51件中 11 - 20件表示
  • 身体障害

    身体障害から見た八代英太八代英太

    八代英太(元・参議院議員、衆議院議員、郵政大臣)身体障害 フレッシュアイペディアより)

  • 牧村 三枝子

    牧村三枝子から見た八代英太八代英太

    想い出づくり(デュエット:岩渕守志) c/w 嫁ぐ日に(デュエット:八代英太) (1987年7月22日・同 07TR-1126, 1 MSCL-11086)牧村三枝子 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮徳馬

    宇都宮徳馬から見た八代英太八代英太

    1983年第13回参議院議員通常選挙では、田英夫や八代英太らを中心に結成されたMPD・平和と民主運動の推薦人となった。1986年、第14回参議院議員通常選挙に際し山本コウタロー、國弘正雄、片岡勝らが平和運動を主体にした政党「ピース・スタジオ」を立ち上げ、宇都宮を比例代表名簿1位に据えての立候補を企図したが、出馬を断念。その後、小杉隆の説得に応じて新自由クラブの比例代表名簿1位に登載され、比例区で当選する。新自由クラブ解党後は無所属のまま、田川誠一が代表を務める進歩党に間接的に協力した。1992年の第16回参議院議員通常選挙には出馬せず、政界を引退した。1997年には、それまで合資会社だったミノファーゲン製薬を株式会社に改組する。宇都宮徳馬 フレッシュアイペディアより)

  • アンダーパー

    アンダーパーから見た八代英太八代英太

    藤原は養成所に入る前、元・よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の大蛇が村にやってきたで、現日本維新の会参議院比例区支部長の富山泰庸が塾頭をしていた政治塾にて、東京商工会議所副会頭、日経連常任理事などを歴任した中西真彦から教えを受けていた。その流れで元郵政大臣の八代英太の選挙事務所で手伝いをした事もある。アンダーパー フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤まさし

    斎藤まさしから見た八代英太八代英太

    1983年、参議院議員の田英夫元社会民主連合代表や八代英太、宇都宮徳馬らと政治団体「MPD・平和と民主運動」を立ち上げ、1996年には市民の党を結成。市民の党は関東圏を中心に、地方議会に議員を送り込んでいる。また斎藤の呼びかけにより、主に民主党から国政選挙に立候補した候補者の選挙支援が目的の、市民の党から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」も立ち上げられている。かつてはわしお会代表や、『わしお英一郎東京応援団』会計責任者を務めていた。なお「市民の党」「わしお会」「わしお英一郎東京応援団」は所在地が同一で、会計責任者も同一人物が務めている。2015年5月26日、同年4月12日に行われた、静岡市市長選挙を巡る公職選挙法違反で、旧高田薬局創業者の妹の立候補のサポート役に徹したが、その創業者らとともに静岡県警に逮捕された。斎藤まさし フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た八代英太八代英太

    最高裁判所が北海道開発庁(現・国土交通省北海道開発局)受注の公共工事を巡る受託収賄罪等4つの罪に問われていた鈴木宗男衆議院外務委員長(新党大地・比例北海道ブロック)の上告を棄却、その後異議申し立てをおこなったが、15日に却下されたため、懲役2年の実刑判決・有罪が確定これにより議員失職、5年間の公民権停止が確定した。失職に伴い、既に離党していた比例第二位の八代英太を飛び越え比例3位の浅野貴博が繰り上げ当選した。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • あなたが選ぶスター紅白歌合戦

    あなたが選ぶスター紅白歌合戦から見た八代英太八代英太

    「お笑い大会」と題して行われた10月10日放送分には、初代林家三平、佐々十郎、八代英太らが出場した。あなたが選ぶスター紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た八代英太八代英太

    他に、政策的な一致でなく選挙対策のために集まった政党として、1983年分裂直前の革新自由連合が挙げられる。この集団が1983年に集結したのは、そもそも、参議院全国区で上位当選をしてきたタレント議員たちが、1983年の参議院選挙制度改正(全国区の大選挙区の廃止。厳正拘束名簿式比例代表制導入)により、無所属のままでの全国区立候補ができなくなったため、今までと同じスタイルで選挙に立つための便宜的な「政党」を必要としていたからであった。同党は中山千夏が代表であったが、政治的主張がまったく異なる、自民党小渕派の八代英太(後の郵政大臣)や横山ノック(後の大阪府知事)が加入していた。無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 太田昭宏

    太田昭宏から見た八代英太八代英太

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、郵政民営化法案の採決で反対票を投じた八代英太(自民党の公認が得られず無所属で出馬)らを破り、5選。太田昭宏 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県立笛吹高等学校

    山梨県立笛吹高等学校から見た八代英太八代英太

    八代英太(元国会議員)※石和高校出身山梨県立笛吹高等学校 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示