1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示
  • RAMPO

    RAMPOから見た八木亜希子八木亜希子

    河田町の御令嬢 … 八木亜希子RAMPO フレッシュアイペディアより)

  • バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

    バブルへGO!! タイムマシンはドラム式から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子 - 1990年時点では入局2年目の新人アナウンサー。バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュース

    FNNスーパーニュースから見た八木亜希子八木亜希子

    前番組『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』の後を受け、1998年3月30日に放送開始。当初は前番組同様、前々番組『FNNスーパータイム』のフォーマットを踏襲し、メインキャスターだけが交代した形でスタートした。メインキャスターには、『ニュースJAPAN』を担当していた宮川俊二と『めざましテレビ』を担当していた八木亜希子を起用。スポーツは『スーパータイム』、『ザ・ヒューマン』から続投の八木沼純子に加えて福原直英、天気予報は気象予報士の資格を持つ松尾紀子、レポーター(現在のフィールドキャスター)は佐々木恭子が担当した。FNNスーパーニュース フレッシュアイペディアより)

  • 小林製薬

    小林製薬から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子「洗いたて消臭シャボン」、「消臭シャボンタンククリーナー」、「衣類の消臭シャボン」小林製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 新保友映

    新保友映から見た八木亜希子八木亜希子

    アナウンサーを目指すようになったきっかけは、小学生5年生の時に本を朗読するのが好きだったことと、中学生の時に毎朝フジテレビの『めざましテレビ』を視て「八木亜希子さんから元気をもらったので、私も元気を与えられるようなアナウンサーになりたい」と思ったことだったという。新保友映 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤里沙

    遠藤里沙から見た八木亜希子八木亜希子

    アナウンサーに憧れるようになったきっかけは、小学生の時に当時フジテレビアナウンサーだった八木亜希子を見てからのこと。その後、阪神・淡路大震災の現場でレポートするアナウンサーを見て「情報を必要としている人のために一生懸命レポートする姿が素敵だった」と思って本格的にアナウンサーになることを決意したという。遠藤里沙 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た八木亜希子八木亜希子

    続編として1991年に発行された『アナ本2』では、当時「花の三人娘」と呼ばれた、有賀さつき、河野景子、八木亜希子に焦点が当てられた。1993年には、日本テレビの人気アナウンサー永井美奈子ら3人からなるユニット「DORA」が結成され、CDをリリースした。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • めざましテレビ

    めざましテレビから見た八木亜希子八木亜希子

    初代司会者の人選は同局アナウンサー以外にも系列局やフリーアナウンサーも候補に挙げて行われた。結果、NHKから引き抜いた大塚範一と当時同局の看板アナウンサーであった八木亜希子が選ばれた。局内からも報道・バラエティ・ドラマ各部門から秀でた人材を登用。めざましテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 共同テレビジョン

    共同テレビジョンから見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(元フジテレビ)共同テレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のテレビ (日本)

    1998年のテレビ (日本)から見た八木亜希子八木亜希子

    フジテレビ系『めざましテレビ』にて、1994年(平成6年)4月の放送開始から4年間大塚範一(元NHKアナウンサー)とコンビで司会を務めた八木亜希子(当時アナウンサー、末期は水〜金曜担当)がこの日の放送を以って司会を卒業。これにより4月以降は月・火曜担当だった小島奈津子(同)が水曜も担当となり、木・金曜には木佐彩子(同)を起用、それぞれ大塚とコンビで司会を務めた(小島は2003年3月、木佐は1999年3月、大塚は2012年3月でそれぞれ退任)。1998年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示

「八木亜希子」のニューストピックワード