58件中 41 - 50件表示
  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た専修学校

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た大学入学資格検定

    今回の無償化では、「各種学校となっている外国人学校のうち高等学校の課程に類する課程を置くもの」も対象になっているが、朝鮮学校高級部は他ののインターナショナルスクール同様各種学校として認可・開設されている。ただ、教職員が日本の教員資格を持たない朝鮮大学校卒業生で占められており、また文部科学省の教育課程の基準である学習指導要領に沿った教育内容ではないことから、高卒者と同様の入学資格が無いとみなす大学などもあり、高卒者と同様に国内すべての大学などへの進学要件を満たすためには高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格することが必須となっている。しかし、法律上の要件、国際連合の勧告、在学者やその保護者を重視する立場からは他の学校と同様に無償化の対象にすべきであるという意見が有力である。しかし、日本政府は、以下の様な対応をしている。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年8月30日 - 第45回衆議院議員総選挙。民主党が単独過半数を占め第一党となったため、実施の可能性が高まった。次期通常国会での成立を目指す。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た給付

    当初は、日本国憲法や私学助成制度の問題で、二分の一条項というものがあり、学説によってはそれを超えて私立学校に支援を行えないとされていたため、学校側への給付ではなく、家庭への給付とすることによって、法律上のハードルを乗り越えるという意図があり、家庭への給付を想定していた。しかし、その後文部科学省や地方自治体などからの要望で、自治体を経由して学校側に給付することが確定したため、必ずしも強固な法的障害があるわけではなかったことが分かる。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た民主党 (日本 1998-)

    また、民主党関係者は読売新聞に対して、「負担軽減を実感してもらうには直接給付(家庭への給付)」と本音ものぞかせている。一方、逆に学校給付になったことに対して、民主党は「マニフェスト以上のことができた」と自ら評価している。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た学校法人

    国公立全日制高校は年11万8800円、国公立定時制高校は年3万2400円、国公立通信制高校は年6200円を授業料相当額とみなし、国から高校設置自治体に支給されるため、結果的に授業料は無償となる。私立高校は通常年11万8800円、年収250万円未満程度(市町村民税所得割額が非課税)の世帯は23万7600円、250?350万円程度(市町村民税所得割額が18,900円未満)の世帯は17万8200円が就学支援金として国から設置者(学校法人など)に支給されるため、授業料は低減される。なお、収入は支給額の基準となるが、預貯金や借入金の額は無関係である(日本の制度上、貯蓄額の把握は困難であるため)。なお、私立高校の場合、課程による金額の差はなく、定時制・通信制でも全日制と同じ額が支給される。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た第171回国会

    2009年(平成21年)の第171回国会の参議院に提出されたもの(第一七一回 参第七号)は、参議院では可決されたが、衆議院では解散により審査未了となった。この第171回およびそれ以前の法案では「国公立の高等学校における教育の実質的無償化の推進及び私立の高等学校等における教育に係る負担の軽減のための高等学校等就学支援金の支給等に関する法律案」との名称であり、20歳以下の高校生の保護者に対し、就学支援金を支給するという内容だった。現行制度との違いは、年齢制限と、支給対象者である。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た中等教育学校

    高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、専修学校高等課程、各種学校の高校相当課程の生徒、および高等専門学校の第一学年から第三学年に在学している学生の数に応じ、学校設置者に対し授業料の全部または一部相当額を支給する。支給額は、国公立高校の場合は授業料相当額、私立高校や高専などの場合は保護者の所得によって国公立高校授業料の2倍までである。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た教育課程

    今回の無償化では、「各種学校となっている外国人学校のうち高等学校の課程に類する課程を置くもの」も対象になっているが、朝鮮学校高級部は他ののインターナショナルスクール同様各種学校として認可・開設されている。ただ、教職員が日本の教員資格を持たない朝鮮大学校卒業生で占められており、また文部科学省の教育課程の基準である学習指導要領に沿った教育内容ではないことから、高卒者と同様の入学資格が無いとみなす大学などもあり、高卒者と同様に国内すべての大学などへの進学要件を満たすためには高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格することが必須となっている。しかし、法律上の要件、国際連合の勧告、在学者やその保護者を重視する立場からは他の学校と同様に無償化の対象にすべきであるという意見が有力である。しかし、日本政府は、以下の様な対応をしている。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た義務教育費国庫負担

    類似の制度としては、義務教育費国庫負担制度がある。高校授業料無償化・就学支援金支給制度は私立学校へも授業料一部相当額が支給されるが、義務教育費国庫負担制度は私学への授業料の給付はない。なお、私学助成金はこれらの制度とは別に行われている。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「公立高の無償化」のニューストピックワード