764件中 21 - 30件表示
  • 路上喫煙禁止条例

    路上喫煙禁止条例から見た条例条例

    路上喫煙禁止条例(ろじょうきつえんきんしじょうれい)とは、路上でのタバコの喫煙行為をなくすことを主な目的とした日本の条例の総称である。路上喫煙禁止条例 フレッシュアイペディアより)

  • 議員定数

    議員定数から見た条例条例

    定数については、各都道府県の条例で定めることとなっている。従前は地方自治法90条により人口に応じた上限定数が規定されていたが、2011年の地方自治法改正により上限枠が撤廃された。議員定数 フレッシュアイペディアより)

  • キャッチ・アンド・リリース

    キャッチ・アンド・リリースから見た条例条例

    秋田県、新潟県、埼玉県、滋賀県の琵琶湖などでは漁業法に基づく水面漁場管理委員会指示や条例などにより、特定外来生物の外来魚のキャッチ・アンド・リリースを禁止している。キャッチ・アンド・リリース フレッシュアイペディアより)

  • 分限処分

    分限処分から見た条例条例

    日本の公務員については、身分が保障され、国家公務員については国家公務員法または人事院規則、地方公務員については地方公務員法または条例に定める事由による場合でなければ、その職員は意に反して、降任、休職、降給、又は免職されることはない。なお、任命権者が分限処分を行う場合は、公正でなければならないとされている。分限処分 フレッシュアイペディアより)

  • 地方公共団体

    地方公共団体から見た条例条例

    地方公共団体は財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる(日本国憲法第94条)。地方公共団体 フレッシュアイペディアより)

  • 史跡

    史跡から見た条例条例

    文化財保護法は、貝塚、古墳をはじめとする遺跡のうち日本国にとって歴史上または学術上価値の高いものを、文部科学大臣が「史跡」および「特別史跡」の名称で指定することができると規定している。地方公共団体においては、国の指定を受けていないものに対して、それぞれの条例に基づいて「○○県史跡」「○○町指定史跡」といった名称で指定を行っている。地方公共団体の制度はおおむね国の制度に準じたものであるが、それぞれの考え方に応じた制度が設けられており、例えば、東京都では「旧跡」、横浜市では「地域文化財」などといった、文化財保護法にみられない区分の名称が設けられている場合もある(なお、横浜市の「地域文化財」は、「指定」ではなく「登録」文化財制度の1種である)。史跡 フレッシュアイペディアより)

  • 広告宣伝車

    広告宣伝車から見た条例条例

    日本で広告宣伝車が運行される場合、道路交通法や道路運送法のほか、自治体が定める屋外広告に関する条例などに則る必要がある。広告宣伝車 フレッシュアイペディアより)

  • 文教地区

    文教地区から見た条例条例

    日本ではこの他、都市計画法第9条第13項に規定する特別用途地区で定義され、地方公共団体の文教地区建築条例により指定された地域には、建築用途制限がある(後述)。文教地区 フレッシュアイペディアより)

  • 名勝

    名勝から見た条例条例

    日本の文化財保護法は、庭園、橋梁、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地の中で、日本国にとって芸術上また観賞上価値の高いものを、文部科学大臣が「名勝」および「特別名勝」の名称で指定することができると規定している。地方公共団体においては、文部科学大臣の指定から漏れたものに対して、それぞれの条例に基づいて教育委員会が指定を行っている。名勝 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村

    市町村から見た条例条例

    当該都道府県の条例で定める都市的施設その他の都市的要件を備えている。市町村 フレッシュアイペディアより)

764件中 21 - 30件表示

「公共施設禁煙化」のニューストピックワード