1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 尾張国

    尾張国から見た八丁味噌八丁味噌

    現在に到る文化もこの時代に形成された。義直は徳川家の総本拠たる岡崎から職人を招いて八丁味噌を作らせた。現代でも「名古屋と言えばミソ文化」とされ、味噌煮込みうどん、味噌カツ、味噌おでんといった他の地方にはない独特の食文化として認知されている。他に三河芋川が発祥とされる「いもかわうどん」が名古屋できしめんとして人々に愛され、現代に到っている。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 味噌松風

    味噌松風から見た八丁味噌八丁味噌

    愛知県では、八丁味噌などを使用したものがある。例えば、八丁味噌饅頭を売っている旭軒元直では大樹寺松風を売っている。また、長寿園菓子舗では2色の味噌松風を売っている。味噌松風 フレッシュアイペディアより)

  • カクキュー

    カクキューから見た八丁味噌八丁味噌

    カクキューは、愛知県岡崎市に本社がある合資会社八丁味噌の商標。「八丁味噌」は固有の商標ではなく、ほかにも製造業者が存在するため、本記事では合資会社八丁味噌について述べる。カクキュー フレッシュアイペディアより)

  • まるや八丁味噌

    まるや八丁味噌から見た八丁味噌八丁味噌

    株式会社まるや八丁味噌(まるやはっちょうみそ)は、愛知県岡崎市に本社を置く八丁味噌メーカー。大田家の口伝によれば創業は1337年(延元2年)といわれる。個人、団体どちらでも工場見学もできる(蒟蒻田楽、お土産付)。まるや八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 赤だし

    赤だしから見た八丁味噌八丁味噌

    元々は「味噌に鰹節を混ぜて摺り合わせたものを煮立てて、それを漉しただし汁を使ってナメコ汁などに仕立てる」という料理あるいはその手順を言ったものであった。八丁味噌などの豆味噌に米味噌を合わせたものを呼ぶ事もあり、そこから転じて豆味噌をベースに米味噌、調味料(昆布や鰹節の出汁など)を配合した調合味噌も「赤だし」あるいは「赤だし味噌」と呼び、東海地方を主な産地とする。赤だし フレッシュアイペディアより)

  • 備前屋

    備前屋から見た八丁味噌八丁味噌

    その他、岡崎市が発祥の地である八丁味噌を用いた、様々な和菓子がある。備前屋 フレッシュアイペディアより)

  • 刈谷パーキングエリア

    刈谷パーキングエリアから見た八丁味噌八丁味噌

    ラーメンや名古屋きしめんが販売されているフードコート、伊勢志摩の名産を販売している店などがある。他にも、八丁味噌ソフトクリームや天むす、藤田屋の大あんまきなどの、地元名物なども販売している。刈谷パーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • 味噌カツ

    味噌カツから見た八丁味噌八丁味噌

    八丁味噌などの豆味噌のベースに店によって鰹出汁、砂糖など様々なものを加えた独自のタレを豚カツにかけたもの。一つの惣菜として並ぶこともあれば、カツ丼やカツサンドの形で用いられることもある。味噌ダレは東海地方を中心に市販され、味噌カツだけでなくおでんにも用いられる。味噌カツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示

「八丁みそ」のニューストピックワード