63件中 41 - 50件表示
  • 八代英太

    八代英太から見た郵政民営化

    7月5日、小泉政権下、 郵政民営化法案の採決で反対票を投じる。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た山梨県立笛吹高等学校

    山梨県立石和高等学校(現・笛吹高等学校)卒業。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た自由民主党 (日本)

    1984年 自由民主党に移籍。八代自身が結成した福祉党を自ら解党したこと、政党名で選ぶという比例代表制の趣旨と政党移籍の是非が問題となり、物議を醸した(比例区当選者の政党移籍制限が法制化されたのは2000年)。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た全国区

    1977年7月10日 第11回参議院選挙全国区に無所属で出馬し84万票を獲得して初当選。田英夫、横路孝弘らと共にMPD・平和と民主運動の呼びかけ人になった。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た山梨県議会

    山梨県出身。兄は山梨県議会議員で自民党山梨県連会長代行の前島茂松(まえじま しげまつ、1930年11月28日 - )。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た教授

    「郵政民営化造反者」となったことで、9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認が得られなかったばかりか、執行部からは「政界引退」を勧められる事態となり、結局無所属での出馬となった。当初、対立候補の太田昭宏に配慮し八代のみ比例東京ブロックで公認する窮余の一策も自民党内で検討されていたが、結局八代は公認されなかったため、自民党を離党し、無所属での出馬に踏み切った(離党して無所属で立候補したのは八代の他には小西理だけである)。東京12区では太田が当選し、八代は落選した(得票数は太田の得票の半数を下回った)。落選後は帝京平成大学教授、政治団体「明るい福祉を考える会」代表を務めた。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た第44回衆議院議員総選挙

    「郵政民営化造反者」となったことで、9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認が得られなかったばかりか、執行部からは「政界引退」を勧められる事態となり、結局無所属での出馬となった。当初、対立候補の太田昭宏に配慮し八代のみ比例東京ブロックで公認する窮余の一策も自民党内で検討されていたが、結局八代は公認されなかったため、自民党を離党し、無所属での出馬に踏み切った(離党して無所属で立候補したのは八代の他には小西理だけである)。東京12区では太田が当選し、八代は落選した(得票数は太田の得票の半数を下回った)。落選後は帝京平成大学教授、政治団体「明るい福祉を考える会」代表を務めた。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た車椅子

    1973年6月3日 愛知県刈谷市の市民会館で行われた畠山みどりの歌謡ショーの司会として出演。舞台から下がる際に舞台下に転落し脊髄損傷の重傷を負い、下半身不随となり、以後、車椅子生活となる。しかし8月には「お昼のワイドショー」に復帰。“車椅子の司会者”として、1976年9月まで務めた。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た比例北海道ブロック

    2009年、鈴木宗男の要請を受け新党大地に入党し、党代表代行に就任。8月、比例北海道ブロックの名簿第2位で第45回衆議院議員総選挙へ立候補することを表明した。結果、北海道ブロックでは新党大地の当選枠が1人だったため落選。八代英太 フレッシュアイペディアより)

  • 八代英太

    八代英太から見た崇教真光

    崇教真光の「組み手」(会員、信徒)。1989年、同教の祭事「9月度月始祭」に来賓として出席し、祝辞の中で同年8月に入会したことを披瀝している。八代英太 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「八代英太」のニューストピックワード