48件中 31 - 40件表示
  • 岡崎活性化本部

    岡崎活性化本部から見た八丁味噌八丁味噌

    岡崎まぜめんは、2012年8月、八丁味噌のまち岡崎で新たに生み出されたご当地グルメ。当該プロジェクトの事務局が岡崎活性化本部内に置かれている。岡崎活性化本部 フレッシュアイペディアより)

  • 麹

    から見た八丁味噌八丁味噌

    豆に麹菌を増殖させたもので、タンパク質が多いため旨みの多い味噌が出来上がる。大豆を使用した物は八丁味噌を代表とする豆味噌に用いられる事が多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 味噌田楽

    味噌田楽から見た八丁味噌八丁味噌

    東海地方では、東は静岡県菊川市あたりから愛知県岡崎市にかけて菜飯田楽を出す店が多く、西寄りではたとえば愛知県犬山市や岐阜県岐阜市の岩井山付近でも菜飯田楽が知られており、かなり遠方からも客が通う店がある。特に愛知県豊橋市には文政年間(1818年-1830年)創業の「きく宗」があり、東海道五十三次の吉田宿の名物料理のひとつであったと言われる赤味噌の豆腐の田楽と菜飯をセットにした菜飯田楽を、現在も地元の名物料理として前面に出している。味噌田楽 フレッシュアイペディアより)

  • コーミ

    コーミから見た八丁味噌八丁味噌

    特に、主力商品の「こいくちソース」は、八丁味噌を好む中京圏の消費者のこいくち嗜好を捉えており、「地域ナンバーワン」や「中部での代表的な味覚」と表現されるほどの強いブランド力を持ち、中部地区のソースの定番となっている。コーミ フレッシュアイペディアより)

  • 麻婆豆腐

    麻婆豆腐から見た八丁味噌八丁味噌

    八丁味噌や甜麺醤などでトウチを代用することを陳建民が発案した。麻婆豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • ウスターソース

    ウスターソースから見た八丁味噌八丁味噌

    中京圏では、こいくちソースと呼ばれる独特のソースが好まれている。名古屋では、古くより八丁味噌や溜り醤油のように、味の濃いものが好まれる傾向がある。そのためソースにおいても、ウスターソースをより濃くした「こいくちソース」が開発・販売されるようになった。愛知県に本社を置く食品会社のカゴメやコーミなどから販売されている。ウスターソース フレッシュアイペディアより)

  • カツ丼

    カツ丼から見た八丁味噌八丁味噌

    愛知県名古屋市周辺では、一般的な卵とじのカツ丼の他に、八丁味噌を用いた郷土料理の味噌カツからの派生である「味噌カツ丼」が提供されている。味噌カツ丼は全国チェーンのかつやや松乃家などでもメニューに採用されており、東海地方以外の地域においても一定の認知度を獲得している。カツ丼 フレッシュアイペディアより)

  • おでん

    おでんから見た八丁味噌八丁味噌

    この「味噌おでん」は地域によって多少の差はあれど、八丁味噌をベースとした甘めの汁でダイコン、こんにゃく等の種を煮込む。味噌の煮汁には豚のモツやバラ肉を入れてどて煮にしたり、味噌カツのたれにされることも多い。また、だし汁ではなく湯で茹でた後、味噌をつけて食する味噌田楽(正確には煮込み田楽)もある。つける味噌は五平餅同様の甘味噌である。おでん フレッシュアイペディアより)

  • ゆで卵

    ゆで卵から見た八丁味噌八丁味噌

    ゆで卵を八丁味噌の中に入れてじっくり煮込んだ愛知県の料理。ゆで卵 フレッシュアイペディアより)

  • 味噌パン

    味噌パンから見た八丁味噌八丁味噌

    この他、愛知県では自宅でトーストなどに八丁味噌系の合わせ味噌を塗ってたべる人もおり、これも味噌パンと呼ばれることがある。味噌パン フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「八丁みそ」のニューストピックワード