6806件中 21 - 30件表示
  • 支援教育を行う普通学校

    支援教育を行う普通学校から見た高等学校高等学校

    既存の夜間定時制高校を統合集約して新設した、3部制(定時制)単位制高校。不登校経験者・他校中退者などを主なターゲットとする総合学科の高校で、内申書不要・単位制による幅広い選択可能科目・カウンセリング体制の充実など、新しい試みを行っている。支援教育を行う普通学校 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手県立盛岡北高等学校

    岩手県立盛岡北高等学校から見た高等学校高等学校

    岩手県立 盛岡北高等学校(いわてけんりつ もりおかきたこうとうがっこう)は、岩手県岩手郡滝沢村にある高校。略称は北高(きたこう)、盛北(もりきた)。岩手県立盛岡北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校卒業程度認定試験

    高等学校卒業程度認定試験から見た高等学校高等学校

    高等学校卒業程度認定試験(こうとうがっこうそつぎょうていどにんていしけん、英 Certificate for Students Achieving the Proficiency Level of Upper Secondary School Graduates)は、高等学校を卒業していない者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と「同等以上の学力」があるかを認定する試験のことである。文部科学省が実施している。一般に高認(こうにん)と呼ばれる。かつては大検(大学入学資格検定)と呼ばれていた。国家試験の一種である。高等学校卒業程度認定試験 フレッシュアイペディアより)

  • 校則

    校則から見た高等学校高等学校

    高等学校では、自動車運転免許の取得、バイク通学の可否などが論点となる。全日制の課程では、在学中の運転免許の取得の禁止や、バイク・自動車購入・運転免許取得費用を調達するための就労の禁止をしている学校が多かった(原付のみ許可の場合もあった)。このため、秘密のアルバイトや、バイク運転などが発覚して問題となる場合があった。校則 フレッシュアイペディアより)

  • 大学

    大学から見た高等学校高等学校

    大学(だいがく)は、学術研究および教育の最高機関。日本の現在の学制では高等学校もしくは中等教育学校卒業者、通常の課程による12年の学校教育を修了した者、またはこれと同等以上の学力を有する者を対象に専門的な高等教育をおこなうものとされている。学生の教育課程と修了要件の充足に応じて学位(学士・修士・博士)の学位授与をおこなう(なお、学位の名称・定義も国や地域によって異なる)。大学 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立町田高等学校

    東京都立町田高等学校から見た高等学校高等学校

    東京都立町田高等学校(とうきょうとりつまちだこうとうがっこう)は、東京都町田市中町にある都立高等学校。通称「町高(まちこう)」。東京都立町田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛大学附属高等学校

    愛媛大学附属高等学校から見た高等学校高等学校

    国立大学法人愛媛大学附属高等学校(えひめだいがくふぞくこうとうがっこう、英語:Ehime University Senior High School)は、日本の国立大学である愛媛大学が設置する高等学校で、附属中学校との連携中高一貫教育校である。愛媛大学附属高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立秋田高等学校

    秋田県立秋田高等学校から見た高等学校高等学校

    秋田県立秋田高等学校(あきたけんりつあきたこうとうがっこう)は、秋田県秋田市に所在する県立高等学校。秋高(しゅうこう)の通称で呼ばれている。秋田県立秋田高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 制服

    制服から見た高等学校高等学校

    現代社会においては、制服が考案・導入された当初から社会状況が大きく変化し、「存在意義がなくなっている」などの否定的な評価がされることもある。反対に生徒指導をある程度規格化して行える面から、中学校や高等学校などの制服には、社会性を身に着けさせやすくする働きもあるのではないかという意見もある。制服 フレッシュアイペディアより)

  • 桂正和

    桂正和から見た高等学校高等学校

    中学生時にV55(Technics)という50万円のコンポーネントステレオが欲しく、当時50万円だった賞金目当てに手塚賞への応募を始める。最初の道具は手塚治虫の入門書を読んで小遣いで揃えた物だった。それまでは漫画家を目指していたわけでもない上に漫画もほとんど読んでおらず、当初は賞金だけが目的であった。目的のコンポは賞金を手に入れる前に買ってもらったが、漫画を描き続ける中で描くおもしろさを覚え、高校時には授業中にペン入れをするなどして漫画に没頭する。そして1980年(昭和55年)の高校卒業間際にフレッシュジャンプ賞に投稿した作品が選外ながらも編集者・鳥嶋和彦の目に止まり、また同時期に手塚賞に応募していた「ツバサ」が佳作に入選する。桂正和 フレッシュアイペディアより)

6806件中 21 - 30件表示

「公立高の無償化」のニューストピックワード

おすすめ画像