394件中 91 - 100件表示
  • 富士急シティバス

    富士急シティバスから見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    富士急沼津営業所 - 沼津駅北口 - (246BP・東名経由) - 六本木ヒルズ(土曜休日のみ1往復) - 東京駅【さんさんぬまづ・東京号】富士急シティバス フレッシュアイペディアより)

  • カナダ国立美術館

    カナダ国立美術館から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    2005年には彫刻家ルイーズ・ブルジョワの “Maman”が正面に設置された(六本木ヒルズにも同じシリーズが展示されている)。カナダ国立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 小林淳一 (編集者)

    小林淳一 (編集者)から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    2006年11月28日に授賞式が行われた第1回「GATSBY 学生CM大賞」の審査員、2007年1月31日に授賞式が行われた「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'06 / 第12回AMDAward」の審査委員をつとめた。また同年3月11日、Picture Yourself Sound Schoolのヴァラエティライヴショウ『Picture Yourself Sound School #6 Superstar Carnival 俺たちがテレビだ!』(池袋小劇場)に出演した。2008年10月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた、第21回東京国際映画祭映画人の視点Director's Angle『黒沢清の世界』にてモデレーターを務め、黒沢清監督と2時間にわたり対談した。小林淳一 (編集者) フレッシュアイペディアより)

  • 第22回東京国際映画祭

    第22回東京国際映画祭から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    前年の第21回まで会場として使用されていた渋谷・Bunkamuraでの上映がなくなり、六本木ヒルズのTOHOシネマズおよび近隣のシネマート六本木のみでの開催となった。また、第19回より始まった黒澤明賞の授与も休止された。第22回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 村上ファンド

    村上ファンドから見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    2006年11月7日付けの東京新聞(中日新聞)で、ファンドが保有するほぼ全ての株式を売却していたことが報じられ、「年度内にもファンドは解散」となることが関係者の話で判明。2006年11月18日には、ファンドの日本国内拠点が六本木ヒルズから完全撤退した。村上ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 清水節

    清水節から見たTOHOシネマズ六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    「J-WAVE ホリデースペシャル LET’S GET TOGETHER!」(ナビゲーター:渡部建)。もう一度映画館で見たい作品を、生放送中にツイッター等でリスナーが投票し、選ばれた映画を当日夜に上映するという企画に参加。リスナー・リクエストで上位だった『ダークナイト』、映画情報サイトの編集者が候補に挙げた『座頭市地獄旅』に対し、清水は『太陽を盗んだ男』(監督:長谷川和彦)をプレゼン。3本のフィルムは実際に映画会社にレンタル費用を支払って準備したことが強調され、清水は事前にツイッター上の長谷川和彦本人と彼のファンに、当日の投票に協力要請するようツイートするなどの根回しを行い、他の2本を圧する投票数を獲得。その結果、名画座やDVDで人気を博した70年代のカルト映画が、TOHOシネマズ六本木ヒルズのプレミアスクリーンで上映されるという事件が起きた。清水節 フレッシュアイペディアより)

  • サイトウ・キネン・フェスティバル松本

    サイトウ・キネン・フェスティバル松本から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    長野朝日放送 - 六本木ヒルズで公演の模様を放映サイトウ・キネン・フェスティバル松本 フレッシュアイペディアより)

  • EM自交無線

    EM自交無線から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    宝タクシー(現:宝自動車交通。当時の事業所所在地は港区六本木・現在の六本木ヒルズゲートタワーの位置)EM自交無線 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野英孝の作品

    狩野英孝の作品から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    2009年2月22日、六本木ヒルズの六本木ヒルズアリーナにて、既存の曲とこの日の為に書いた新曲「灼熱炎」「自分にハッピーバースデー」を含めた1日限りの復活ライブにして、ドッキリではない初ライブを行った。その模様は3月3日に放送された。狩野英孝の作品 フレッシュアイペディアより)

  • 第18回東京国際映画祭

    第18回東京国際映画祭から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    東京の六本木と渋谷で開催された。第17回(2004年)同様、六本木の会場にはVIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ(現・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)が、渋谷の会場にはオーチャードホール、シアターコクーン、ル・シネマ1、2(以上Bunkamura内)が使われた。第18回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

394件中 91 - 100件表示