1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示
  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た秋田県

    2015年(第60回大会) - タイブレーク制が導入され、準決勝の能代(北東北・秋田)対上田西(北信越・長野)戦で初めて適用される。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会

    全国高等学校軟式野球選手権大会から見た広島県

    2014年(第59回大会) - 準決勝の中京(東海代表・岐阜)対崇徳(西中国代表・広島)の試合がサスペンデッドゲームとなり、2日目も15イニング(延長30回)を戦っても決着がつかず、大会初の「再サスペンデッドゲーム」に。3日目も15イニング(延長45回)を終えて0-0と互いに譲らず、史上初の「再々サスペンデッドゲーム」になると共に、日程の関係から「最大延長54回(同日の9イニング目)で打ち切り・同点の場合は抽選で決勝進出チーム決定」「準決勝と同日に決勝を実施し、9回で同点の場合は優勝預かり」の特別ルールが導入される。4日目の試合で延長50回表(この日の5イニング目)に中京が3点を挙げ、3-0で勝利した。それまでの記録は第26回大会(1981年)の大津(西中国・山口) - 口加(北部九州・長崎)と、第28回大会(1983年)の平工(南東北・福島) - 松商学園(信越・長野)で記録した延長25回。全国高等学校軟式野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示

「全国高等学校軟式野球選手権大会」のニューストピックワード