71件中 41 - 50件表示
  • 公立学校

    公立学校から見た特別地方公共団体

    公立学校の設置者には、大きく分けて都道府県、市町村(市に東京都の区を含む)、そして組合(特別地方公共団体の組合)がある。地方独立行政法人である公立大学法人が設置する大学(以下「公立大学」。短期大学を含む)およびその附属学校もこれに含まれる。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た

    公立学校の設置者には、大きく分けて都道府県、市町村(に東京都の区を含む)、そして組合(特別地方公共団体の組合)がある。地方独立行政法人である公立大学法人が設置する大学(以下「公立大学」。短期大学を含む)およびその附属学校もこれに含まれる。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た学校の設置者

    公立学校の設置者には、大きく分けて都道府県、市町村(市に東京都の区を含む)、そして組合(特別地方公共団体の組合)がある。地方独立行政法人である公立大学法人が設置する大学(以下「公立大学」。短期大学を含む)およびその附属学校もこれに含まれる。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た任命権者

    公立小中学校・中等教育学校の前期課程に勤務する教職員(校長・教頭・教諭・助教諭・養護教諭・養護助教諭・学校栄養職員・事務職員)の任命権者は都道府県教育委員会(事務職員については一般行政職員の場合もある)であり給与を負担している(→県費負担教職員を参照)が、用務員、給食調理員などの単純労務職員については市町村教育委員会が任命権者であり、市町村が給与負担者である。また、市町村によっては小中学校に県費負担の事務職員のほかに市町村費の事務職員を置いているところもある。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見たインデペンデント・スクール

    イギリスの教育において公立学校(public school)とは、政府によって出資された無料で教育を施す学校の事を指す。これは私立で有料のインデペンデント・スクールやパブリックスクールと対比される。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た養護教諭

    公立小中学校・中等教育学校の前期課程に勤務する教職員(校長・教頭・教諭・助教諭・養護教諭・養護助教諭・学校栄養職員・事務職員)の任命権者は都道府県教育委員会(事務職員については一般行政職員の場合もある)であり給与を負担している(→県費負担教職員を参照)が、用務員、給食調理員などの単純労務職員については市町村教育委員会が任命権者であり、市町村が給与負担者である。また、市町村によっては小中学校に県費負担の事務職員のほかに市町村費の事務職員を置いているところもある。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た民間人校長

    生徒の学力向上については学習塾をあてにせざるを得ないという意見もあるが、リクルート出身の民間人校長藤原和博はこの問題について、生徒の学力を1から5までの五段階に分けると、そもそも1と5(最低と最高)の生徒を学校だけで教えることは無理があると指摘し、1の生徒については従来ならば地域社会が面倒を見て来たけれども、近年の社会情勢の変化によってそれが難しくなっている、また5の生徒は塾に行ってくれというのが教員の本音だろうと話している。また藤原は前出の陰山とともにフィンランドの教育事情を視察し、「フィンランドは教員の数が多い」「うち(和田中)でも教員があと7人、8人居れば(フィンランドのような教育は)出来る」とコメントしている。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た地方独立行政法人

    公立学校の設置者には、大きく分けて都道府県、市町村(市に東京都の区を含む)、そして組合(特別地方公共団体の組合)がある。地方独立行政法人である公立大学法人が設置する大学(以下「公立大学」。短期大学を含む)およびその附属学校もこれに含まれる。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見たイギリスの教育

    イギリスの教育において公立学校(public school)とは、政府によって出資された無料で教育を施す学校の事を指す。これは私立で有料のインデペンデント・スクールやパブリックスクールと対比される。公立学校 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校

    公立学校から見た総合選抜

    公立高校は入試で内申書が重視されたり、地域によっては総合選抜・学校群制度(グループ制)や学区制などがあるため、希望した学校に進学できなかったり、通学区域が制限されたりするなどの特徴があった。それを嫌った受験生の敬遠により、1970年代ごろから都市部にある公立高校の多くが難関大学合格者数を落とした。近年では学区撤廃や筆記試験重視、独自入試の導入などの改革が急速に進んでおり、率先して行なった都立高等学校では難関大学の合格者が大幅増加するなどして改革が高く評価されており、他の都道府県もそれを追うようにして改革が進められている。他方、少子化による地域の生徒減による廃校を回避するため、中山間・離島地域を中心に立地の都道府県外から全国募集を実施する高校も増加している。公立高校には売店があるところもある。公立学校 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「公立高校入試」のニューストピックワード