37件中 11 - 20件表示
  • 切り干し大根

    切り干し大根から見た八丁味噌八丁味噌

    名古屋を中心とする尾張地方では「花切大根」という花の型に抜いた切干大根が売られている。これは、八丁味噌を使った赤出汁の具に用いるものである。切り干し大根 フレッシュアイペディアより)

  • VOICE CREW

    VOICE CREWから見た八丁味噌八丁味噌

    鈴木が「実家の近くに八丁味噌本店がある」と発言したことがある。VOICE CREW フレッシュアイペディアより)

  • 味噌松風

    味噌松風から見た八丁味噌八丁味噌

    愛知県では、八丁味噌などが使用されたものもあるほか、長寿園菓子舗では2色の味噌松風が売られている。味噌松風 フレッシュアイペディアより)

  • カクキュー

    カクキューから見た八丁味噌八丁味噌

    八丁味噌」は、固有の商標ではなく、ほかにも製造している業者がある。そのためここでは、合資会社八丁味噌について述べる。カクキュー フレッシュアイペディアより)

  • 冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP

    冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAPから見た八丁味噌八丁味噌

    本番組とコンビニエンスストア『サークルKサンクス』との共同開発商品として、2011年6月21日から期間限定の弁当『関ジャニ∞MAP弁当』が日本全国の同店舗で販売された。本番組が2011年3月27日放送の回に訪れた愛知県岡崎市にある「まるや八丁味噌」で製造された八丁味噌を使用した弁当で、ハンバーグソースやグラタンの隠し味に八丁味噌が使われている。冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP フレッシュアイペディアより)

  • どて焼き

    どて焼きから見た八丁味噌八丁味噌

    愛知県など中京地方にも同種・同名の料理があるが、どて焼きの名称はあまり一般的でなく「どて煮」「どて」と呼ばれる事のほうが多い。牛すじ以外に豚の臓物を用いることも多く、スーパー・肉屋などではどて煮の材料として、下茹でした牛すじ肉または豚の臓物、あるいは双方ともに売っている店もある。調味料は主に八丁味噌など豆味噌を使う。どて煮とともに串カツを供する店では、頼めば串カツをどて煮の汁に浸してくれる。どて煮をご飯にかけたものをどて飯といい、名古屋名物の一つになっている。中京地方のコンビニエンスストアでは、おでんのメニューの牛すじ串を味噌で煮こんでどて煮風にしたり、どて煮をおにぎりの具にしたものが販売されている。また、「どて飯の素」の名で缶詰やレトルト食品にされたどて煮も店頭に並んでいる。どて焼き フレッシュアイペディアより)

  • 味噌カツ

    味噌カツから見た八丁味噌八丁味噌

    味噌カツは豚カツに、八丁味噌などの豆味噌、鰹出汁、砂糖をベースに店によって様々なものを加えて甘くした独特のタレをかけたもの。一つの惣菜として並ぶこともあれば、カツ丼やかつサンドの形で用いられることもある。味噌ダレは東海地方を中心に市販され、味噌カツだけでなくおでんにも用いられる。味噌カツ フレッシュアイペディアより)

  • 徳田ねぎ

    徳田ねぎから見た八丁味噌八丁味噌

    白ねぎ、青ねぎの両者の特徴がある為、薬味、すき焼きなど様々な利用方法がある。赤味噌との相性が良いと言われ、この地域は焼いたり煮たりした徳田ねぎを、出汁などで溶いた八丁味噌を付けるといった食べ方がある。徳田ねぎ フレッシュアイペディアより)

  • もつ煮

    もつ煮から見た八丁味噌八丁味噌

    中部地方のもつ煮は、豚の内臓をこんにゃくとともに八丁味噌で煮込んだ「土手煮」(単に「どて」と呼ばれる場合もある)が主流であり、関東のもつ煮込みと比較するとより味が濃く甘辛いものが多い。具材にはゆで卵が加わることもある。長野県の郷土料理には馬の腸を使った「おたぐり」がある。また山梨県には鳥もつ煮があり、「甲府鳥もつ煮」との名称でB-1グランプリに出展している。もつ煮 フレッシュアイペディアより)

  • 串カツ

    串カツから見た八丁味噌八丁味噌

    名古屋など中京地方でどて煮とともに串カツを供する店で頼めば、どて煮の八丁味噌の煮汁に串カツを浸けてくれる。なお、どて煮の汁に串カツを浸けて食べるのが名古屋めしの一つである味噌カツの始まりとの説もある。串カツ フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「八丁みそ」のニューストピックワード