111件中 31 - 40件表示
  • 伊藤奏子

    伊藤奏子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    父はアマチュア・オーケストラのクラリネット奏者であり、5歳上の姉はピアノを習っていた。5歳からヴァイオリンを始め、宮古市内の小中学校に進学した。1984年、宮古市立第一中学校2年生の時、第38回全日本学生音楽コンクール東日本大会中学校の部で奨励賞を受賞した。1986年、桐朋女子高等学校音楽科に進学し、久保田良作、久保良治に師事した。伊藤奏子 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤知子

    加藤知子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳からヴァイオリンを始めた。1964年、お茶の水女子大学附属小学校に入学し、1969年、小学校6年生の時、第23回全日本学生音楽コンクール全国大会小学生の部で第1位を獲得した。1976年、桐朋学園大学に入学し、江藤俊哉に師事する。1978年、第47回日本音楽コンクールで第1位、1979年、海外派遣コンクールで特別賞を受賞した。加藤知子 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田弥生

    戸田弥生から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳からヴァイオリンを習い始める。地元福井市の六条小学校に通いながら、1979年、小学校6年生の時、第33回全日本学生音楽コンクール全国大会小学生の部で第1位を受賞した。中学校も福井市の足羽第一中学校に通ったが、1983年、単身で上京して堀米ゆず子宅に下宿しながら、桐朋女子高等学校音楽科に入学し、江藤俊哉に師事した。1985年、高校3年生の時、第54回日本音楽コンクールで第1位を受賞した。1986年、桐朋学園大学に進み、日本国際音楽コンクールで第3位を受賞した。1988年、第1回淡路島国際室内楽コンクールのプロ部門で第1位、モントリオール国際コンクールで第6位を受賞した。戸田弥生 フレッシュアイペディアより)

  • 川田知子

    川田知子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳からヴァイオリンを始めた。1983年、練馬区立三原中学校3年生の時、第37回全日本学生音楽コンクール東京大会で奨励賞を受賞。1985年、東京芸術大学付属高校に進み、田中千香士に師事、1988年、東京芸術大学に入学。1989年、第36回パガニーニ国際コンクールに5位入賞。在学中、アスペン音楽祭(1989年)、東京室内ソロイスツのメンバーとしてアンカレッジ音楽祭(1990年)、キジアーナ音楽院室内楽サマーコースに参加した。1991年、東京芸術大学を首席で卒業。それまでコンクールでの優勝歴はなかったが、同年の第5回ルードヴィヒ・シュポア国際ヴァイオリン・コンクールで優勝した。大学在学中から、原田幸一郎、堀正文に師事する。川田知子 フレッシュアイペディアより)

  • 白石禮子

    白石禮子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1980年、金城学院中学校2年生の時、第34回全日本学生音楽コンクール全国大会中学の部で第1位を受賞、同年、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演した。1982年、桐朋女子高校音楽科に入学し、1984年、高校3年生の時、ロン・ティボー国際コンクールで第6位を受賞した。白石禮子 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利友美

    毛利友美から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳からヴァイオリンを始めた。1965年、桐朋学園子供のための音楽教室に入り、1968年から江藤俊哉、江藤アンジェラ夫妻に師事し、小学生6年生の時、1969年の第23回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第2位を受賞した。毛利友美 フレッシュアイペディアより)

  • 漆原朝子

    漆原朝子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳でヴァイオリンを始め、鷲見三郎に師事した。1977年、相模原市立相模台小学校5年生の時、全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第3位を受賞した。なお、この年の東京大会第1位は同じ5年生の渡辺玲子、全国大会第1位はやはり同じ5年生の竹澤恭子だった。1979年、習志野市立第一中学校1年生の時、同コンクール中学生の部で東京大会、全国大会ともに第1位を受賞。1982年、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に進学し、第51回日本音楽コンクールに出場して第2位を受賞した(第1位は竹澤恭子)。1983年、高校2年生の時、第2回日本国際音楽コンクールで最年少で第1位を獲得。漆原朝子 フレッシュアイペディアより)

  • 石川静 (ヴァイオリニスト)

    石川静 (ヴァイオリニスト)から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    新しき村出身の石川清明(財団法人新しき村理事長、2007年現在)の長女として生まれた。4歳からヴァイオリンを始め、鈴木鎮一に師事し,その後鷲見三郎に師事する。小学校4年生の1964年、第18回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第3位を受賞し、小学校6年生の1966年、同コンクール東京大会、全国大会で第1位を受賞した。14歳の時、プラハの国際ラジオ・コンクールで優勝した。石川静 (ヴァイオリニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 清水高師

    清水高師から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    徳永茂、鷲見三郎に師事。1962年の小学校4年生の時、第16回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第3位、翌1963年の小学校5年生の時、第17回同コンクール東京大会、全国大会小学生の部で第1位をそれぞれ受賞した。1968年、神奈川県立横須賀高等学校に進み、1970年、第39回日本音楽コンクールで第1位、レウカディア特別賞を受賞した。清水高師 フレッシュアイペディアより)

  • 数住岸子

    数住岸子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1963年、小学校6年生の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会小学生の部で第1位を受賞(この大会で第3位はさだまさし)。1967年、中学校卒業後、上京して桐朋女子高等学校音楽科に入学し、斎藤秀雄、前橋汀子、江藤俊哉に師事。1970年、桐朋学園大学に進んだ。数住岸子 フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「全日本学生音楽コンクール」のニューストピックワード