177件中 71 - 80件表示
  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た完全子会社

    計画時点ではヴァージンシネマズ・ジャパン株式会社による「ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ」であったが、施設開業直前の2003年(平成15年)4月4日にヴァージンシネマズの株式を東宝株式会社が取得して完全子会社化し、同月7日にはTOHOシネマズへ社名変更を実施した事に伴い、TOHOシネマズによる「ヴァージンシネマ六本木ヒルズ」として、4月25日にグランドオープンした。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たニッカウヰスキー

    明治時代には、法律家・増島六一郎(中央大学の前身である英吉利法律学校の創立者の1人で初代校長)の邸宅になった。第二次世界大戦の戦災に遭った後、1952年にニッカウヰスキーの工場、後に日本教育テレビ(NETテレビ)(後の全国朝日放送 (ANB)→テレビ朝日 (EX))の敷地となった。また、日本で最初の美容室として知られるメイ牛山のハリウッドビューティサロンやハリウッド化粧品、ハリウッド美容専門学校の広大な敷地が戦前からあった。現在のメトロハット、ろくろくプラザ、ハリウッドビューティプラザの辺りである。下に通るトンネルは、ハリウッドの社屋があった後に掘削されたことで、「ハリウッドトンネル」と呼ばれていた。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たコカ・コーラ カスタマーマーケティング

    竣工から40年以上経過しており、近代的なリニューアルを施されている。オフィスビルとしてコカ・コーラ カスタマーマーケティングなどが入居しており、一般客向けのテナントもある。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たゴールドマン・サックス

    主な施設として、六本木ヒルズ森タワー(54階建て)は、ブランド街のショッピング・モール、オフィス、上層部は展望台の東京シティビューや文化施設や美術館などで構成される森アーツセンター、森美術館、貸会議室や講演などに適したオーディトリアム(同時通訳が利用可能)を有する「アカデミーヒルズ」(49階)がある。カンファレンス等の後で、51階の六本木ヒルズクラブのフロアにあるバンケットルーム(広さなどの違いで複数あり。クロークカウンターあり。)で懇親会などを設定できる。企業テナントではレノボ ジャパンやゴールドマン・サックスや民放FMラジオ局のJ-WAVEなどが入居する。屋上には、オープンエア展望台としては、都心の夜景を一望できる(海抜270m)スカイデッキがある(このスカイデッキは東京タワーの特別展望台より高い位置にある)。森タワー地下には自家発電設備(六本木エネルギーサービス)があり、六本木ヒルズ全体の電力を賄っている。施設に免震構造を備えており「災害時に逃げ込める街」となっている。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た京浜急行バス

    京浜急行バスと東急バスが運行する羽田空港国際線ターミナル発着の空港リムジンバス早朝深夜便(二子玉川ライズ - 渋谷マークシティ - 六本木ヒルズ - 羽田空港国際線ターミナル)がヒルズ内の団体バス乗降場に停車する。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た東宝東和

    基本的に東宝系の邦画や、洋画のブロックバスター(東宝東和、ソニーピクチャーズ系)をメインに配給する。昼間の時間帯を中心に東映(テレビ朝日制作)作品や松竹映画も上映されている。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た再開発

    港区六本木6丁目の再開発として事業計画された六本木ヒルズであるが、この地にはかつて約500世帯が暮らしていた。また、計画の立案後にはバブル崩壊や反対派住民による抵抗などの紆余曲折があり、その完成までには約17年の歳月を要した。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た六本木

    六本木ヒルズ(ろっぽんぎヒルズ/)は、2003年(平成15年)4月に開業した東京都港区六本木六丁目にある複合商業施設である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たグランドハイアット東京

    高さ238の高層オフィスビル (六本木ヒルズ森タワー)を中心に、集合住宅 (六本木ヒルズレジデンス)、ホテル (グランドハイアット東京)、テレビ朝日本社社屋、映画館 (TOHOシネマズ)をはじめとする文化施設、その他の商業施設等で構成されている。事業主は森ビルで、港区六本木6丁目地区の都市再開発として、完成までには約17年の歳月を要している。港区指定の非常災害用井戸や備蓄倉庫、特定電気事業施設などを備え防災関連施設にも充実している。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た港区 (東京都)

    六本木ヒルズ(ろっぽんぎヒルズ/)は、2003年(平成15年)4月に開業した東京都港区六本木六丁目にある複合商業施設である。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

177件中 71 - 80件表示

「六本木ヒルズ」のニューストピックワード