戦4連覇。2010年(平成22年)に全国ベスト16。愛媛県立松山東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本マリスト学園中学校・高等学校

    熊本マリスト学園中学校・高等学校から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    2004年(平成16年)- 第28回全国高等学校総合文化祭囲碁部門全国大会団体戦出場熊本マリスト学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立袋井高等学校

    静岡県立袋井高等学校から見た全国高校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    10月 - 体育大会、ロゴスの集い(弁論大会。学校創設時からの伝統行事で、ロゴスの集いで優秀な成績を収めた生徒は、全国高校総合文化祭に静岡県の代表として毎年出場し、上位に入賞している)静岡県立袋井高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 弁論大会

    弁論大会から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    全国高等学校総合文化祭弁論部門、文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会(主催:全国高等学校文化連盟)弁論大会 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市文化会館

    青森市文化会館から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    青森県最大の2,185席を誇る大ホールは全国規模のコンサート、集会、学会などが利用できる施設であるが、開館から28年経ち、老朽化が進み、2006年4月から7ヶ月間、大規模な改修工事で休館。11月にリニューアルした。リニューアルによってゆとりのある座席を採用したため客席数は2,031席に減少。それでも劇場型では東北最大規模の客席数を誇る。2005年には全国高等学校総合文化祭の開会式と合唱、吹奏楽部門の会場として、2011年には全日本吹奏楽コンクールの大学・職場一般の部の会場として使用された。また、多くの学会や全国大会も開催されている。青森市文化会館 フレッシュアイペディアより)

  • 麦屋節

    麦屋節から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    これらの保存会は小・中学校や高校で五箇山民謡を指導し、地元の富山県立南砺平高等学校の郷土芸能部が全国高等学校総合文化祭で優秀な成績をおさめるなど、大いに成果をあげている。麦屋節 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼剣舞

    鬼剣舞から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    上記以外にも、岩崎鬼剣舞の系統で岩崎新田鬼剣舞(いわさきしんでんおにけんばい)(1984年(昭和59年)に岩崎鬼剣舞に指導を請い、現在4種目の習得に至っている。)、滑田鬼剣舞の系統では黒岩鬼剣舞(旧三舘鬼剣舞)(2002年(平成14年)に黒岩の三坊木、舘地区で二子鬼剣舞の指導を受けて発足。)がある。東京、京都、札幌、新潟にも団体がある。他にも、県内外、海外(パラグアイ等)の鬼剣舞の踊り組が存在する。また、全国高等学校総合文化祭郷土芸能部門で何度も優秀な成績をおさめ、2012年(平成24年)富山県で行なわれた第36回大会では文部科学大臣賞・最優秀賞を受賞した北上翔南高校鬼剣舞部のような、鬼剣舞をクラブ活動として行っている学校もある。鬼剣舞 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県民会館

    群馬県民会館から見た全国高校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    1971年にこけら落とし。群馬県最大のホールとしてコンサートや演劇、ミュージカルなどが行われている。また、2008年8月に行われるぐんま総文では器楽・管弦楽部門が開催された。また会館敷地の前身は群馬大学教育学部のキャンパスで、当時、学生達が歌った昭和の抒情唄’赤い花白い花’がこの地から全国に発信された。群馬県民会館 フレッシュアイペディアより)

  • マンドリンオーケストラ

    マンドリンオーケストラから見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    その他に各都道府県の高等学校文化連盟(通称「高文連」)が主催する音楽発表大会は学校教育における正規行事であり、大半の高校団体が器楽・管弦楽部門に年間行事として参加している。また上述の全国高等学校ギター・マンドリンコンクールの地方大会を兼ねる県もある。ここで最優秀校に選ばれると翌年度の全国高等学校総合文化祭(通称「総文祭」。「文化の甲子園」・文化庁・全国高等学校文化連盟主催)で発表する資格を得る。総文祭は毎年8月初旬に各都道府県の回り持ちで開催され、出場校決定に連続出場を回避する配慮があったり、育成の観点から複数校による合同合奏団を出場させる県があるなど、イベントとしての性格が強いといえる。なお、各都道府県の最優秀校が集う発表大会という性格上、総文祭では審査ではなく講評のみが行われ、個別の賞は授与されない。マンドリンオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立竹田高等学校

    大分県立竹田高等学校から見た全国高等学校総合文化祭全国高等学校総合文化祭

    器楽部は、2009年(平成20年)度高文連ブラスカーニバル(冬のコンクール)を予選1位で大分県代表に選出され、第33回全国高等学校総合文化祭(三重県開催)吹奏楽部門や、2011年(平成22年)度大分県予選2位で九州高文連吹奏楽大会(福岡県開催)に出場した。また2010年(平成21年)度、2012年(平成23年)度の高文連ブラスカーニバルには各前年度の県代表としてゲスト演奏をしている。大分県立竹田高等学校 フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示

「全国高等学校総合文化祭」のニューストピックワード