58件中 31 - 40件表示
  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た衆議院

    2009年(平成21年)の第171回国会の参議院に提出されたもの(第一七一回 参第七号)は、参議院では可決されたが、衆議院では解散により審査未了となった。この第171回およびそれ以前の法案では「国公立の高等学校における教育の実質的無償化の推進及び私立の高等学校等における教育に係る負担の軽減のための高等学校等就学支援金の支給等に関する法律案」との名称であり、20歳以下の高校生の保護者に対し、就学支援金を支給するという内容だった。現行制度との違いは、年齢制限と、支給対象者である。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た日本の教育を考える10人委員会

    日本の教育を考える10人委員会は、義務教育の給食費などの諸費用も含めた完全無償化を提言した。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た日本国憲法

    当初は、日本国憲法や私学助成制度の問題で、二分の一条項というものがあり、学説によってはそれを超えて私立学校に支援を行えないとされていたため、学校側への給付ではなく、家庭への給付とすることによって、法律上のハードルを乗り越えるという意図があり、家庭への給付を想定していた。しかし、その後文部科学省や地方自治体などからの要望で、自治体を経由して学校側に給付することが確定したため、必ずしも強固な法的障害があるわけではなかったことが分かる。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た特別支援学校

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た学年

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た学制改革

    教育現場では無償化は長年の悲願であったといわれる。また学制改革後の新制高校制度発足時には、将来的には無償化や全入が予定されていたとされ、60年越しに実現した。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た衆議院解散

    2009年(平成21年)の第171回国会の参議院に提出されたもの(第一七一回 参第七号)は、参議院では可決されたが、衆議院では解散により審査未了となった。この第171回およびそれ以前の法案では「国公立の高等学校における教育の実質的無償化の推進及び私立の高等学校等における教育に係る負担の軽減のための高等学校等就学支援金の支給等に関する法律案」との名称であり、20歳以下の高校生の保護者に対し、就学支援金を支給するという内容だった。現行制度との違いは、年齢制限と、支給対象者である。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見たマダガスカル

    国際人権規約の、高等学校と大学の学費無償化を求める部分を留保していたのは、日本とマダガスカルの2国のみとなり、早期に国際水準に追いつくことが求められていた。ただし、鈴木寛議員は国会での質疑に対し、高校の無償化は、義務教育化とは一線を画す物だとしている(議会において本法案についての民主党側発言者のほとんどが鈴木議員である)。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た強行採決

    2012年3月12日 - 衆議院文部科学委員会で、3年後の見直し規定が付則に追加、強行採決により可決。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た参議院

    2009年(平成21年)の第171回国会の参議院に提出されたもの(第一七一回 参第七号)は、参議院では可決されたが、衆議院では解散により審査未了となった。この第171回およびそれ以前の法案では「国公立の高等学校における教育の実質的無償化の推進及び私立の高等学校等における教育に係る負担の軽減のための高等学校等就学支援金の支給等に関する法律案」との名称であり、20歳以下の高校生の保護者に対し、就学支援金を支給するという内容だった。現行制度との違いは、年齢制限と、支給対象者である。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「公立高の無償化」のニューストピックワード