13482件中 41 - 50件表示
  • NTT西日本-兵庫

    NTT西日本-兵庫から見た兵庫県兵庫県

    株式会社NTT西日本?兵庫(エヌティティにしにほんハイフンひょうご)は、兵庫県神戸市中央区に本社を持つ、西日本電信電話(NTT西日本、大阪市)の子会社。電気通信設備関係や工事関係などで主に兵庫県を管轄する。NTT西日本-兵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 沖物産

    沖物産から見た兵庫県兵庫県

    沖物産株式会社(おきぶっさん、OKI PRODUCTS CO.,LTD.)は兵庫県淡路市に本社を置く食品会社。沖物産 フレッシュアイペディアより)

  • 産地偽装

    産地偽装から見た兵庫県兵庫県

    2010年4月から5月にかけ、イオングループのスーパーマーケット・光洋が、滋賀・大阪・兵庫・奈良の4府県の40店舗に於いて、サザエの特売を実施したが、その際、新聞の折り込みチラシに、「島根県産他国内産」と記載していたものの、実際は韓国産だったことが発覚。消費者庁は同年11月30日に、同社に対し再発防止を求める措置命令。産地偽装 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪

    大阪から見た兵庫県兵庫県

    難波津は土砂の堆積により港としての機能が衰え、奈良時代末には神崎川河口の河尻泊(現在の兵庫県尼崎市)などに繁栄を譲る。しかし、平安時代には淀川水系を利用して営まれた平安京が恒久的な都となったことから、瀬戸内海から淀川を通じて京都に通じる水運の要衝、また北から淀川を渡り、南の四天王寺や住吉大社、熊野へと続く陸上交通の要衝として栄えた。当時、のちの天満橋から天神橋までの淀川河口一帯にあった渡辺津は、嵯峨源氏の一族渡辺氏の名字の地としても有名である。大阪 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た兵庫県兵庫県

    会社設立の経緯もあり、店舗数も兵庫県内が最も多かったことから、マックスバリュ西日本は2011年10月11日まで兵庫県姫路市に本社を置いていた。しかし、姫路本社の耐震性の不安もあって2008年頃より本社移転について検討していた。マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会

    全国高等学校野球選手権大会から見た兵庫県兵庫県

    全国高等学校野球選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)とは、朝日新聞社と日本高等学校野球連盟の主催で、毎年8月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球大会であり、学生スポーツ及び国内アマチュアスポーツ最大の大会である。全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府

    京都府から見た兵庫県兵庫県

    日本の本州の中央付近、近畿地方に位置し、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、兵庫県、大阪府の各府県と隣接する。北部は日本海に面する。北西から南東方向に長さ約140kmの細長い形状をしている。京都府 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急西宮スタジアム

    阪急西宮スタジアムから見た兵庫県兵庫県

    阪急西宮スタジアム(はんきゅうにしのみやスタジアム、Hankyu Nishinomiya Stadium)は、かつて兵庫県西宮市にあった、阪急電鉄(法人としては現在の阪急阪神ホールディングス)が所有していた多目的スタジアム。阪急神戸線西宮北口駅前にあった。通称及び旧名称は阪急西宮球場(はんきゅうにしのみやきゅうじょう)。阪急西宮スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 大阪国際空港

    大阪国際空港から見た兵庫県兵庫県

    大阪国際空港(おおさかこくさいくうこう、Osaka International Airport)は、大阪市の北西13kmの兵庫県伊丹市、大阪府豊中市、大阪府池田市にまたがる空港法第4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港、国内線の基幹空港であり、航空法上の混雑空港である。一般的に「伊丹空港(いたみくうこう)」あるいは「大阪空港(おおさかくうこう)」と称され、特にテレビや新聞などのマスメディアで関西国際空港と区別する際は「伊丹空港」と呼称されるが、国際航空路線の就航が無い現在でも、正式名称は変更されていない。大阪国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • コウノトリ

    コウノトリから見た兵庫県兵庫県

    その後、1962年に文化財保護法に基づき兵庫県と福井県が「特別天然記念物コウノトリ管理団体」の指定を受けた。兵庫県は1965年5月14日に豊岡市で一つがいを捕獲し、「コウノトリ飼育場」(現在の「兵庫県立コウノトリの郷公園附属飼育施設コウノトリ保護増殖センター」)で人工飼育を開始。また、同年には同県の県鳥に指定された。しかし、個体数は減り続け、1966年に福井県小浜市の国内最後の野生繁殖地の個体が姿を見せなくなり、1971年5月25日には豊岡市に残った国内最後の一羽である野生個体を保護するが、その後死亡。このため人工飼育以外のコウノトリは国内には皆無となり、さらには1986年2月28日に飼育していた最後の個体が死亡し、国内繁殖が確実視される野生個体群は絶滅した。しかし、これ以降も不定期に渡来する複数のコウノトリが観察され続けており、なかには2002年に飛来して2007年に死亡するまで、豊岡市にとどまり続けた「ハチゴロウ」のような例もある。コウノトリ フレッシュアイペディアより)

13482件中 41 - 50件表示

「兵庫のできごと」のニューストピックワード