前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
12963件中 1 - 10件表示
  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た公立学校公立学校

    課程主義の導入に対する懸念を持っている側からは、「課程主義を導入すれば、成績が悪いと原級留置になってしまうので、学校生活が窮屈になる」との批判があるが、課程主義は必ずしも成績が悪ければ強制的に原級留置をすることになる制度を意味するわけではない。進級基準の厳格化は学力低下の対策として万能ではなく、本人が原級留置に対して抵抗があるのに成績不良を理由として強制的に原級留置を行うと、学習意欲が減衰したり不登校になったりするため、むしろ逆効果になることが予測できる。このため公立小中学校であれば、成績不良であっても強制的に原級留置にすることは避けるべきだとされている。実際に課程主義を取っているフランスでも、進級に当たっては本人や保護者の意見を聞くようになっている。また原級留置は欠席のために授業を受けられなかった場合や、外国からの帰国直後などで語学力が不足していた場合に限定すべきだといわれる。なぜなら、そういった理由があったために履修が困難だった場合は、原級留置後に十分な条件で授業を受けることによって対応できるが、1年間毎日出席して授業を受けているにも関わらず成績不良となった場合は、通常の授業では効果が薄かったことを意味するので、そういった生徒が全く同じ内容の授業を翌年にもう一度受けたとしても、効果的に学力が身に付くとは考えにくいからである。この観点からすれば、成績不良を理由とする原級留置の効果は薄いと考えられるので、学業不振の生徒に対しては、補習、カウンセリング、特別支援教育の実施というように、個人にあった支援を検討するべきである。また、現行の原級留置制度は、1年を単位とする学年制のもとでは失うものが大きいという欠点もある。例えば約1年休学した生徒であれば原級留置になるのは迷わないが、半年間休学した生徒は、原級留置にするべきか、補習を受けつつ進級すべきか迷うという問題がある。ただし、成績不良の生徒であっても、8歳ごろまでであれば、生まれ月、出生時体重、幼稚園・保育所就園の有無、家庭環境などで個人差が大きいため、現時点での成績が悪くても時間を与えることで個人差をカバーできると考えられるので、就学猶予と同様な考え方のもとに、原級留置によって発達を待つという考え方もある。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • 高校受験

    高校受験から見た公立学校公立学校

    なお、公立高校では入学試験は入学者選抜のための検査であるので、「受験」ではなく「受検」と表記する。高校受験 フレッシュアイペディアより)

  • 就学事務

    就学事務から見た公立学校公立学校

    こういった運用になっているため、国立や私立の小中学校に入学する場合は、学齢期の場合には公立学校への就学をしないという手続きが改めて必要になる。また、学校教育の普遍化をもたらし、ホームスクーリングなどが盛んにならなかったという結果も生んだ。就学事務 フレッシュアイペディアより)

  • 教育バウチャー

    教育バウチャーから見た公立学校公立学校

    ちなみに、学校選択制 (School choice)という言葉は日本では公立学校の学区の緩和を意味するが、国際的にはバウチャーの支給によって私立学校への選択を容易にさせるという政策も含めた文脈で使われることが多い。教育バウチャー フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢市立伊勢宮川中学校

    伊勢市立伊勢宮川中学校から見た公立学校公立学校

    伊勢市立伊勢宮川中学校(いせしりついせみやがわちゅうがっこう)は、三重県伊勢市にある公立中学校。2017年(平成29年)4月1日に伊勢市立宮川中学校と伊勢市立沼木中学校を統合して開校した。校地は旧宮川中学校を継承した。伊勢市立伊勢宮川中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 過年度生

    過年度生から見た公立学校公立学校

    公立小学校は、小学校の学齢期の人(学齢児童)であれば、所属できる最高学年に容易に編入学できるが、学齢を超えた人は教育委員会の特別な許可が無ければ新入学・編入学できない(継続在学は許可不要)。諸外国では年齢が高い人の入学も多いが、日本では小学校の就学年齢(6歳)を超えてからの新入学、小学校の学齢(12歳)を超えてからの新入学・編入学は、帰国生徒などの場合を含めても不可能な場合が多い。過年度生 フレッシュアイペディアより)

  • 学習指導要領

    学習指導要領から見た公立学校公立学校

    学習指導要領は、学校教育法第1条に規定する学校(いわゆる一条校)のうち、小学校、中学校、義務教育学校(前期課程・後期課程)、高等学校、中等教育学校(前期課程・後期課程)、特別支援学校(小学部・中学部・高等部)の各学校が各教科で教える内容を、学校教育法施行規則の規定を根拠に定めたもの。国立学校、公立学校、私立学校を問わずに適用されるが、実際の状況では公立学校に対する影響力が強い一方で、私立学校に対する影響力はそれほど強くない。学習指導要領 フレッシュアイペディアより)

  • 前橋市立宮城小学校

    前橋市立宮城小学校から見た公立学校公立学校

    前橋市立宮城小学校(まえばししりつ みやぎしょうがっこう)は、群馬県前橋市にある公立小学校である。前橋市立宮城小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市立梅園小学校

    岡崎市立梅園小学校から見た公立学校公立学校

    岡崎市立梅園小学校(おかざきしりつうめぞのしょうがっこう)は、愛知県岡崎市の公立小学校。岡崎市立梅園小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校

    高等学校から見た公立学校公立学校

    1998年(平成10年)の学校教育法(昭和22年法律第26号)の改正により、中高一貫教育(中学校における教育〔義務教育として行われる普通教育〕と高等学校における教育〔高度な普通教育および専門教育〕を一貫して施すこと)を行う6年制の学校である「中等教育学校 (secondary school)」が新たに創設された。中高一貫教育を行う中学校・高等学校の一部は中等教育学校の前期課程・後期課程への改組がされ始めており、国立学校、公立学校、私立学校の全部で、中等教育学校が増えつつある。私立の多くは実質的に中高一貫教育を行い、高校からの入学者を受け入れないが、法律上は中学校と高等学校に分かれたままの態勢になっている。高等学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
12963件中 1 - 10件表示

「公立高校入試」のニューストピックワード