42件中 11 - 20件表示
  • 革新自由連合

    革新自由連合から見た八代英太八代英太

    全国区制が廃止され厳正拘束名簿式比例代表制が採用された1983年の第13回参院選を前にして路線や名簿順位をめぐって対立が生じ(主だった理由は、中山が当選後に盟友の矢崎泰久との間で交わしていた、『1983年の参議院選挙で当選させる』という約束を盾に、彼の名簿1位以外は認められないと強硬に主張したこと)、青島幸男、横山ノック、八代英太が離脱、さらには双方の和解に腐心していた秦豊が和解は無理と判断して離脱したことから、事実上空中分解してしまう(もっとも「無党派クラブ」自体は存続)。そのため比例代表選挙の名簿団体として無党派市民連合を結成。永六輔、矢崎泰久、岩城宏之、長谷川きよしらを立てて戦うも、無党派市民連合は議席を得ることができずに終わった。革新自由連合 フレッシュアイペディアより)

  • あなたが選ぶスター紅白歌合戦

    あなたが選ぶスター紅白歌合戦から見た八代英太八代英太

    10月10日放送分では「お笑い大会」と題し、初代林家三平、佐々十郎、八代英太らが出演した。あなたが選ぶスター紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ系列平日昼の情報番組枠

    日本テレビ系列平日昼の情報番組枠から見た八代英太八代英太

    初の番組は、開局して4年目の1957年4月に開始した『婦人ニュース(第1期)』。その後、1968年9月から参議院選挙で当選した青島幸男と横山ノックを司会に迎えた『お昼のワイドショー』が開始。当初は別々に司会を担当していたが、まもなく2人で担当、その後、同じタレント議員の中山千夏と八代英太を補佐役に迎え、人気を確立。この間、「女の事件」「テレビ公開捜査」「あなたの知らない世界」などの企画が生まれた。その後、司会は古今亭志ん馬や砂川啓介らに代わったが、1987年10月で19年の歴史に幕を降ろした。日本テレビ系列平日昼の情報番組枠 フレッシュアイペディアより)

  • MPD・平和と民主運動

    MPD・平和と民主運動から見た八代英太八代英太

    結成時の呼びかけ人は、田英夫、横路孝弘、八代英太、斎藤まさし(本名:酒井剛)らであった。斎藤は田の娘婿である。MPD・平和と民主運動 フレッシュアイペディアより)

  • 沢たまき

    沢たまきから見た八代英太八代英太

    小沢一郎の要請もあり1995年頃より政治活動に転向、翌1996年第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で東京12区から出馬するも約1200票差の次点で落選(なお、当選者は同じく元タレント・参議院議員で自由民主党公認の八代英太)。新進党解党後は1998年の参議院議員選挙(比例区)で当選、厚生労働委員会委員などを務めていた。沢たまき フレッシュアイペディアより)

  • 政見放送削除事件

    政見放送削除事件から見た八代英太八代英太

    当該政見放送中、雑民党党首の東郷健は、視覚障害者の竜鉄也や、足の不自由な八代英太らと協力して『太陽はいらない』というコンサートを挙行した時のエピソードとして、「『メカンチ、チンバの切符なんか、だれが買うかいな』と言われて、あまり売れませんでした。このような差別がある限り、この世に幸福はありません」と主張した。政見放送削除事件 フレッシュアイペディアより)

  • 小西理

    小西理から見た八代英太八代英太

    2005年の郵政国会では衆議院本会議の郵政法案採決では、反対票を投じた。このため、2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず、自民党に離党届を提出し、無所属で滋賀県第2区から出馬するが、落選(離党届を提出して立候補をしたのは、小西の他は八代英太だけであった)。政治活動の休止を宣言したが、2010年7月11日の第22回参議院議員通常選挙に滋賀県選挙区から無所属で立候補し、落選した。2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では滋賀県第4区から出馬するも落選。小西理 フレッシュアイペディアより)

  • 自公連立政権

    自公連立政権から見た八代英太八代英太

    自民党議員では平沢勝栄が2000年(平成12年)の総選挙を前に自公政権を批判、特に支持母体創価学会への批判を展開、幹事長の野中広務から「公明党批判は一切行わない」との一筆を取られ、自民党の小選挙区候補者中最後にようやく党公認が決定した。しかし、立候補する選挙区に公明党の山口那津男も立候補をしていたことから平沢は選挙中から公明党批判を行い、公明党も平沢落としのため猛烈な運動を展開、「与党対決」として全国的な注目を浴びたが、平沢は山口を下した。連立政権樹の期間中小選挙区における自公の直接対決はこの一度だけである(2005年(平成17年)に自民党を離党した八代英太と公明党太田昭宏の直接対決はあった)また平沢は自民党議員の中では唯一、一貫して自公政権を批判し続けた。平沢に敗れた山口は以後、直接対決を避け、参議院に鞍替えするようになった。政権末期には選挙の日程等を巡る問題から、自民党幹部から公明党との選挙協力に疑問が出るようになり古賀誠選対委員長が地方の講演の中で「比例区では公明党」にという表現に言及、「比例区も自民党へ」と発言し公明党幹部が困惑するなど選挙協力については微妙な関係が続いた。公明党幹部からは2005年(平成17ね)と2007年(平成19年)の選挙結果に触れ一部選挙協力の見直しを問う声や自民党議員のスキャンダルや発言を問いただす声はあったがそれ以外で自公政権を批判した議員はいなかった自公連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 地域振興券

    地域振興券から見た八代英太八代英太

    与党である自由民主党からも「ばら撒き政策」だと強い批判が挙がったが、公明党の強い要望により導入された。当時内閣官房長官であった野中広務が「(以前から公明が主張していた地域振興券は)天下の愚策かも知れないが、7000億円の国対費だと思って我慢して欲しい」と後に話したといわれている。また公明との連立は学会票を得るための選対であること、その見返りが公明党の要望する地域振興券だった旨が述べられている。なお自由民主党内部でも、八代英太代議士(当時)など賛同の立場で活動した者もいた。地域振興券 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女性党

    日本女性党から見た八代英太八代英太

    日本女性党は当初、各候補者に本名を名乗らせずに榎党首の名前を冠し、活動地域にあわせ「榎・東京」「榎・大阪」といった名称で立候補させるという戦術を発表した。これは1963年の第30回衆議院議員総選挙時の「肥後亨事務所」による「背番号候補」や比例代表制に着想を得たものであった。これに対し全国の選挙管理委員会は、「「榎・東京」等は公職選挙法施行令にいう「通称」には当たらない」とし、これらの名称による立候補届出を受け付けないと相次いで表明。結局各候補者は本名で立候補することになった。この選挙では扇千景・八代英太・横山ノック・一龍齋貞鳳・俵萌子・ばばこういちら通称(通名)での立候補が認められた候補者が大勢いたことから、榎党首は当初選管の対応を不服として各選管に異議申し立てを行う構えを見せた。しかし告示(公示)日が近づき、届出が受け付けられなければ選挙自体に参加できないため選管の措置を受け入れた。日本女性党 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示