283件中 11 - 20件表示
  • 山根節

    山根節から見た公認会計士公認会計士

    山根 節(やまね たかし)は日本の経営学者。専門は経営戦略、組織マネジメント、会計管理。慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、公認会計士山根節 フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・アンダーセン

    アーサー・アンダーセンから見た公認会計士公認会計士

    世界5大会計事務所(Big 5)の一つであった。多数の公認会計士や専門職員を抱え、監査・税務・ビジネスコンサルティングを3つの柱とした業務を展開していた。アーサー・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • 中央商科短期大学

    中央商科短期大学から見た公認会計士公認会計士

    公認会計士・税理士の中央商科短期大学ともいわれ、税法税務・経営管理・中小企業診断・証券市場のエキスパートを育成するのに力をいれていたことで社会で高く評価されていた。中央商科短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 監査法人

    監査法人から見た公認会計士公認会計士

    監査法人は、社員となろうとする5名以上の者によって設立され(このうち、少なくとも5名は公認会計士であることを要する)(34条の7第1項)、原則として公認会計士を社員とし(ただし、登録を受けた公認会計士以外の者も社員となりうる)(34条の4第1項)、公認会計士である社員が4名以下となった状態を法定解散事由とする(34条の18第2項)法人である。監査法人 フレッシュアイペディアより)

  • 会計参与

    会計参与から見た公認会計士公認会計士

    会社法を制定するにあたり、中小企業の計算書類の適正を担保する制度の整備も課題となっていた。この要請に応えるため、法制審議会が取りまとめた「会社法制の現代語化に関する要綱試案」では、大会社にのみ強制されていた会計監査人による監査の制度を中小企業にも任意的に認めることとした。しかし、中小企業が会計監査人を設置することは、費用面からみて現実的でなく、「中小企業の実態を無視している」との批判があがった。そこで、反対意見や日本税理士会連合会の提言等に基づき、会計専門家(公認会計士や税理士)を計算書類の作成に関与させる会計参与の制度が「会社法制の現代語化に関する要綱」の中に盛り込まれ、最終的に会社法に規定されることとなった。会計参与 フレッシュアイペディアより)

  • 会社法立案担当者の会

    会社法立案担当者の会から見た公認会計士公認会計士

    会社法立案担当者の会(かいしゃほうりつあんたんとうしゃのかい)は、法務省民事局において会社法(平成17年法律第86号)の立案を担当した法律家や公認会計士らの「同窓会」。葉玉匡美のblogにおいてしばしば言及される。『新・会社法100問』は会社法立案担当者の会の活動の第一弾である。会社法立案担当者の会 フレッシュアイペディアより)

  • 霞が関監査法人

    霞が関監査法人から見た公認会計士公認会計士

    職員 -公認会計士・会計士補・米国公認会計士・税理士 約 90名霞が関監査法人 フレッシュアイペディアより)

  • 監査法人 (テレビドラマ)

    監査法人 (テレビドラマ)から見た公認会計士公認会計士

    『土曜ドラマ』枠での経済をテーマとしたドラマは『ハゲタカ』以来となり、主演の塚本高史はこの作品が連続ドラマ初主演となる。題材として取り上げられることが少なかった、公認会計士を扱ったドラマでもある。監査法人 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 西川郁生

    西川郁生から見た公認会計士公認会計士

    西川 郁生(にしかわ いくお)は、日本の公認会計士、米国公認会計士であり慶應義塾大学商学部の教授である。新日本監査法人の元代表社員。西川郁生 フレッシュアイペディアより)

  • 北村敬子

    北村敬子から見た公認会計士公認会計士

    1945年11月21日生まれ。奈良県出身。東京都立新宿高校卒業後、中央大学商学部会計学科に入学。学生時代、中央大学経理研究所に所属し、学部在学中に公認会計士第二次試験に合格した。1968年、同大学商学部会計学科卒業。1970年、同大学大学院商学研究科修士課程修了。1973年、同博士課程単位取得退学。同年、中央大学商学部助手に採用。その後、1981年に同大学商学部教授に昇進。学部時代から現在に至るまで中央大学に所属している。ヤマトホールディングス監査役及び財務省「独立行政法人評価委員会」臨時委員を務める。北村敬子 フレッシュアイペディアより)

283件中 11 - 20件表示

「公認会計士」のニューストピックワード