33件中 21 - 30件表示
  • 条例

    条例から見た禁錮

    条例により課せられる罰則は、14条第3項の規定により、2年以下の懲役・禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料もしくは没収又は5万円以下の過料に制限されている。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た懲役

    条例により課せられる罰則は、14条第3項の規定により、2年以下の懲役・禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料もしくは没収又は5万円以下の過料に制限されている。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た没収

    条例により課せられる罰則は、14条第3項の規定により、2年以下の懲役・禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料もしくは没収又は5万円以下の過料に制限されている。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た自治事務

    自治事務については、地方公共団体の自主性を阻害しないよう国の法令は基本的な制度設計にとどめることとし、それ以外の自治事務の処理に必要な事項については個々の法令において条例への授権範囲を大幅に拡大していくべきであり、地方の実情に応じて設定すべき基準等は、地方公共団体が条例で定められるようにすべきである。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た科料

    条例により課せられる罰則は、14条第3項の規定により、2年以下の懲役・禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料もしくは没収又は5万円以下の過料に制限されている。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た規則

    自治体における条例や規則等の総称を例規と言い、それらをまとめたものを例規集と言う。近年は、データベース化して、ウェブページ上で公開している自治体も多い。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た行政上の強制執行

    前述のとおり条例で規定できる行政罰は2年以下の懲役若しくは禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料若しくは没収に限られており(14条)、また直接強制や課徴金などの強制手段を規定することは現行の地方自治法上認められていないことなどから、条例による規制は法律によるそれと比べて事実上その実効性が弱く、検察当局との連携強化など実務上の運用改善を含め、実効性の確保をいかに図るかが課題である。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た専決処分

    議会が成立しないとき等は、普通地方公共団体の長は、その議決すべき条例を専決処分することができる(179条)。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た地方分権一括法

    地方分権一括法による改正をはじめとする地方分権改革の進展により、地方自治体の条例制定権が一定程度強化されたことに伴い、地方自治体の政策形成及びその実現のための手段として条例制定権(自主立法権)を積極的に活用しようという、いわゆる政策法務が近年注目されている。条例 フレッシュアイペディアより)

  • 条例

    条例から見た法令

    先に述べたとおり条例は法律の範囲内において制定することが憲法に定められており、これに加え14条第1項により、条例は法令に反してはならない。条例 フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「公共施設禁煙化」のニューストピックワード

  • 自民党にこんな立派な議員をお迎えすることができて、大変うれしく思っている

  • 埋蔵金と日銀の国債購入で日本の借金は消えるのか?高橋洋一教授に反論!

  • 関西電力美浜原子力発電所3号機