122件中 81 - 90件表示
  • 日本のアナウンサー

    日本のアナウンサーから見た八木亜希子八木亜希子

    続編として1991年に発行された『アナ本2』では、当時「花の三人娘」と呼ばれた、有賀さつき、河野景子、八木亜希子に焦点が当てられた。1993年には、日本テレビの人気アナウンサー永井美奈子ら3人からなるユニット「DORA」が結成され、CDをリリースした。日本のアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 軽部真一

    軽部真一から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(大学・フジの後輩)軽部真一 フレッシュアイペディアより)

  • バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

    バブルへGO!! タイムマシンはドラム式から見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子 - 1990年時点では入局2年目の新人アナウンサー。バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 フレッシュアイペディアより)

  • 空から日本を見てみよう

    空から日本を見てみようから見た八木亜希子八木亜希子

    八木亜希子(元・フジテレビアナウンサー) - 第1回を担当空から日本を見てみよう フレッシュアイペディアより)

  • サクラダリセット

    サクラダリセットから見た八木亜希子八木亜希子

    ケイの母 - 八木亜希子…後編のみ登場サクラダリセット フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のテレビ (日本)

    1997年のテレビ (日本)から見た八木亜希子八木亜希子

    フジテレビ系の情報・報道番組が大幅改正。まず土曜日に『めざましテレビ』の土曜版『めざましテレビ週末号』をスタート( - 1998年3月)。これに伴い平日版で司会を務めた八木亜希子(同局アナウンサー、当時)が土曜日も担当する為、平日版は水?金曜日の担当となり、月?火曜日は平日版のレポーターを務めた小島奈津子(同)が担当。『FNNスピーク』は土曜日を寿退社した平松あゆみに代わって平日担当の木幡美子(同)が異動という形で登板し、木幡の抜けた平日は近藤サト(同)が登板した。『ビックトゥデイ』は5分時間を短縮し新アシスタントとして高木広子(同)が登板。そして今回の改善の目玉夕方6時枠の新ニュース番組として『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』を放送開始( - 1998年3月)。キャスターは平日を笠井信輔(同局アナウンサー)と報道部記者の笹栗実根が、休日を川端健嗣(同)と木幡がそれぞれ担当。1997年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ウゴウゴルーガ

    ウゴウゴルーガから見た八木亜希子八木亜希子

    変なもの同士を無理矢理対決させるアニメコーナー。前後に大坪のアニメキャラが必ずオナラをする(城ヶ崎祐子、八木亜希子が代役を務めたことがある)。ウゴウゴルーガ フレッシュアイペディアより)

  • 堤康一

    堤康一から見た八木亜希子八木亜希子

    1999年 - 当時低視聴率にあえいでいた『スーパーニュース』第一部(関東ローカル枠)のプロデューサーに就任。お天気ネタやいわゆる「ヒマネタ」を重視した軟派路線で視聴率を回復。2000年4月チーフプロデューサー就任後は、八木亜希子を降板させ、替わりに安藤優子を招聘。『スーパーニュース』の「ワイドショー化」を推し進める。堤康一 フレッシュアイペディアより)

  • 小島奈津子

    小島奈津子から見た八木亜希子八木亜希子

    入社して間もなく『タモリのボキャブラ天国』『笑っていいとも!』『おはよう!ナイスデイ』など多くの人気番組に出演し、『めざましテレビ』の「突然!奈津子でございます。」のコーナーで大ブレイク。「なっちゃん」の愛称で、お茶の間の人気者に。その後、4年先輩の八木亜希子(現・フリー)の後を継いで、小島が同番組のキャスターに。小島奈津子 フレッシュアイペディアより)

  • 福井謙二

    福井謙二から見た八木亜希子八木亜希子

    スーパーパワーリーグFX - 実況担当。また、試合結果を報告する『プロ野球ニュース』のキャスター(顔出し)としても登場(同僚の八木亜希子と共演)。福井謙二 フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「八木亜希子」のニューストピックワード