140件中 31 - 40件表示
  • 有森直樹

    有森直樹から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1999年(平成11年) - 全日本学生音楽コンクール審査員。有森直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 青柳晋

    青柳晋から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1981年 - 第35回全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位受賞。青柳晋 フレッシュアイペディアより)

  • 景山誠治

    景山誠治から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    全日本学生音楽コンクール小学生の部で第1位、同コンクール中学生の部で再び第1位。高校在学中、第46回日本音楽コンクールで第3位入賞。1984年には、ロン=ティボー国際コンクールで1位なしの第2位。同時に3つの特別賞を受賞。ソリストの活動だけでなく、室内楽の分野でも活動している。1989年3月、ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)に招かれ、ベルリンのシャウシュピールハウスでのリサイタルなどを行った。現在,東京音楽大学教授、東京芸術大学、桐朋学園大学非常勤講師。景山誠治 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川祥子

    瀬川祥子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1978年 - 第32回全日本学生音楽コンクール小学校の部 全国第1位瀬川祥子 フレッシュアイペディアより)

  • 仲道祐子

    仲道祐子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    浜松市生まれ。浜松市立南部中学校3年在学中、1982年に第36回全日本学生音楽コンクールピアノ部門第1位入賞。アメリカ留学中、シルヴィア・ミューリングに師事。1986年に桐朋女子高等学校音楽科を卒業してドイツへ渡り、クラウス・シルデに師事。1989年、ミュンヘン音楽大学マスタークラス卒業。1991年、ミュンヘン音楽大学大学院ピアノ科ならびに室内楽科を修了。仲道祐子 フレッシュアイペディアより)

  • 清水英理子

    清水英理子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1989年 第43回全日本学生音楽コンクール小学校の部全国大会第1位(小学6年生)。清水英理子 フレッシュアイペディアより)

  • 日俣綾子

    日俣綾子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部入選。日俣綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 関孝弘

    関孝弘から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    東京に生まれる。5歳よりピアノを始め第20回全日本学生音楽コンクール中学校の部第2位。東京芸術大学付属音楽高校より、同大学に進み、在学中に第45回日本音楽コンクール第2位、安宅賞受賞。イタリアのブレーシャ国立音楽院に留学し、フィナーレ・リーグレ国際音楽コンクール第2位、ザンボーニ国際コンクール第1位、ベッリーニ国際コンクール第3位、ラフマニノフ国際コンクール第3位、エンナ国際コンクール第3位等、多数の国際コンクールに上位入賞。ヨーロッパ全土で演奏旅行を開始。東京交響楽団、東京都交響楽団を始め、旧レニングラード・フィル、モスクワ国立交響楽団、ワルシャワ・フィル、ベニス室内合奏団など世界の著名なオーケストラと共演。1988年から2005年まで東京芸術大学講師を務める。2011年イタリア文化を広めた多大な功績により、イタリア政府より文化功労勲章コメンダトーレ章を受章。2014年イタリアのフィナーレ・リーグレ市より名誉市民の称号が授与。2015年3月「ブリッランテな日々」(晶文社)を出版。現在、日伊音楽協会理事、パルマ・ドーロ国際ピアノコンクール(イタリア)の審査委員長を務める。。CDは徳間ジャパンより6タイトル、コロムビアミュージックエンタテインメントより3タイトル、ブリッランテより15タイトル発売されている。また全音楽譜出版社より多数の楽譜が出版されている。イタリアのピアノ作品の紹介を意欲的にしており、日本初演も多数。関孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 川畠成道

    川畠成道から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    父・正雄はヴァイオリンの指導者であったが、幼年期はヴァイオリンを持たせなかった。8歳の時、祖父母とロサンゼルスへ旅行をした際に風邪を引いて日本から持って行った風邪薬を飲み、その風邪薬の副作用でスティーブンス・ジョンソン症候群に罹り、一命は取り留めたがその後遺症で角膜を損傷し視覚障害を負ってしまった。10歳の時ヴァイオリンを手にしたが、わずか3年後の1984年、中学校1年生で第38回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部第3位を受賞した。また、同年、アイザック・スターンの公開レッスンに参加し、スターンから賞賛を受けた。川畠成道 フレッシュアイペディアより)

  • 川田知子

    川田知子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳からヴァイオリンを始めた。1983年、練馬区立三原中学校3年生の時、第37回全日本学生音楽コンクール東京大会で奨励賞を受賞。1985年、東京芸術大学付属高校に進み、田中千香士に師事、1988年、東京芸術大学に入学。1989年、第36回パガニーニ国際コンクールに5位入賞。在学中、アスペン音楽祭(1989年)、東京室内ソロイスツのメンバーとしてアンカレッジ音楽祭(1990年)、キジアーナ音楽院室内楽サマーコースに参加した。1991年、東京芸術大学を首席で卒業。それまでコンクールでの優勝歴はなかったが、同年の第5回ルードヴィヒ・シュポア国際ヴァイオリン・コンクールで優勝した。大学在学中から、原田幸一郎、堀正文に師事する。川田知子 フレッシュアイペディアより)

140件中 31 - 40件表示

「全日本学生音楽コンクール」のニューストピックワード