111件中 11 - 20件表示
  • 工藤千博

    工藤千博から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1963年、桐朋女子高等学校音楽科入学し、鈴木共子に師事する。1965年、高校3年生の時、第19回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部で第1位を受賞した。1966年、桐朋学園大学に入学、1970年、文化放送音楽賞を受賞。工藤千博 フレッシュアイペディアより)

  • 小林愛実

    小林愛実から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    3歳からピアノを始め、7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。2004年ピティナJr.G級(16歳以下)出場最年少の8歳で金賞。2005年全日本学生音楽コンクール史上最年少優勝。2009年アジア太平洋国際ショパンピアノコンクール(韓国)Jr部門優勝。2011年ショパン国際コンクールin Asia、コンチェルトの最高部門で金賞。第5回福田靖子賞。小林愛実 フレッシュアイペディアより)

  • 上敷領藍子

    上敷領藍子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    7才からヴァイオリンを始め、第1回大阪国際音楽コンクール中学校の部第1位、第14回京都芸術祭にて京都市長賞受賞、第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第2位、第56回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第2位。石川ミュージックアカデミーにてIMA賞を受賞し、スカラシップを得て翌年、米国アスペン音楽祭で川崎雅夫のマスタークラスを受講。第1回宗次エンジェル・ヴァイオリンコンクール第3位受賞。上敷領藍子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林愛美 (ピアニスト)

    小林愛美 (ピアニスト)から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    2005年、第59回全日本学生音楽コンクールピアノ部門小学生の部で第1位を受賞。小学4年生での1位受賞は史上初の快挙。小林愛美 (ピアニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 宮下綾子

    宮下綾子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    3歳よりヴァイオリン教師である母の手ほどきによりヴァイオリン演奏をはじめる。10歳より川畠成道の父・正雄に師事。11歳の時にはすでに、難曲で知られるパガニーニ作曲の24の奇想曲を全曲マスターしていた。1994年、小学校5年生の時に第48回全日本学生音楽コンクール東京大会で入賞している。宮下綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市立上の宮中学校

    横浜市立上の宮中学校から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    横山幸雄(ピアニスト) - 在学2年時の1984年(昭和59年)、第38回全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門中学生の部で第1位を受賞。横浜市立上の宮中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 有森直樹

    有森直樹から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1999年(平成11年) - 全日本学生音楽コンクール審査員。有森直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡市立横内小学校

    静岡市立横内小学校から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1964年11月4日 - 毎日新聞社主催 第18回全日本学生音楽コンクール小学校合唱の部で準優勝静岡市立横内小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻南美

    江尻南美から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1988年 - 第42回全日本学生音楽コンクール・ピアノ部門中学生の部 東京大会第1位江尻南美 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲見三郎

    鷲見三郎から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1924年に上京し、ヴァイオリンを多久寅に師事した。1925年、日本交響楽協会管弦楽団に入団し、1926年、新交響楽団の第一ヴァイオリン奏者となった。この間、ヨーゼフ・ケーニヒ、シェフェルブラット、レオニード・クロイツァーに師事した。1935年から自由学園でヴァイオリン指導に当たる。1945年以降、日本音楽コンクール及び全日本学生音楽コンクールの審査員を務めた。1946年、国立音楽大学で指導を始めた。 1948年、桐朋学園付属「子供のための音楽教室」の創立に参加した。1951年に日本交響楽団(前・新交響楽団)を退団して教育者として専念する。また、門下生と「アンサンブル・フォンテーヌ」を組織し、指揮者として日本各地で公演、レコーディングを行った。1952年、桐朋女子高等学校音楽科発足以来、同校で指導する。また、1955年、相愛学園での指導も始めた。1961年、桐朋学園大学の教授となる。ロン=ティボー、パガニーニ、チャイコフスキー、カール・フレッシュなどの国際コンクールから審査員、オブザーバーとして招聘された。1978年、下記勲章を受章したが、1984年11月26日、東京で永眠、米子市聖交会墓地に葬られた。鷲見三郎 フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「全日本学生音楽コンクール」のニューストピックワード