54件中 41 - 50件表示
  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た矢作川

    岡崎市の矢作川地域で収穫される矢作大豆と、知多の成岩(ならわ - 半田市)や饗庭(あえば - 吉良町)でつくられる塩を用いて、主に八丁村で作られていたことから、八丁味噌と呼ばれた。八丁村は岡崎城より西へ八町(約800m)離れていたことが村名の由来とされ、現在の愛知県岡崎市八帖町にあたる。2社とも東海道を挟んで南北にある。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た日清戦争

    日清戦争では広島大本営へ納入された。マナスル登山隊(1956年に初登頂成功)や南極観測隊の携行食品にも採用された八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た南極地域観測隊

    日清戦争では広島大本営へ納入された。マナスル登山隊(1956年に初登頂成功)や南極観測隊の携行食品にも採用された八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た

    2社ある製造業者の一つ、まるや八丁味噌の場合、直径・高さとも2メートル程度の桶200本(カクキューは約5倍)にそれぞれ約6トンの味噌を仕込み、布(カクキューは木蓋)をかぶせた上から合計約3トンの石を手積みする。大きさや形が異なる大小様々な石(外約60kg、内11kg、頂点9?)を加重が均一になるよう組み合わせ、「二夏二冬」熟成させる。一番上の『まんじゅう石』が重要と言われる。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た中区 (名古屋市)

    岡崎の「まるや八丁味噌」と「カクキュー」の2社は同法が施行された2015年6月1日にGIへ登録を申請した。続いて同年6月24日、名古屋市中区に事務所を置く「愛知県味噌溜醤油工業協同組合」も登録を申請した。GIを管轄する農林水産省は「岡崎だけでなく、県内全域で長く生産されてきた」と両者に一本化を要請。「登録された製法は、県内で豆味噌を造れば全て八丁味噌を名乗れる内容で、今の枠組みには参加できない」と不満をあらわした岡崎2社は同省と折り合えないと判断、2017年6月に申請を取り下げた。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た御用達

    カクキューの八丁味噌は1901年12月28日に宮内省御用達を拝命している。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見たマナスル

    日清戦争では広島大本営へ納入された。マナスル登山隊(1956年に初登頂成功)や南極観測隊の携行食品にも採用された八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た愛知県

    八丁味噌(はっちょうみそ)とは、愛知県岡崎市八帖町で生産されている長期熟成させた豆味噌。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た八帖町

    八丁味噌(はっちょうみそ)とは、愛知県岡崎市八帖町で生産されている長期熟成させた豆味噌。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た

    米麹麦麹を用いず、原材大豆の全てをにした豆麹で作られる豆味噌のうち、現在の愛知県岡崎市八帖町にて生産されてきたものを指す。名古屋圏では「味噌汁」といえば豆味噌を用いた赤い汁のものが一般的であり、八丁味噌も他の豆味噌同様、濃い赤褐色をしているのが特徴である。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「八丁みそ」のニューストピックワード