52件中 21 - 30件表示
  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た修業年限

    年齢制限や国籍制限はないが基本的な無償期間は修業年限に準ずるため、留年をした場合は有償の期間もある。ただし、公立高校の修業年限を超えた後の授業料については、自治体の負担となるため、地域によって取り扱いに差が出る。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た日本

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度(こうこうじゅぎょうりょうむしょうか・しゅうがくしえんきんしきゅうせいど)は公立高等学校などの授業料を無償化し、また私立高等学校などに就学支援金を支給して授業料を低減することを目的とした制度であり、日本で2010年度から実施されている。根拠法令は高等学校等就学支援金の支給に関する法律(旧称:公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律)であり、この法律の通称は高校無償化法(こうこうむしょうかほう)である。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た各種学校

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た私学助成

    類似の制度としては、義務教育費国庫負担制度がある。高校授業料無償化・就学支援金支給制度は私立学校へも授業料一部相当額が支給されるが、義務教育費国庫負担制度は私学への授業料の給付はない。なお、私学助成金はこれらの制度とは別に行われている。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た学年

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見たマダガスカル

    国際人権規約の、高等学校と大学の学費無償化を求める部分を留保していたのは、日本とマダガスカルの2国のみとなり、早期に国際水準に追いつくことが求められていた。ただし、鈴木寛議員は国会での質疑に対し、高校の無償化は、義務教育化とは一線を画す物だとしている(議会において本法案についての民主党側発言者のほとんどが鈴木議員である)。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た強行採決

    3月12日 - 衆議院文部科学委員会で、3年後の見直し規定が付則に追加、強行採決により可決。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た専修学校

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た給付

    当初は、日本国憲法や私学助成制度の問題で、二分の一条項というものがあり、学説によってはそれを超えて私立学校に支援を行えないとされていたため、学校側への給付ではなく、家庭への給付とすることによって、法律上のハードルを乗り越えるという意図があり、家庭への給付を想定していた。しかし、その後文部科学省や地方自治体などからの要望で、自治体を経由して学校側に給付することが確定したため、必ずしも強固な法的障害があるわけではなかったことが分かる。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た学校法人

    国公立全日制高校は年11万8800円、国公立定時制高校は年3万2400円、国公立通信制高校は年6200円を授業料相当額とみなし、国から高校設置自治体に支給されるため、結果的に授業料は無償となる。私立高校は通常年11万8800円、年収250万円未満程度(市町村民税所得割額が非課税)の世帯は23万7600円、250?350万円程度(市町村民税所得割額が18,900円未満)の世帯は17万8200円が就学支援金として国から設置者(学校法人など)に支給されるため、授業料は低減される。なお、収入は支給額の基準となるが、預貯金や借入金の額は無関係である(日本の制度上、貯蓄額の把握は困難であるため)。なお、私立高校の場合、課程による金額の差はなく、定時制・通信制でも全日制と同じ額が支給される。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「公立高の無償化」のニューストピックワード