111件中 51 - 60件表示
  • 関孝弘

    関孝弘から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    東京に生まれる。5歳よりピアノを始め第20回全日本学生音楽コンクール中学校の部第2位。東京芸術大学付属音楽高校より、同大学に進み、在学中に第45回日本音楽コンクール第2位、安宅賞受賞。イタリアのブレーシャ国立音楽院に留学し、フィナーレ・リーグレ国際音楽コンクール第2位、ザンボーニ国際コンクール第1位、ベッリーニ国際コンクール第3位、ラフマニノフ国際コンクール第3位、エンナ国際コンクール第3位等、多数の国際コンクールに上位入賞。ヨーロッパ全土で演奏旅行を開始。東京交響楽団、東京都交響楽団を始め、旧レニングラード・フィル、モスクワ国立交響楽団、ワルシャワ・フィル、ベニス室内合奏団など世界の著名なオーケストラと共演。1988年から2005年まで東京芸術大学講師を務める。CDは徳間ジャパンより6タイトル、コロムビアミュージックエンタテインメントより2タイトル発売されている。また全音楽譜出版社より多数の楽譜が出版されている。イタリアのピアノ作品の紹介を意欲的にしており、日本初演も多数。関孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 田野倉雅秋

    田野倉雅秋から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    4歳からスズキ・メソードでヴァイオリンを始めた。品川区内の小中学校に進み、1988年、第42回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で奨励賞、1991年、第45回同コンクール東京大会中学生の部で第1位を獲得した。また、同年、第5回ながのアスペン音楽祭に参加した。田野倉雅秋 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪内晶子

    諏訪内晶子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1981年、全日本学生音楽コンクール(小学校の部、東日本大会)で第1位。諏訪内晶子 フレッシュアイペディアより)

  • 庄司紗矢香

    庄司紗矢香から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    東京に生まれた。画家である母の留学に伴い、3歳からシエーナに移り、2年間を送る。最初ピアノを習っていたが、キジアーナ音楽院のコンサートでヴァイオリン演奏を見たことがきっかけとなり、5歳からヴァイオリンを始めた。帰国後、国分寺市内の小学校に進み、1994年、6年生の時に第48回全日本学生音楽コンクール東京大会、全国大会で第1位を獲得した。庄司紗矢香 フレッシュアイペディアより)

  • 澤和樹

    澤和樹から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    ヴァイオリンを印野揚造、東儀祐二、吉永清子、鷲見三郎、兎束龍夫に師事。1969年、和歌山市立西和中学校3年生の15歳の時、第23回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部で第1位を受賞した。1970年、和歌山県立桐蔭高等学校に進んだ。澤和樹 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山慶子

    遠山慶子から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    東京市本郷区西片町(現在の東京都文京区西片)に生まれる。父親はいわゆる高等遊民だったという。祖父は陸軍大佐。4歳で鎌倉市材木座に転居する。5歳でヴァイオリンを買ってもらったがうまく弾けなかったので即座に叩き壊し、6歳からピアノを井上貞吉に師事する。病弱ゆえ鎌倉市立第一小学校の養護学級に入学する。8歳のとき父に連れられて日比谷公会堂でモーツァルトの『レクイエム』(ヨーゼフ・ローゼンシュトック指揮、新交響楽団)を聴いたとき、不気味さに失神して病院に運ばれる(このときコーラスの中に、将来夫となる遠山一行がいた)。片瀬乃木小学校(現在の湘南白百合学園小学校)に編入学したが、校風を偽善的と感じたために不登校となり、4年生で第一小学校に復帰する。1946年7月27日に父を結核で亡くし、母方の祖父に引き取られて東京都世田谷区松原に移る。家計が貧窮したためにピアノの勉強を中止しかけたが、井上の好意により無償でレッスンを続けることができた。1947年、第1回全日本学生音楽コンクールで東日本大会一等に入賞。審査委員長の野村光一から絶賛される。遠山慶子 フレッシュアイペディアより)

  • 川畠成道

    川畠成道から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    父・正雄はヴァイオリンの指導者であったが、幼年期はヴァイオリンを持たせなかった。8歳の時、祖父母とロサンゼルスへ旅行をした際に風邪を引いて日本から持って行った風邪薬を飲み、その風邪薬の副作用でスティーブンス・ジョンソン症候群に罹り、一命は取り留めたものの視覚障害を負ってしまった。10歳の時ヴァイオリンを手にしたが、わずか3年後の1984年、中学校1年生で第38回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部第3位を受賞した。また、同年、アイザック・スターンの公開レッスンに参加し、スターンから賞賛を受けた。川畠成道 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原浜雄 (ヴァイオリニスト)

    藤原浜雄 (ヴァイオリニスト)から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    3歳の時、東京音楽学校出身の母から手ほどきを受けてヴァイオリンを始めた。1962年、明星学園中学校3年生の時、第16回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部で第1位を受賞した。1966年、桐朋学園大学に入学し、鷲見三郎、江藤俊哉、海野義雄にヴァイオリンを、また、斎藤秀雄、秋山和慶に指揮を師事した。1967年、第36回日本音楽コンクールで第1位、レウカディア賞を受賞、また海外派遣コンクールにも出場し特別表彰を受け、翌1968年、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに出場し、第2位を受賞した。藤原浜雄 (ヴァイオリニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 横山幸雄

    横山幸雄から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1984年 - 全日本学生音楽コンクール・ピアノ部門中学校の部で第1位。横山幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 上高田少年合唱団

    上高田少年合唱団から見た全日本学生音楽コンクール全日本学生音楽コンクール

    1950年、男子だけの合唱団となる。同年11月「全日本学生音楽コンクール」合唱部門で、いきなり東日本一位に。上高田少年合唱団 フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「全日本学生音楽コンクール」のニューストピックワード