100件中 21 - 30件表示
  • 戦え!アナウンサー

    戦え!アナウンサーから見た八木亜希子八木亜希子

    モデルは八木亜希子(元CX。作者によれば、実際に八木本人から「マルテレビの峰亜紀子です」として電話がかかってきたことがあるという)。顔の上半分に影がかかっている理由は、作者がファンレターで「八木亜希子を書け!」と命令され、それ以来八木を書かなくなったことからきているらしい。戦え!アナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 清水節

    清水節から見た八木亜希子八木亜希子

    BSフジの映画番組「映画大王」(司会:筧利夫、佐々木恭子)の レギュラー・コメンテーター、J-WAVEの情報番組「東京コンシェルジュ」(司会:八木亜希子)でコメンテーターとして出演。ウルトラマンをはじめ初期ウルトラシリーズのデザイナーとして著名な、彫刻家・成田亨の企画展「怪獣と美術?成田亨の造形芸術とその後の怪獣美術?」(07年/三鷹、山形、足利)のコーディネート作業を担当。清水節 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールド・ラッシュ! (テレビ番組)

    ゴールド・ラッシュ! (テレビ番組)から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(当時:フジテレビアナウンサー)ゴールド・ラッシュ! (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • アナ☆ログ

    アナ☆ログから見た八木亜希子八木亜希子

    1回戦のクイズコーナーでは「アナウンサーが出されたくないクイズ」と題してかつてフジテレビに在籍していたOB・OGアナウンサー(露木茂、山中秀樹、有賀さつき、中井美穂、八木亜希子、近藤サト、政井マヤ、内田恭子)とフジテレビの情報番組キャスター(大塚範一と小倉智昭)からそれぞれ個人自ら出題された問題に答えるというもの(ほとんど一般常識の問題であったのだが、全員正解は1回しかなかった)。アナ☆ログ フレッシュアイペディアより)

  • 1or8

    1or8から見た八木亜希子八木亜希子

    花火で火傷を負ったヒロミは不在のまま、デビ・ちんのみで放送を続行。総集編で繋いだあと、デビ・ちんがフジテレビから一直線に「ウンナンパネル」を配達という企画を行う。非常に短い距離をロープなどを使って送るというものだった。その後はテレクラに電話をかけて男を集め女性とお見合いをさせたり、ちんによる「内村に続け」(当時内村光良(ウッチャンナンチャン)が付き合っていたとされる八木亜希子アナウンサーに告白をする)といった企画を行った。デビにスズメバチをけしかけて100メートル走の世界新記録に挑戦させるという企画もあったが時期的に危険なものは避けようと中止になり、ちびっこ相撲の横綱にちんが挑戦するなどの企画に変わった。1or8 フレッシュアイペディアより)

  • エンタメゆうえんち 東京移住計画

    エンタメゆうえんち 東京移住計画から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(当時、フジテレビアナウンサー)エンタメゆうえんち 東京移住計画 フレッシュアイペディアより)

  • FNS超テレビの祭典

    FNS超テレビの祭典から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(当時フジテレビアナ 1996年春のみ)FNS超テレビの祭典 フレッシュアイペディアより)

  • 野島卓

    野島卓から見た八木亜希子八木亜希子

    FNNスーパーニュース(黒岩祐治、八木亜希子と18時台のメインキャスターを担当。また、奥寺健の夏期休暇に伴う代役)野島卓 フレッシュアイペディアより)

  • 関根潤三

    関根潤三から見た八木亜希子八木亜希子

    かつて『プロ野球ニュース』で一緒に仕事をした八木亜希子の大ファンで、2007年6月22日の『松本秀夫のやっぱり野球は面白い』(ニッポン放送)で次の番組(『八木亜希子と垣花正のサウンドコレクション』)の紹介に来た時は大喜びした。その後、急遽『八木亜希子と垣花正のサウンドコレクション』に顔を出し、小学校時代の失恋話を披露した(テーマが失恋だったため)。関根潤三 フレッシュアイペディアより)

  • キダ・タロー

    キダ・タローから見た八木亜希子八木亜希子

    審査員として参加している『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦』で、X-GUNと底ぬけAIR-LINEがパンチョ伊東のヅラを扱うネタを披露。その感想を司会だった八木亜希子が審査員に求めようとした際、同じく司会の今田耕司・東野幸治が慌てて八木を制止し、キダ以外の審査員(市村正親)に感想を求めた。キダ・タロー フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「八木亜希子」のニューストピックワード