100件中 11 - 20件表示
  • 目玉タウン

    目玉タウンから見た八木亜希子八木亜希子

    1989年4月〜1990年3月 - (OPメイン、CLサブ)益田由美(CLメイン、OPサブ)軽部真一(JCT)堺正幸→野間脩平→八木亜希子目玉タウン フレッシュアイペディアより)

  • 横浜雙葉中学校・高等学校

    横浜雙葉中学校・高等学校から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子 - 78回生 フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー横浜雙葉中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • NAOMI YOSHIMURA

    NAOMI YOSHIMURAから見た八木亜希子八木亜希子

    フジテレビのオーディション番組『ゴールドラッシュ(1991年10月 - 1993年3月)司会 堺正章、八木亜希子』で最年少の優勝者、同番組に出ていた千秋 (タレント)とは同期。NAOMI YOSHIMURA フレッシュアイペディアより)

  • 第25回日本アカデミー賞

    第25回日本アカデミー賞から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(みんなのいえ)第25回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 笹栗実根

    笹栗実根から見た八木亜希子八木亜希子

    福岡県出身。日本女子大学文学部教育学科卒業。1988年に、フジテレビへ入社。同期入社の有賀さつき・河野景子・八木亜希子の「三人娘」に次ぐ「第四の女」と局内で呼ばれていた。愛称は「ちゃちゃ」。報道部で長年記者として活躍し、1997年4月から、『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』のキャスターを担当。本人は乗り気ではなかったのだが、「キャスターが嫌ならPD(プログラムディレクター)になれ」と言われ「サブで大声を出したくない」との理由でキャスターを引き受けたが、笠井信輔アナと本人の風貌から「七五三コンビ」と報道局で言われていた。その後、再び記者として現場に復帰。2001年、アメリカ人検事で民主党の政治家でもあるデービッド・ボーリングと結婚し、退社。笹栗実根 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人横浜雙葉学園

    学校法人横浜雙葉学園から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子 - 78回生 フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー学校法人横浜雙葉学園 フレッシュアイペディアより)

  • 垣花正のサウンドコレクション

    垣花正のサウンドコレクションから見た八木亜希子八木亜希子

    不定期(主に金曜日放送時)で「八木亜希子と垣花正のサウンドコレクション」としてフリーアナウンサーの八木亜希子とともに放送することもある。そのため、垣花単独出演の時と八木が加わった時とでは異なるメールアドレスを使い分けている。垣花正のサウンドコレクション フレッシュアイペディアより)

  • 日なたの窓に憧れて

    日なたの窓に憧れてから見た八木亜希子八木亜希子

    3rdアルバム『惑星のかけら』からのリカットシングル。アルバム制作中にスタジオで作られた曲。終始流れ続けるシーケンスは草野が発案。歌詞は、当時日の当たらない家に住んでいた草野の思いが込められている。この曲で、八木亜希子が司会を務めていた深夜番組『NEXT』に出演。これがテレビ番組のスタジオ初出演となった。日なたの窓に憧れて フレッシュアイペディアより)

  • クリアクリーン

    クリアクリーンから見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(「クリアクリーン」「クリアクリーンプラス」)クリアクリーン フレッシュアイペディアより)

  • 堤康一

    堤康一から見た八木亜希子八木亜希子

    1999年 - 当時低視聴率にあえいでいた『スーパーニュース』第一部(関東ローカル枠)のプロデューサーに就任。お天気ネタやいわゆる「ヒマネタ」を重視した軟派路線で視聴率を回復。2000年4月チーフプロデューサー就任後は、八木亜希子を降板させ、替わりに当時自らと不倫関係にあった安藤優子を招聘。『スーパーニュース』の「ワイドショー化」を推し進める。堤康一 フレッシュアイペディアより)

100件中 11 - 20件表示

「八木亜希子」のニューストピックワード