51件中 31 - 40件表示
  • 日本福祉党

    日本福祉党から見た八代英太八代英太

    八代英太がかつて代表を務めた「福祉党」とは無関係である。日本福祉党 フレッシュアイペディアより)

  • たけし軍団

    たけし軍団から見た八代英太八代英太

    田代まさしが不祥事を起こした際も軍団入りの情報が出た。だが、田代が実刑判決を下された後に、たけしが「あんな野郎に関わりたくはない」とコメントとしたと報じられて、田代の軍団入りは実現していない。ただし、インタビューでは、車椅子の国会議員である八代英太をもじった田代英太という芸名で車椅子に乗せようとメールを送ったが、田代に断られたと話している。たけし軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 八代町 (山梨県)

    八代町 (山梨県)から見た八代英太八代英太

    八代英太:元郵政大臣。八代町 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た八代英太八代英太

    失職に伴い、既に離党していた比例第二位の八代英太を飛び越え比例3位の浅野貴博が繰り上げ当選。同年12月6日に収監された。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • お昼のワイドショー

    お昼のワイドショーから見た八代英太八代英太

    初代司会は、スタートした1968年夏の参議院選挙で初当選し、「タレント議員」という言葉を世に根付かせた青島幸男と横山ノック。夜の看板番組『11PM』と同じく、隔日ごとに東京・日本テレビと大阪・よみうりテレビの製作で放送されており、青島は日テレ発の(「青島のワイドショー」というタイトルにもなっていた)、ノックはよみうりテレビ発の(「ノックのワイドショー」というタイトルになっていた)同番組のメイン司会を担当。国会会期中を中心に議員活動との両立で定期的に番組出演や打ち合わせへの参加を見合わせる必要のあった青島・ノックを補佐する進行役として中山千夏と八代英太(後に2人とも参議院選挙に出馬し、当選)が参加し、トリオ体制での放送が行われていた(のち、1971年4月からは日本テレビ製作版のみとなり、同時に大阪版のホスト役であったノックも番組を降板、青島・中山・八代のトリオ司会で全曜日の放送が行われるようになった)。お昼のワイドショー フレッシュアイペディアより)

  • 藤田幸久

    藤田幸久から見た八代英太八代英太

    2000年、第42回衆議院議員総選挙では東京12区から出馬したが、自由民主党の八代英太郵政大臣に敗北。落選中は鳩山由紀夫民主党代表の下で政策顧問を務める。藤田幸久 フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た八代英太八代英太

    声帯模写・腹話術 小野栄一、桜井長一郎、八代英太、川上のぼる日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • まねまねバンバン

    まねまねバンバンから見た八代英太八代英太

    毎回さまざまな芸能人をゲストに招き、彼らに「まねまねアクション」などのジェスチャーゲームを紅白対抗戦形式でさせていた公開番組。司会は八代英太が務めていた。まねまねバンバン フレッシュアイペディアより)

  • MPD・平和と民主運動

    MPD・平和と民主運動から見た八代英太八代英太

    結成時の呼びかけ人は、田英夫、横路孝弘、八代英太、斎藤まさし(本名:酒井剛)らであった。また、参院選出馬時は、宇都宮徳馬が推薦人となった。MPD・平和と民主運動 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次中曽根内閣 (第2次改造)

    第2次中曽根内閣 (第2次改造)から見た八代英太八代英太

    科学技術政務次官 - 前島英三郎第2次中曽根内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示