54件中 11 - 20件表示
  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た連続テレビ小説

    2006年4月から同年9月まで放送されたNHKの連続テレビ小説『純情きらり』の舞台が八丁味噌の蔵元であったため、近年ではより全国的にその名が知られるようになった。これと連動して名古屋めしブームが起こり、今まで名古屋圏以外では敬遠されがちであった赤味噌料理を求めて名古屋に訪れる観光客も増加傾向にある。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た知多半島

    岡崎市の矢作川地域で収穫される矢作大豆と、知多の成岩(ならわ - 半田市)や饗庭(あえば - 吉良町)でつくられる塩を用いて、主に八丁村で作られていたことから、八丁味噌と呼ばれた。八丁村は岡崎城より西へ八町(約800m)離れていたことが村名の由来とされ、現在の愛知県岡崎市八帖町にあたる。2社とも東海道を挟んで南北にある。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た日光東照宮

    八丁味噌は「三河味噌」や「三州味噌」とも呼ばれ、江戸時代は江戸へ海運の便で出荷されていた。徳川家康の廟所である日光東照宮の造営にあたっては、宮大工たちの食料に岡崎の八丁味噌が用いられたと言われている。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た大豆

    米麹や麦麹を用いず、原材大豆の全てを麹にした豆麹で作られる豆味噌のうち、現在の愛知県岡崎市八帖町にて生産されてきたものを指す。名古屋圏では「味噌汁」といえば豆味噌を用いた赤い汁のものが一般的であり、八丁味噌も他の豆味噌同様、濃い赤褐色をしているのが特徴である。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た地域団体商標

    2006年4月1日、地域団体商標制度がスタートしたのに伴い、岡崎市内の2社(カクキュー、まるや八丁味噌)からなる「八丁味噌協同組合」は同じ月に『八丁味噌』を商標出願した。しかし、愛知県全体の業界団体である「愛知県味噌溜醤油工業協同組合」は、2社のみが名称の独占使用するのはおかしいと主張し、その後二者による協議が行われたが、それも物別れに終わったため、後者は『愛知八丁味噌』の名称を出願することとなった。ただし2016年現在も、双方共に商標認定されていない。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見たカクキュー

    1981年12月、合資会社八丁味噌(カクキュー)は、指定商品を、第三一類「調味料香辛料 食用油脂 乳製品」とし、漢字8文字を一連に縦書した「合資会社八丁味噌」なる商標を出願した(昭和五六年商標登録願第一〇七五一〇号)。しかし1983年3月に拒絶査定が下される(昭和五八年審判第一三〇二六号事件)。また、後に審判請求するも不成立となっている(東京高等裁判所 平成元年(行ケ)112号)。この際、東京高裁は「『八丁味噌』とは、愛知県岡崎市を主産地とし、大豆を原料とする豆味噌の一種であり、『八丁味噌』なる文字は、該商品を指称する普通名称であると認められる」ことを根拠として、カクキュー一社による商標出願を斥けた。ただしこれはあくまで「合資会社八丁味噌」という8文字の言葉に対してであり、「八丁味噌」という言葉に対する拒絶を意味するものではない。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た日本放送協会

    2006年4月から同年9月まで放送されたNHKの連続テレビ小説『純情きらり』の舞台が八丁味噌の蔵元であったため、近年ではより全国的にその名が知られるようになった。これと連動して名古屋めしブームが起こり、今まで名古屋圏以外では敬遠されがちであった赤味噌料理を求めて名古屋に訪れる観光客も増加傾向にある。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た岡崎市

    八丁味噌(はっちょうみそ)とは、愛知県岡崎市八帖町で生産されている長期熟成させた豆味噌。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た地理的表示

    産品の名称(地理的表示、GI)を知的財産として登録し、保護する制度である「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」が2014年6月25日に制定された。この「地理的表示保護制度」の登録をめぐって岡崎市の老舗2社が外されたことが現在大きな波紋を呼んでいる。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た町 (単位)

    岡崎市の矢作川地域で収穫される矢作大豆と、知多の成岩(ならわ - 半田市)や饗庭(あえば - 吉良町)でつくられる塩を用いて、主に八丁村で作られていたことから、八丁味噌と呼ばれた。八丁村は岡崎城より西へ八(約800m)離れていたことが村名の由来とされ、現在の愛知県岡崎市八帖町にあたる。2社とも東海道を挟んで南北にある。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「八丁みそ」のニューストピックワード