52件中 41 - 50件表示
  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た広島市立広島商業高等学校

    1962年(第7回大会) - サスペンデッドゲームの規定が設けられ、準決勝の広島市商対日田商戦が適用第1号となる(当初は18回で打ち切り、19回から再開のルール)。この試合は19回の1イニングで決着(広島市商 1-0 日田商)。なお、決勝戦は従来通り再試合となる。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見たトーナメント方式

    全国47都道府県を16の地区に分け、各地区1校ずつ、合計16校の代表で争われる。7月上旬から8月上旬にかけて行う都道府県大会、都道府県代表が争う地区大会を勝ちあがった学校が出場できる。大会は都道府県、地区大会、全国大会全てトーナメント方式で開催する。全国大会の16地区の区分には、「東中国・西中国」の区分や、北海道、東京都のほか大阪府、兵庫県も1都道府県で1地区とするなどの特色がある。軟式野球部の偏在なども考慮されているため、この区割は最大の南関東と最小の東中国では6倍以上の人口差がある。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た都道府県

    全国47都道府県を16の地区に分け、各地区1校ずつ、合計16校の代表で争われる。7月上旬から8月上旬にかけて行う都道府県大会、都道府県代表が争う地区大会を勝ちあがった学校が出場できる。大会は都道府県、地区大会、全国大会全てトーナメント方式で開催する。全国大会の16地区の区分には、「東中国・西中国」の区分や、北海道、東京都のほか大阪府、兵庫県も1都道府県で1地区とするなどの特色がある。軟式野球部の偏在なども考慮されているため、この区割は最大の南関東と最小の東中国では6倍以上の人口差がある。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た秋田県立能代高等学校

    2015年(第60回大会) - タイブレーク制が導入され、準決勝の能代(北東北・秋田)対上田西(北信越・長野)戦で初めて適用される。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た静岡県草薙総合運動場硬式野球場

    1968年の第13回大会決勝の下関商と静岡商の決勝は、延長18回0-0の引き分けとなり、優勝預かり(両校準優勝)となったが、29年後の1997年11月23日に静岡商創部50周年の記念行事として、静岡・草薙球場の当時の選手が集まって記念試合を行った。試合は12-6で静岡商が勝利した。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た大阪府

    全国47都道府県を16の地区に分け、各地区1校ずつ、合計16校の代表で争われる。7月上旬から8月上旬にかけて行う都道府県大会、都道府県代表が争う地区大会を勝ちあがった学校が出場できる。大会は都道府県、地区大会、全国大会全てトーナメント方式で開催する。全国大会の16地区の区分には、「東中国・西中国」の区分や、北海道、東京都のほか大阪府、兵庫県も1都道府県で1地区とするなどの特色がある。軟式野球部の偏在なども考慮されているため、この区割は最大の南関東と最小の東中国では6倍以上の人口差がある。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た東京都

    全国47都道府県を16の地区に分け、各地区1校ずつ、合計16校の代表で争われる。7月上旬から8月上旬にかけて行う都道府県大会、都道府県代表が争う地区大会を勝ちあがった学校が出場できる。大会は都道府県、地区大会、全国大会全てトーナメント方式で開催する。全国大会の16地区の区分には、「東中国・西中国」の区分や、北海道、東京都のほか大阪府、兵庫県も1都道府県で1地区とするなどの特色がある。軟式野球部の偏在なども考慮されているため、この区割は最大の南関東と最小の東中国では6倍以上の人口差がある。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た長野県

    2015年(第60回大会) - タイブレーク制が導入され、準決勝の能代(北東北・秋田)対上田西(北信越・長野)戦で初めて適用される。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た岐阜県

    2014年(第59回大会) - 準決勝の中京(東海代表・岐阜)対崇徳(西中国代表・広島)の試合がサスペンデッドゲームとなり、2日目も15イニング(延長30回)を戦っても決着がつかず、大会初の「再サスペンデッドゲーム」に。3日目も15イニング(延長45回)を終えて0-0と互いに譲らず、史上初の「再々サスペンデッドゲーム」になると共に、日程の関係から「最大延長54回(同日の9イニング目)で打ち切り・同点の場合は抽選で決勝進出チーム決定」「準決勝と同日に決勝を実施し、9回で同点の場合は優勝預かり」の特別ルールが導入される。4日目の試合で延長50回表(この日の5イニング目)に中京が3点を挙げ、3-0で勝利した。それまでの記録は第26回大会(1981年)の大津(西中国・山口) - 口加(北部九州・長崎)と、第28回大会(1983年)の平工(南東北・福島) - 松商学園(信越・長野)で記録した延長25回。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た北海道

    全国47都道府県を16の地区に分け、各地区1校ずつ、合計16校の代表で争われる。7月上旬から8月上旬にかけて行う都道府県大会、都道府県代表が争う地区大会を勝ちあがった学校が出場できる。大会は都道府県、地区大会、全国大会全てトーナメント方式で開催する。全国大会の16地区の区分には、「東中国・西中国」の区分や、北海道、東京都のほか大阪府、兵庫県も1都道府県で1地区とするなどの特色がある。軟式野球部の偏在なども考慮されているため、この区割は最大の南関東と最小の東中国では6倍以上の人口差がある。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「全国高等学校軟式野球選手権大会」のニューストピックワード