42件中 31 - 40件表示
  • 脊髄損傷

    脊髄損傷から見た八代英太八代英太

    八代英太 - 元タレント。ステージから転落し脊髄を損傷。後に車椅子生活を送りながら衆議院議員・参議院議員を務め、郵政大臣を歴任。脊髄損傷 フレッシュアイペディアより)

  • 1937年

    1937年から見た八代英太八代英太

    6月2日 - 八代英太、政治家・元民放アナウンサー・タレント1937年 フレッシュアイペディアより)

  • 田英夫

    田英夫から見た八代英太八代英太

    1978年3月、社会民主連合の結成に参画し初代代表となった。 1983年、横路孝弘、八代英太らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人となり事実上の中心人物でもあった。田英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 障害を持つアメリカ人法

    障害を持つアメリカ人法から見た八代英太八代英太

    八代英太『ADAの衝撃 障害をもつアメリカ人法』学宛社 1991年 ISBN 978-4761491116障害を持つアメリカ人法 フレッシュアイペディアより)

  • たけし軍団

    たけし軍団から見た八代英太八代英太

    田代まさしが不祥事を起こした際も軍団入りの情報が出た。だが、田代が実刑判決を下された後に、たけしが「あんな野郎に関わりたくはない」とコメントとしたと報じられて、田代の軍団入りは実現していない。ただし、インタビューでは、車椅子の国会議員である八代英太をもじった田代英太という芸名で車椅子に乗せようとメールを送ったが、田代に断られたと話している。たけし軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 身体障害

    身体障害から見た八代英太八代英太

    八代英太(元・参議院議員、衆議院議員、郵政大臣)身体障害 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た八代英太八代英太

    他に、政策的な一致でなく選挙対策のために集まった政党として、1983年分裂直前の革新自由連合が挙げられる。この集団が1983年に集結したのは、そもそも、参議院全国区で上位当選をしてきたタレント議員たちが、1983年の参議院選挙制度改正(全国区の大選挙区の廃止。厳正拘束名簿式比例代表制導入)により、無所属のままでの全国区立候補ができなくなったため、今までと同じスタイルで選挙に立つための便宜的な「政党」を必要としていたからであった。同党は中山千夏が代表であったが、政治的主張がまったく異なる、自民党小渕派の八代英太(後の郵政大臣)や横山ノック(後の大阪府知事)が加入していた。無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 太田昭宏

    太田昭宏から見た八代英太八代英太

    2003年の第43回衆議院議員総選挙では比例単独から東京都第12区に国替えし、初めて小選挙区で当選を果たす。この選挙では自由民主党、保守新党の推薦を受けた(保守新党は選挙後自民党へ合流)。2005年の第44回衆議院議員総選挙では、郵政民営化法案の採決で反対票を投じた八代英太(自民党の公認が得られず無所属で出馬)らを破り、5選。翌2006年、神崎武法の退任に伴う公明党代表選挙に立候補し、太田以外に立候補者がなかったため無投票で党代表に選出された。太田昭宏 フレッシュアイペディアより)

  • 八代町 (山梨県)

    八代町 (山梨県)から見た八代英太八代英太

    八代英太:元郵政大臣。八代町 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 山梨放送

    山梨放送から見た八代英太八代英太

    八代英太(1957年?1963年在籍、タレント→前衆議院議員)山梨放送 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示