409件中 11 - 20件表示
  • 監査法人 (テレビドラマ)

    監査法人 (テレビドラマ)から見た公認会計士公認会計士

    『土曜ドラマ』枠での経済をテーマとしたドラマは『ハゲタカ』以来となり、主演の塚本高史はこの作品が連続ドラマ初主演となる。題材として取り上げられることが少なかった、公認会計士を扱ったドラマでもある。監査法人 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 青木倫太郎

    青木倫太郎から見た公認会計士公認会計士

    青木倫太郎(あおき りんたろう、1902年(明治35年)2月26日 - 1989年(平成元年)1月23日 )は、会計学者、商学博士。関西学院大学名誉教授・関西学院大学商学部長、等松青木監査法人代表社員、大蔵省公認会計士3次試験委員、日本会計学会常務理事、税理士試験委員、日本会計学界の大御所的存在であった。青木倫太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中央商科短期大学

    中央商科短期大学から見た公認会計士公認会計士

    公認会計士・税理士の中央商科短期大学ともいわれ、税法税務・経営管理・中小企業診断・証券市場のエキスパートを育成するのに力をいれていたことで社会で高く評価されていた。中央商科短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • デロイト トウシュ トーマツ

    デロイト トウシュ トーマツから見た会計事務所公認会計士

    デロイト・トウシュ・トーマツ(Deloitte Touche Tohmatsu、略称:DTT)は、世界最大の会計事務所であり、世界四大会計事務所(Big Four)のひとつであるプロフェッショナルサービスファームである。アメリカの会計事務所デロイト&トウシュや日本の有限責任監査法人トーマツが中心となって運営されており、たんに「デロイト(Deloitte)」とも称される。2009年にBusinessWeek誌が発表した「キャリアをスタートするのに最も良い企業」にて全米1位を獲得した。デロイト トウシュ トーマツ フレッシュアイペディアより)

  • 会社法立案担当者の会

    会社法立案担当者の会から見た公認会計士公認会計士

    会社法立案担当者の会(かいしゃほうりつあんたんとうしゃのかい)は、法務省民事局において会社法(平成17年法律第86号)の立案を担当した法律家や公認会計士らの「同窓会」のことであり、葉玉匡美のblogにおいてしばしば言及される。『新・会社法100問』は会社法立案担当者の会の活動の第一弾である。会社法立案担当者の会 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山賢

    小宮山賢から見た公認会計士公認会計士

    小宮山 賢(こみやま さとし)は、日本の公認会計士。早稲田大学大学院経営管理研究科教授、元日本公認会計士協会副会長。小宮山賢 フレッシュアイペディアより)

  • 石田晴美

    石田晴美から見た公認会計士公認会計士

    石田 晴美(いしだ はるみ、1962年 - )は、文教大学経営学部経営学科教授。会計学者・公認会計士。専門は公会計、行政評価、財務会計。博士(経営学)(横浜国立大学)。石田晴美 フレッシュアイペディアより)

  • 内部統制

    内部統制から見た公認会計士公認会計士

    財務報告については、米国でエンロン事件やワールドコム事件といった巨額粉飾・不正監査事件が多発したのをきっかけに、日本においても不正や誤りを防止する仕組みが十分ではない上場企業が多いことが認識された。そこで、金融商品取引法において、内部統制の整備状況や有効性を評価した内部統制報告書を経営者が作成し、公認会計士等がそれを監査する、二重責任の原則に基づいた仕組みが整備された。この内部統制報告書を基に、公認会計士が会計監査の手順を策定して監査を実施することになった。以前からも公認会計士が内部統制の有効性の評価を内々に行ってから会計監査の手順を策定していたのを、二重責任化して報告・監査するように法制化したものといえる。俗にJ-SOX法と呼ばれ、米国のSOX法を参考にしたものであって、2008年(平成20年)4月1日以後に開始する事業年度から適用された。本来は内部統制の整備運用状況を単純に報告させるものであるが、内部統制の必要十分な整備を促す効果も期待されている。内部統制 フレッシュアイペディアより)

  • 梅津昭彦

    梅津昭彦から見た公認会計士公認会計士

    新潟大学大学院実務法学研究科教授。博士(法学)。専攻は商法、保険法、証券取引法。公認会計士試験委員を務めている。梅津昭彦 フレッシュアイペディアより)

  • みすず監査法人

    みすず監査法人から見た公認会計士公認会計士

    2005年に発覚したカネボウの粉飾決算事件では、監査を担当していた中央青山所属の公認会計士が粉飾を指南していたとされ(2005年10月3日に該当の公認会計士3名が証券取引法違反の罪で起訴された)、事務所や奥山章雄理事長の自宅が家宅捜索された。奥山理事長(2005年5月に就任)は報酬を50%カットしたのみで留任(のちに2006年5月に監査業務停止処分を受けた際に辞任)したが、他の理事は全員辞任した。みすず監査法人 フレッシュアイペディアより)

409件中 11 - 20件表示