前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • 八代英太

    八代英太から見た横路孝弘

    1977年7月10日 第11回参議院選挙全国区に無所属で出馬し84万票を獲得して当選。福祉政策の専門家として知られるようになる。田英夫、横路孝弘らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人になっていた。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た太田昭宏

    2003年11月9日 第43回衆議院議員総選挙には、政策面で共通点の多い公明党の太田昭宏が東京12区から出馬するため、選挙協力により比例東京ブロック単独で立候補し3選。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た鈴木宗男

    2009年、鈴木宗男の要請を受け新党大地に入党し、党代表代行に就任。比例北海道ブロックの名簿第2位で第45回衆議院議員総選挙へ立候補することを表明した。第45回衆議院議員総選挙では新党大地の当選枠が1人だったため落選。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た田英夫

    1977年7月10日 第11回参議院選挙全国区に無所属で出馬し84万票を獲得して当選。福祉政策の専門家として知られるようになる。田英夫、横路孝弘らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人になっていた。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た畠山みどり

    1973年6月3日 愛知県刈谷市の市民会館で行われた畠山みどりの歌謡ショーの司会として出演。舞台から下がる際にセリが降りていること知らず、舞台下に転落して脊髄を損傷する重傷を負った。以後車椅子の生活を送る。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た宮崎学

    1999年に成立した通信傍受法案審議では、反対派の宮崎学などから「盗聴法推進の立役者」の一人として批判された。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た小西理

    9月11日 第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認が得られず、無所属で出馬する。当初、対立候補の太田昭宏に配慮し八代のみ比例東京ブロックで公認する窮余の一策も自民党内で検討されていたが、結局八代は公認されなかったため、自民党を離党し、無所属での出馬に踏み切った(離党して無所属で立候補したのは八代の他には小西理だけである)。東京12区では太田が当選し、八代は落選した(得票数は太田の得票の半数を下回った)。落選後は帝京平成大学教授、政治団体明るい福祉を考える会代表を務めた。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た政治家

    八代 英太(やしろ えいた、1937年(昭和12年)6月2日 - )は、日本の政治家・元民放アナウンサー・タレント・テレビ司会者、大学教授。本名は前島 英三郎(まえじま えいざぶろう)。山梨県出身。兄は山梨県議会議員で自民党山梨県連会長代行の前島茂松(まえじま しげまつ、1930年11月28日 - )。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見たタレント

    八代 英太(やしろ えいた、1937年(昭和12年)6月2日 - )は、日本の政治家・元民放アナウンサー・タレント・テレビ司会者、大学教授。本名は前島 英三郎(まえじま えいざぶろう)。山梨県出身。兄は山梨県議会議員で自民党山梨県連会長代行の前島茂松(まえじま しげまつ、1930年11月28日 - )。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓制度導入に反対八代英太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示