1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示
  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た京都府

    大阪府に引き続き、京都府(山田啓二知事)も所得制限付きの私立高校無償化を進める方針を2010年1月に公表した。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    高校授業料無償化・就学支援金支給制度から見た大阪府

    大阪府の橋下徹知事(当時)は、高校無償化法案に上乗せして、私立高校の無償化を行なうことを宣言した。2010年度から一定所得以下の世帯に向けて無償化された。大阪府は実際に高所得者を除いて私立高校は実質無償にした、維新の会のメンバーが市長になったところは0?5歳まで幼稚園と保育園を無償化している。橋下は「国の役割と地方の役割の理屈を国会議員がわかってない。国は大学、高校は都道府県、幼稚園と保育園は市区町村でやればいい」と地方自治体の改革をしないで、国による無償化財源支出に批判している。幼稚園や保育園の無償化、高校の無償化は可能と断言して国が負担することより民間より遥かに高い給与をもらってるように無駄な税金の使い方が山ほどある全国の自治体公務員の給与を民間と同じくらいまで削減すれば、5兆4千億円が簡単に出てくるとしている。公務員の天下り先に対して癒着で発注されている業務を随意契約から入札に切り替えれば地方公務員と国家公務員の人件費合計27兆円からコストダウンできるとして教育の無償化は地方自体が出すべきと訴えている。高校授業料無償化・就学支援金支給制度 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示

「公立高の無償化」のニューストピックワード