121件中 41 - 50件表示
  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た駒澤大学

    また、東京都立駒場高等学校の前身に当たる東京府立第三高等女学校と、駒澤大学の前身で1882年(明治15年)に開校した曹洞宗大学林専門本校があった場所も六本木ヒルズの一角に当たる。北欧家具の販売店やレストラン・ストックホルム(現在は赤坂エクセルホテル東急のショッピングアーケードである赤坂プラザへ移転)があったスウエーデンセンター、宝タクシーの跡地周辺はスーパーマーケットなどとなった。その他、メトロハットになっている場所は、西武セゾングループの文化・音楽拠点の一つだった六本木WAVE(地下に西武百貨店が開設後、西友を経て、閉館時には東京テアトルが経営・運営していた映画館「シネ・ヴィヴァン・六本木」があった)の跡である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たタクシー

    六本木ヒルズ内に数箇所の駐車場があるものの、違法駐車をしている観光客の車や客待ちのタクシーなどで周囲は恒常的に渋滞している。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た停電

    ガスタービンコジェネレーションを採用し、都市ガスを燃料として施設独自のエネルギープラントを設置しており、一般家庭数千世帯分にのぼる電力を域内に供給している。これにより、停電などの電力制限をほとんど受けることなく、電力供給が可能となっている。万一ガスの供給が停止した場合は東京電力から買電し、それも不能となった場合には備蓄してある灯油で発電する二重のバックアップ体制をとっている。これは、非常時にも電力供給が止まらないオフィス環境を求める外資系テナントの要請によるものである。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たコジェネレーション

    ガスタービンコジェネレーションを採用し、都市ガスを燃料として施設独自のエネルギープラントを設置しており、一般家庭数千世帯分にのぼる電力を域内に供給している。これにより、停電などの電力制限をほとんど受けることなく、電力供給が可能となっている。万一ガスの供給が停止した場合は東京電力から買電し、それも不能となった場合には備蓄してある灯油で発電する二重のバックアップ体制をとっている。これは、非常時にも電力供給が止まらないオフィス環境を求める外資系テナントの要請によるものである。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東京スカイツリー

    六本木ヒルズ森タワーにはJ-WAVEの非常用送信設備が備わっており、東京スカイツリーからの送信が不可能になっても最大で1kWの放送が可能である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東京ミッドタウン

    また、六本木通りを走る都01(渋谷駅 - 赤坂アークヒルズ・新橋駅/東京ミッドタウン)および渋88(渋谷駅 - 新橋駅、青山学院・神谷町駅経由)の六本木六丁目停留所も利用可能である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たルイ・ヴィトン

    施設内にはテレビ朝日本社ビルがある他、映画館シネマコンプレックス(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ)、ホテル(グランドハイアット東京)、屋外型イベントスペース(六本木ヒルズアリーナ)、ルイ・ヴィトンなどを始めとする多数のショップやブティック、レストラン、高級マンションである住居棟(六本木ヒルズレジデンス、ゲートタワーレジデンスなど)や学校施設ハリウッド化粧品本社やハリウッド美容専門学校のあるハリウッドビューティプラザ、アメリカ人向けナショナル・スクールのアメリカンスクール・イン・ジャパンの幼稚園がある。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た都営バス

    再開発前の旧テレビ朝日本社屋を中心とした当地の交通機関は、六本木交差点の地下を通る東京地下鉄日比谷線の六本木駅と、六本木通りを走る都営バス渋88、渋01の六本木六丁目停留所が最寄りであった。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た成田国際空港

    東京空港交通が運行する成田空港発着の空港リムジンバスがグランドハイアット東京に停車する。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たコーン・ペダーセン・フォックス

    デザインは、コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツが森タワーやグランドハイアット東京などを、ジャーディ・パートナーシップ(ジョン・ジャーディ、:en:Jon Jerde)がけやき坂など低層部の商業エリアを担当した。また、テレビ朝日は建築家槇文彦、イメージキャラクターの「ロクロク星人」は現代芸術家の村上隆によるものである。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「六本木ヒルズ」のニューストピックワード