109件中 21 - 30件表示
  • 平野又三

    平野又三から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    10人兄弟の9番目に生まれ、小学校2年の時に三室サッカー少年団でサッカーを始めた。小学校6年で、浦和市の選抜メンバーで作るFC浦和に参加し、全日本少年サッカー大会で全国優勝を経験。三室中学校では浦和レッズジュニアユースに所属したが、ユースチームには上がることができなかった。ジュニアユース時代の同期には山田直輝、高橋峻希、永田拓也がいた。平野又三 フレッシュアイペディアより)

  • U-12サッカーフェスティバル大林カップin木島平

    U-12サッカーフェスティバル大林カップin木島平から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    一方で、2007年にはJリーグ U-13、2008年にはJリーグ U-14が始まり、さらに2011年からの全日本少年サッカー大会での8人制導入も決まる。2010年になってJリーグは、U-12フェスティバルにおける「当初の目的を達成した」としてU-12フェスティバルの打ち切りを決定した。U-12サッカーフェスティバル大林カップin木島平 フレッシュアイペディアより)

  • 篠永博之

    篠永博之から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    若松少年団の一員として1983年度の全日本少年サッカー大会へ出場し優秀選手に選出。響南中学の一員として1986年度の全国中学校サッカー大会ベスト8進出に貢献し、日本ジュニアユース代表に選出される等、将来を嘱望された選手の一人であった。篠永博之 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島ふれあいスポーツランド

    鹿児島ふれあいスポーツランドから見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    本施設は2004年に開園したスポーツ施設である。県立体育館を元鹿児島県警跡地に建設される予定であった。しかし、一部は現在空き地となっている土地を鹿児島市から土地を買い取り、鹿児島県が2014年にサッカー・ラグビー場(天然芝生2面・人工芝生1面)を完成させた。毎年2月にはJリーグの清水エスパルスがここでキャンプを行っている他、鹿児島ユナイテッドFCも2014年のJFL主催試合のうちの4試合(当初は7試合の予定だったが、施設配置上の都合により3試合が他球場に変更) 、2015年のJFLでも前期を中心に9試合が開催される。2015年度から3年間、全日本少年サッカー大会決勝大会が同地で開催されることが決まっている。鹿児島ふれあいスポーツランド フレッシュアイペディアより)

  • 田島宏晃

    田島宏晃から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    小学生時代は清水FCの一員として伊東輝悦らと共に1986年の全日本少年サッカー大会優勝に貢献。高校は清水東高校に進学し、1年時に高校サッカー選手権静岡県大会最高殊勲選手獲得。2年時には1991年高校総体優勝に貢献。この活躍により日本ユース代表に選出され、翌1992年のAFCユース選手権に出場。3年時には選手権静岡県大会得点王&アシスト王に輝く。田島宏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 綾部美知枝

    綾部美知枝から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    1971年、堀田らの勧めもあって静岡県主催のコーチングスクールに女性として唯一参加。同年、オール清水(清水FCの前身)の監督に就任し風間八宏や大木武らを指導、1973年には第7回全国サッカースポーツ少年団大会に出場し準優勝に導いた。清水FCの監督としては1977年には長谷川健太、大榎克己、堀池巧らを擁して第1回全日本少年サッカー大会優勝、1981年には平岡宏章、古賀琢磨らを擁して第5回大会で3位に導いた。綾部美知枝 フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー協会チーム登録種別

    日本サッカー協会チーム登録種別から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    第4種チームの競技会の代表例としては、小学校のサッカー部よりもクラブチームが多く出場する全日本少年サッカー大会が挙げられるが、同大会には女子小学生年代のチームも参加可能である。日本サッカー協会チーム登録種別 フレッシュアイペディアより)

  • 比嘉厚平

    比嘉厚平から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    2000年に柏レイソルU-12に入団。在籍中、柏レイソルは全日本少年サッカー大会に千葉県代表として2回出場した。第24回大会 (2000年) の時は登録メンバーから外れたが、第26回大会 (2002年) の時はメンバーに入り、ベスト4を経験した。2002年12月にはJFAナショナルトレセンU-12に選出されてトレーニングキャンプに参加した。比嘉厚平 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川誠

    砂川誠から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    7歳の時に兄の影響でサッカーを始める。少年時代は読売クラブ(現・東京V)の三浦知良に憧れており、小学生時代は同クラブの下部組織である読売ユースSでプレーした。濱口和明の指導の下でサッカーの技術を磨き第12回全日本少年サッカー大会では全国優勝を経験している。習志野市立第四中学校を経て市立船橋高校に進学。2年生時には第73回全国高等学校サッカー選手権大会で同校の同大会初優勝に貢献した。1995年度の高円宮杯全日本ユース(U-18)ではベスト4入りを果たした。中学、高校時代の1学年下には北嶋秀朗がいる。砂川誠 フレッシュアイペディアより)

  • 横竹翔

    横竹翔から見た全日本少年サッカー大会全日本少年サッカー大会

    ジュニア時代から平繁と2トップを組み活躍。2000年にはDF・GK登録で全日本少年サッカー大会出場。全日本少年フットサル大会には2年連続で出場し2000年準優勝に貢献、2001年には大会優秀選手に選ばれる。ジュニアユース時代にはFWとして2003年ナイキプレミアカップジャパン優勝に貢献、マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップに出場している。2004年、中学3年時から既にユースに合流し、全広島サッカー選手権大会決勝では中学生ながら大学生相手にゴールを決め、同年Jユースカップにも出場している。横竹翔 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「全日本少年サッカー大会」のニューストピックワード