177件中 21 - 30件表示
  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東京ガス

    六本木ヒルズでは、六本木エネルギーサービスが電力とガスなど熱供給事業を全てを行っている。六本木エネルギーサービスは、森ビルと東京ガスによって設立された特定電気事業者である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た西武百貨店

    また、東京都立駒場高等学校の前身に当たる東京府立第三高等女学校と、駒澤大学の前身で1882年(明治15年)に開校した曹洞宗大学林専門本校があった場所も六本木ヒルズの一角に当たる。北欧家具の販売店やレストラン・ストックホルム(現在は赤坂エクセルホテル東急のショッピングアーケードである赤坂プラザへ移転)があったスウエーデンセンター、宝タクシーの跡地周辺はスーパーマーケットなどとなった。その他、メトロハットになっている場所は、西武/セゾングループの文化・音楽拠点の一つだった六本木WAVE(地下に西武百貨店が開設後、西友を経て、閉館時には東京テアトルが経営・運営していた映画館「シネ・ヴィヴァン・六本木」があった)の跡である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東宝

    計画時点ではヴァージンシネマズ・ジャパン株式会社による「ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ」であったが、施設開業直前の2003年(平成15年)4月4日にヴァージンシネマズの株式を東宝株式会社が取得して完全子会社化し、同月7日にはTOHOシネマズへ社名変更を実施した事に伴い、TOHOシネマズによる「ヴァージンシネマ六本木ヒルズ」として、4月25日にグランドオープンした。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た松竹

    基本的に東宝系の邦画や、洋画のブロックバスター(東宝東和、ソニーピクチャーズ系)をメインに配給する。昼間の時間帯を中心に東映(テレビ朝日制作)作品や松竹映画も上映されている。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た西友

    また、東京都立駒場高等学校の前身に当たる東京府立第三高等女学校と、駒澤大学の前身で1882年(明治15年)に開校した曹洞宗大学林専門本校があった場所も六本木ヒルズの一角に当たる。北欧家具の販売店やレストラン・ストックホルム(現在は赤坂エクセルホテル東急のショッピングアーケードである赤坂プラザへ移転)があったスウエーデンセンター、宝タクシーの跡地周辺はスーパーマーケットなどとなった。その他、メトロハットになっている場所は、西武/セゾングループの文化・音楽拠点の一つだった六本木WAVE(地下に西武百貨店が開設後、西友を経て、閉館時には東京テアトルが経営・運営していた映画館「シネ・ヴィヴァン・六本木」があった)の跡である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東京電力ホールディングス

    ガスタービンコジェネレーションを採用し、都市ガスを燃料として施設独自の発電所を設置しており、一般家庭数千世帯分の電力を域内に供給している。これにより、停電などの電力制限を受けることなく、電力供給が可能となっている。万一東京ガスの供給が停止した場合は、東京電力ホールディングスから受電し、それも不能となった場合には、備蓄してある灯油で発電する三重の冗長化バックアップ体制をとっている。これは、非常時にも電力供給が止まらない、オフィス環境の事業継続計画性を求める「外資系テナント」の要請によるものである。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東映

    基本的に東宝系の邦画や、洋画のブロックバスター(東宝東和、ソニーピクチャーズ系)をメインに配給する。昼間の時間帯を中心に東映(テレビ朝日制作)作品や松竹映画も上映されている。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たレノボ

    主な施設として、六本木ヒルズ森タワー(54階建て)は、ブランド街のショッピング・モール、オフィス、上層部は展望台の東京シティビューや文化施設や美術館などで構成される森アーツセンター、森美術館、貸会議室や講演などに適したオーディトリアム(同時通訳が利用可能)を有する「アカデミーヒルズ」(49階)がある。カンファレンス等の後で、51階の六本木ヒルズクラブのフロアにあるバンケットルーム(広さなどの違いで複数あり。クロークカウンターあり。)で懇親会などを設定できる。企業テナントではレノボ ジャパンやゴールドマン・サックスや民放FMラジオ局のJ-WAVEなどが入居する。屋上には、オープンエア展望台としては、都心の夜景を一望できる(海抜270m)スカイデッキがある(このスカイデッキは東京タワーの特別展望台より高い位置にある)。森タワー地下には自家発電設備(六本木エネルギーサービス)があり、六本木ヒルズ全体の電力を賄っている。施設に免震構造を備えており「災害時に逃げ込める街」となっている。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東京地下鉄

    15px|日比谷線 東京地下鉄日比谷線?駅番号 H-04(出口1C)六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た日本の電力会社

    六本木ヒルズでは、六本木エネルギーサービスが電力とガスなど熱供給事業を全てを行っている。六本木エネルギーサービスは、森ビルと東京ガスによって設立された特定電気事業者である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

177件中 21 - 30件表示

「六本木ヒルズ」のニューストピックワード