510件中 41 - 50件表示
  • 六本木ヒルズクラブ

    六本木ヒルズクラブから見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    六本木ヒルズクラブ(ろっぽんぎヒルズクラブ、Roppongi Hills club)とは、六本木ヒルズ森タワー51階にある、高級飲食店を中心とした会員制施設である。2003年(平成15年)4月に開業後、2006年(平成18年)9月に改装した。ハイアットホテルアンドリゾーツが運営している。六本木ヒルズクラブ フレッシュアイペディアより)

  • だるま商店

    だるま商店から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    2006年(平成18年) - 六本木ヒルズ/表参道ヒルズにてELLEジャポン主催の『ELLE LOVES ART』に参加だるま商店 フレッシュアイペディアより)

  • 拝金

    拝金から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    年収200万円のフリーターが謎のオッサン「堀井健史」との出会いにより運命が大きく変わり、堀江の出資で起業したゲーム会社を成功させ、そこからあらゆる事業に参入し買収を繰り返し、売上500億円の実業家・六本木ヒルズ族にまで上り詰めるという内容。これは後に漫画化され2011年2月より月刊コミックゼノンで連載された。拝金 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手きずな号

    岩手きずな号から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    芝浦車庫 - 田町駅 - 六本木ヒルズ - 東京駅 - 東京ドームホテル ⇔ 盛岡駅西口 - 厨川駅 - おらほの温泉(八幡平市) - 二戸駅西口 - 九戸インターオトデ館 - 久慈駅 - 岩手県北バス久慈営業所(総延長:東京発706.63km・久慈発703.15km)岩手きずな号 フレッシュアイペディアより)

  • シュクメイ

    シュクメイから見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    12月2日、ニューシングル&アルバム発売記念イベントトーク「COLORMANのシュクメイ」が東京・六本木ヒルズアリーナで行われた。シュクメイ フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・バーンブルック

    ジョナサン・バーンブルックから見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    1990年よりロンドンを拠点に活動。ダミアン・ハーストの作品集「I Want to Spend the Rest of My Life Everywhere, With Everyone, One to One, Always, Forever, Now」を制作、デヴィッド・ボウイのアルバム『ヒーザン』(2002年)『リアリティ』(2003年)、『ザ・ネクスト・デイ』(2013年)のカバーデザインを手掛ける。日本では、六本木ヒルズのコーポレート・アイデンティティを手掛ける。ジョナサン・バーンブルック フレッシュアイペディアより)

  • 舞姫 〜ディーヴァ〜

    舞姫 〜ディーヴァ〜から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    六本木ヒルズに本社を構えるIT企業「ヴァリュー・クリエイション」の社長。舞の父が経営するキャバクラグループの株の過半数を買占め、経営権を握り会社を支配する。金さえあればなんでも出来ると思っている。舞姫 〜ディーヴァ〜 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・ダイチ

    ジェフリー・ダイチから見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    ジェフリー・ダイチ(Jeffrey Deitch 1950年 - )はアメリカのアートディラー、キュレーター。ロサンゼルス現代美術館長であり、ダイチ・プロジェクト(Deitch Projects)の経営者でもある。これまでにオノ・ヨーコ、アンディ・ウォーホル、キース・ヘリング、ジャン・ミシェル・バスキア、ジェフ・クーンズなどトップアーティストを手掛け、森美術館(六本木ヒルズ)やギリシャの実業家ダキス・ヨアヌーなど世界的な美術館やコレクターのアートアドバイザーを務めている。そのため、「アート界のミダス王」とも称される。ジェフリー・ダイチ フレッシュアイペディアより)

  • レイ家菜

    レイ家菜から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    厲家菜(レイカサイ、)とは、中国北京にある料理店。西太后の日常の食事を担当していた厲氏の子孫がレシピを受け継ぎ開店した。「日常の食事」というコンセプトのため、コースでも200元(約3,000円)からと気軽に楽しめる。日本にも六本木ヒルズに支店があり、ソーホーズが運営する。庶民的な雰囲気の北京本店とは違い、日本支店は高級なイメージ戦略がヒットし、昨年度のミシュランガイドでは中華料理として初めて二つ星を獲得した。レイ家菜 フレッシュアイペディアより)

  • フランス映画祭 (横浜)

    フランス映画祭 (横浜)から見た六本木ヒルズ六本木ヒルズ

    2006年は3月に「フランス映画祭2006」の名称で東京・大阪にて開催された。2005年までのような作品選定委員は設けず、日本での配給決定済み11本とフランスの映画会社からの自薦19本の計30本の長編と短編特集を上映した。東京ではメイン会場にシネマメディアージュ(お台場)、サブ会場にVIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ(現・TOHOシネマズ六本木ヒルズ)、大阪ではTOHOシネマズ高槻(現:高槻アレックスシネマ)が会場となった。なお、オープニングセレモニーは招待客のみでの上映であった。フランス映画祭 (横浜) フレッシュアイペディアより)

510件中 41 - 50件表示

「六本木ヒルズ」のニューストピックワード