51件中 21 - 30件表示
  • ドンとこいチビゴン!!

    ドンとこいチビゴン!!から見た八代英太八代英太

    小学校高学年から中学校低学年までの少年少女を招いていた子供向けの公開番組で、毎回彼らがさまざまな遊びをする模様を放送していた。司会は八代英太と岡崎友紀が務めていた。ドンとこいチビゴン!! フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ平和サミット東京大会

    スポーツ平和サミット東京大会から見た八代英太八代英太

    参加者 - 八代英太(司会)スポーツ平和サミット東京大会 フレッシュアイペディアより)

  • 国際スポーツ振興協会

    国際スポーツ振興協会から見た前島英三郎八代英太

    前島英三郎、栗本慎一郎(以上、2010年10月-)他国際スポーツ振興協会 フレッシュアイペディアより)

  • 崇教真光

    崇教真光から見た八代英太八代英太

    これまで参議院の比例区選挙において八代英太、小野清子、橋本聖子、釜本邦茂、森元恒雄、衛藤晟一、有村治子といった候補を支援してきた。崇教真光 フレッシュアイペディアより)

  • 地域振興券

    地域振興券から見た八代英太八代英太

    与党である自由民主党からも「ばら撒き政策」だと強い批判が挙がったが、公明党の強い要望により導入された。当時の内閣官房長官の野中広務が「(以前から公明党が主張していた地域振興券は)天下の愚策かも知れないが、7000億円の国会対策費だと思って我慢して欲しい」と、後に話したといわれている。また公明党との自公連立政権は、創価学会票を得るための選挙対策であること、その見返りが公明党の要望する地域振興券だった旨が述べられている。なお自由民主党内部でも、八代英太代議士(当時)など賛同の立場で活動した者もいた。地域振興券 フレッシュアイペディアより)

  • 深谷隆司

    深谷隆司から見た八代英太八代英太

    2005年の第44回衆議院議員総選挙の大きな争点の1つであった郵政民営化に関しては、自民党の郵政相経験者である野田聖子、自見庄三郎、八代英太らが反対を唱えて離党する中、早々に賛意を表明し東京2区から自民党公認で出馬。民主党の中山義活に比例復活すら許さない大差をつけて圧勝し、5年ぶりに国政へ復帰した。なお、自民党の内規では小選挙区で2回連続で敗退し比例復活も出来なかった候補者は公認を受けられないが、特例で立候補が認められた。深谷隆司 フレッシュアイペディアより)

  • 沢たまき

    沢たまきから見た八代英太八代英太

    小沢一郎の要請もあり1995年頃より政治活動に転向、翌1996年第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で東京12区から出馬するも約1200票差の次点で落選(当選者は同じく元タレント・参議院議員で自由民主党公認の八代英太)。1998年の参議院議員選挙(比例区)で当選、厚生労働委員会委員などを務めていた。沢たまき フレッシュアイペディアより)

  • 田英夫

    田英夫から見た八代英太八代英太

    1978年3月、社会民主連合の結成に参画し、初代代表となった。 1983年、横路孝弘、八代英太らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人となり、事実上の中心人物でもあった。田英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 政見放送削除事件

    政見放送削除事件から見た八代英太八代英太

    当該政見放送中、雑民党党首の東郷健は、視覚障害者の竜鉄也や、足の不自由な八代英太らと協力して「太陽はいらない」というコンサートを挙行した時のエピソードとして、「『メカンチ、チンバの切符なんか、だれが買うかいな』と言われて、あまり売れませんでした。このような差別がある限り、この世に幸福はありません」と主張した。政見放送削除事件 フレッシュアイペディアより)

  • 脊髄損傷

    脊髄損傷から見た八代英太八代英太

    八代英太 - 元タレント。ステージから転落し脊髄を損傷。後に車椅子生活を送りながら衆議院議員・参議院議員を務め、郵政大臣を歴任。脊髄損傷 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示