1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 味噌

    味噌から見た八丁味噌八丁味噌

    豆の赤味噌は蒸し大豆(或は煮大豆)と豆麹を用い、米の赤味噌よりも熟成期間が長いので、その色は米の赤味噌よりもさらに赤みが強く黒味を帯びた濃い赤茶色である。米味噌や麦味噌に比べて甘味が少なく、渋味がありうまみが強いのが、大きな特徴である。豆味噌を主として消費するのは中京圏の愛知県全域、岐阜県美濃地方の中南部・西部、三重県北東部に限られる。豆味噌では、八丁味噌が代表的である。味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 麻婆豆腐

    麻婆豆腐から見た八丁味噌八丁味噌

    日本では陳建民の工夫の1つであるが、甜麺醤やその代用に八丁味噌等を加えることもある。麻婆豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • カツ丼

    カツ丼から見た八丁味噌八丁味噌

    丼飯の上に下味以外に味を付けないトンカツと大根おろしを乗せ、好みで、一味唐辛子、七味唐辛子、白醤油、濃口醤油、ポン酢、刻み海苔、刻みネギなどをかけて食べる「おろしカツ丼」は、大阪周辺では一般的なメニューになりつつある。「別れ」(具を丼飯の上に乗せず、調理時の手鍋に入れたままの状態)で供する店も多く冷製のものもある。愛知県名古屋市周辺では卵とじのカツ丼が一般的ではあるものの、八丁味噌を用いた郷土料理の味噌カツの派生として「味噌カツ丼」を扱うところが少数ながら存在する。カレーやクリームシチューをかけた「カレーかつ丼」「シチューカツ丼」も一部で提供されている。カツとカレーおよび飯の組み合わせはカツカレーに近いが、カレーはカレー丼にならい、出汁とかえしで和風に味付けしたり、うどん粉でとろみをつけたものを使う場合もある。主体がカレーである店では「カツカレー丼」と呼ばれることもある。山形県西村山郡河北町には、醤油やソースをベースにスパイスを加えてカレー風味にしたタレをかける「カレー風味カツ丼」がある。そのほか、塩ダレをかけたもの、もしくはタレを使わずトンカツに塩味のみをつけて揚げる「塩カツ丼」(東京の一部店舗など)、トマトとタマネギなどを煮た酸味のあるソースをかける「トマトカツ丼」といった変り種も存在する。カツ丼 フレッシュアイペディアより)

  • ウスターソース

    ウスターソースから見た八丁味噌八丁味噌

    中京圏では、こいくちソースと呼ばれる独特の濃厚ソースが好まれている。名古屋では、古くより八丁味噌や溜り醤油のように、濃い目の味が好まれる傾向がある。そのためソースでも、ウスターソースをより濃くした「こいくちソース」が開発販売されるようになった。現在では愛知県名古屋市に本社を置く食品会社のカゴメやコーミからそれぞれ販売されている。中京圏のスーパーなどではよく見かけ、ソース売り場の大半を占めている。液には粘りがなく、さらさらとしている。ウスターソース フレッシュアイペディアより)

  • 刈谷パーキングエリア

    刈谷パーキングエリアから見た八丁味噌八丁味噌

    自家製麺のラーメンや名古屋きしめんが販売されているフードコート(150席)、伊勢志摩の名産を販売している店などがある。他にも、八丁味噌ソフトクリームや地雷也の天むす、藤田屋の大あんまきなどの、地元名物なども販売している。刈谷パーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋テレビ放送

    名古屋テレビ放送から見た八丁味噌八丁味噌

    同局に限らず在名局全てにおいて言えることだが、在名局製作アニメで放送対象エリアの生活文化(八丁味噌やひつまぶしなどの名産品、名古屋弁や三河弁などの方言)を扱った作品は、テレビ愛知で放送した『やっとかめ探偵団』以外には存在せず、むしろ無国籍風の作品が多い。最も日本の生活文化が描写していた同局製作の『無敵ロボトライダーG7』においても、舞台は(はっきりと示してはいないが)東京の下町風であった。対して在阪局製作アニメでは、大阪西成区を舞台にした毎日放送製作の『じゃりン子チエ』が有名なように、放送対象エリア内を舞台にした作品が幾つかあるのとは対照的である。名古屋テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 味噌饅頭

    味噌饅頭から見た八丁味噌八丁味噌

    名産品である八丁味噌を使用したあんが入っている。味噌饅頭 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「八丁みそ」のニューストピックワード